お金が欲しくてアフィリエイトやFXなどの情報商材を買おうと思ってる方へ。情報商材以上の情報を得る方法はたくさんあります

スポンサーリンク

お金を稼ぎたいと思ってインターネットを調べていると、アフィリエイトやせどり・FXなどの情報商材に辿り着いて、気になってくるのではないでしょうか?

それほど苦労せずに、大きな金額が稼げる・・・というキャッチコピーが目立ちますよね。

文章を読んでいると、自分もその中に入れそうな気持ちになってくるかと思います。

情報商材について

100%ダメと思っているぐらいでちょうどいい

そういったいわゆる情報商材って、基本的には値段の割にはそれほど中身はすごくない・・・ということが大半です。

情報商材は、100%いいものではないと思っているぐらいの方が、お金をムダ使いせずに済みますよ。

私自身、せどりをしていた時期はいくつか情報商材を買ったことがあります。

3,000〜10,000円弱ぐらいのものを2〜3回ぐらい買った記憶がありますね〜。

勉強にならなかったことはないですけど、金額に見合っていたかというと微妙な気持ちになります。

すぐに稼げることなんか存在しない

この手の情報商材は、お金に困っていることに対してつけこんでくることが多いように思います。

私が今以上にお金に困っていた時は、情報商材のようなページを見ると、気持ちが揺らぐことはありました。

でも、短い時間で稼げるようなことなんてありません。
もしあったとしても、それを人に教えるでしょうか?

自分がその立場になったら、自分だけの情報にしておきたいと思うのではないでしょうか。

家族には言うかもしれませんが、見ず知らずの人に言おうという気持ちにはなかなかなれません。

情報商材は売る側が儲かるから、必死に売ろうとしている

情報商材がこれだけあるのは、売る側にとっては利益がとても大きいことがあります。

情報を売るので、原価になるのは情報をまとめたり、文章を書く自分の時間(人件費)ぐらいです。

モノの売買と比べると利益率がとても高いですね。

しかも、文章の説得力だけでお金が動いてしまうので、売る側も必死なんですよね。

売るための文章を書ける能力はすごく大切ですが、買う人を幸せにしない能力の使い方はよくないと思います。

自分が販売者にならないようにしよう

情報商材に関わると、お金だけでなく信頼を失うことになりかねません。

ソーシャル全盛の時代に最も大切なのは、お金ではなく、人としての信頼のはずです。

それを失うことはお金がないよりも遥かに生きづらくなります。

普通に売っている本を読む方が勉強になります

情報商材を買うだけのお金があれば、本屋で売っている本を買うのがいいですよ。高くても1冊1,500円とかですからね。

アフィリエイト・せどり・FXなんかであれば、専門書も充実しています。

アフィリエイトとせどりであれば、このサイト(ノマド的節約術)でも、考え方を紹介していますよ。

ノマド的節約術に限らず、ネットでいろいろな情報がありますので、いろいろと探してみるのもおすすめです。

信頼できそうな方を見つけるのが大切です。

お金に困らないようにするには、まずは節約から始めよう

お金に困っていて、情報商材を買ってしまおうかと思っているのであれば、本来の目的を思い出してみてください。

月に100万円稼ぐことが目的ではなく、普通に生活ができることの方が大切ではないでしょうか?

仮にお金が稼げるようになったとしても、お金の使い方やお金の管理がしっかりしていないと、結局何も変わりません。

まずは、毎月の支出を見直して、節約できるところがないか見ていきましょう。

稼ぐことよりも、節約する方が簡単ですよ!
毎月出ていくような固定費を減らしていくのが最も大切です。

お金が第一の時代はとっくに終わっている

「お金が欲しい」「お金がない」という話はどこに行っても聞きます。

確かにお金は大切ですが、一番大切なものでしょうか?
自分の心の声を聞けば、そうではない人がほとんどだと思います。

このブログではお金がメインテーマですが、お金に対する知識を深めることでお金にとらわれずに生きていける人を増やすことを目的にしています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る