確定申告で気になる医療費控除は所得次第で年間10万円以下でも控除できる件

松本 博樹の画像

もうすぐ確定申告が始まりますね。去年はどうでしたか?
もし、医療費がかさんだのであれば、医療費控除を使って節税することもできますよ。

去年使った医療費を思い出してください。

年間10万円以上使っていれば控除できる

もし医療費に年間10万円使っているのであれば、誰でも控除の対象となります。

これは出産での費用にも使えるので、去年子供が産まれたのであれば、確実に10万を超えていると思うので、申告するようにしましょう。サラリーマンでもです。

私は去年、子供が産まれたので医療費が10万円を超えていました。
医療費控除をしたおかげかはわかりませんが、少し税金が還付されました。

所得が200万円以下なら、年間10万円以下でも控除できる

年間10万円以上だと誰でも医療費控除の対象です。
とは言え、普通に生活していて医療費に10万も使うことはまずありません。ましてや所得が低いのであれば、なおさら医療費にお金をかけるわけにはいかないでしょう。

所得が200万円以下であれば、「所得 × 5%」以上医療費を使っていれば医療費控除の申請ができます。

所得が100万円しかないのであれば「100万 × 5%」で5万円以上を医療費として使っていれば、医療費控除が使えます。

意外と盲点となっている部分なので、対象となるのであれば、ぜひ活用しましょう。

No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)|所得税|国税庁

追記

税金関連の話題だとこちらもオススメです。

お小遣い帳感覚で記帳しよう!青色申告10万円控除は現金主義会計が最強!
個人事業主におすすめの節税対策「小規模企業共済」
国民年金の付加年金は月400円!たったの2年で元が取れるので知らないと損なレベル

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。節約アドバイザー・クレジットカードアドバイザー。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール