不用品販売代行サービス「ウルル」を活用するメリット・デメリット

スポンサーリンク

2014年3月10日でウルルはサービスを停止しました。以下の文章は過去のものとなり、現在は使えないものとなりました。

* * *
古本や聴かなくなったCD、観なくなったDVDなどを代行して販売してくれるサービスの「ウルル」。

過去何度か紹介して反響がありました。
やはり、不用品をなんとかしたいと思っている方が多いように感じています。

[過去紹介した記事]
部屋も片付きお金も増える本やCDの断捨離術
ブックオフより遥かに高く買い取るウルルから6,575円の入金。断捨離でお得にする方法
不用品をあなたの代わりに販売してくれる「ウルル」から17,651円の入金がありました。

不用品をただ減らすだけではなくて、どうせなくすなら1円でも高く手元に残したいという思いを感じます。

1円でも手元に残したいけど、手間はかけたくないですよね。

正直言うと、1円でも多くお金を残したいなら、自分で販売するのが一番です。でも手間がかかります。私もオークションやAmazonでの販売をしているので、手間がかかるのを実感しています。初めてだとなおさらのこと、面倒に感じるでしょう。

手間を省いて、それなりに手元にお金を残したいのであれば、私が知る限り「ウルル」一択です。

ここからはウルルに登録後、本などの不用品を売って収入を得るにはどうすればいいのかを検証していきたいと思います。

古本

ウルルに不用品を送る

ブックオフなどの中古屋に売ろうと思っていた、本・CD・DVD。それらをすべてウルルに送ります。着払いで送れます。

その際に免許証などの身分証明書のコピーを同封するか、画像にしてファイルで送るかをする必要があります。

ウルルにログインしたあと、左メニューの上側に「買取るものを送る」というボタンがあるので、それをクリックすると以下の画面になります。

ウルルでの集荷依頼

ここで「集荷を依頼する」ボタンを押すと、実際に集荷が来ます。

家の中だけで完結するのが、素晴らしいです。店に買い取ってもらう時は自分で持っていかないとダメなので、時間の節約にもなりますね。

ウルルでの収入の仕組み

商品を送ったら、あとはウルル側が販売してくれます。ウルルは販売のプロです。安心して任せておきましょう。

ウルルはAmazonマーケットプレイスを利用して、あなたの商品を販売します。手元に入ってくる額は、売上額からAmazon手数料(15%)を引いた額の35%です。

仮にウルルがあなたの本を1,000円で販売してくれたとします。

手元に残るのは、(1000 × 0.85) × 0.35 = 297.5円となります。約300円ですね。1冊で300円にもなれば、結構な金額だと思いませんか?

10冊送ったとして、ウルルが全部1,000円で販売してくれると、手元に2,975円残ります。全部が全部こんな金額にはならないものの、35%というのは結構馬鹿にならないです。

ここでは、わかりやすく紹介するために「円」を使いましたが、実際は「ポイント」で入ってきます。1ポイント=1円です。

振込手数料500円に注意!

ウルルに売ってもらって貯まったポイントを現金化して、ようやく完結しますよね。

その時にネックとなるのが、振込手数料です。1回振り込むのに500ポイント=500円かかります。

う〜ん、正直これは高いです。ウルルの唯一残念だと思う点です。おそらく、この振込手数料がウルル側の大きな収入となるのだと思います。

1回の振込で500円かかるので、振込手数料が気にならなくなるほど貯めないと、かえって損をしてしまいます。ウルルを使うなら、家の不用品をすべて送るぐらいの勢いでないと、振込手数料が気になってしまいます。

銀行口座を伝えずにお金が振り込まれるサービスの「メルマネ」を利用しているのはいいですが、銀行振込での支払いも対応して欲しいですね。

MS251 memotonewsp

まとめと結論

いろいろと書いてきましたが、ここで一度ウルルのメリット・デメリットをまとめておきます。

メリット

  • 送料無料で集荷に来てもらえる
  • 古本屋に持っていく手間が省ける
  • 古本屋よりも手元にお金が残る

デメリット

  • 振込手数料が高い
  • 大量に売らないと振込手数料が重くのしかかる

結論

大量に不用品を売ろうと思っているのであれば、ウルルが一番お得かつ手間がかからずに済みます。

1つや2つしか売るつもりがないというのであれば、ウルルを使わない方がいいです。自分で売ってください。

大抵の場合は不用品を売ろうと思っている時は、大量だと思うので、ウルルを使った方がお得になると思います。

ウルルへの登録はこちらからどうぞ。簡単に登録できます。

ウルル ──古本買取・CD買取・DVD買取 Amazonでの買取(委託販売・出品代行型)とアフィリエイト(ASP) – ウルル – ull.jp

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。
詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る