アメリカに普通郵便(定形)を送る時の送料があまりに安くてビックリした件

松本 博樹の画像

外国に手紙を送りたい場合の送料ってご存知ですか?私は全く知りませんでした。

今回、人生で初めて外国に手紙を送りました。送り先はアメリカです。

普通郵便のサイズ(日本だと84円)で送ったら、なんとたったの110円で送れました。こんなに安く送れると思ってもなかったので、ビックリしています。

郵便局のサイトで見てみたら、確かに110円って書いていますね。安い。定形外でも260円です。

アメリカへの送料

*2019年10月現在、EMS(国際スピード郵便)の値段は2,000円に値上げされました。

切手も使える

今回は郵便局に直接出しに行って、どうなるかを試してみました。局員さんにアメリカにお願いします、と言ったら切手を貼っていました。

切手も使えますか?と尋ねたら「使える」とのことです。切手を安く調達すれば、さらに少し安く送ることができますね。

切手を安くするには、これらの記事が参考になります。
・「普通郵便、定型外郵便の送料を安くする方法
・「普通切手と記念切手、調達コストの違いについて

1つ賢くなった

今まで知らなかったことを知れるのは、とても嬉しいことです。このブログは知らなかった節約術の積み重ねです。書けば書くほど、私も賢くなります。

アメリカに限らず、外国に手紙を送るのには思ったよりも送料がかからない。ということを覚えておきましょう。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール