今年の所得が多かったあなたが、ふるさと納税を使う3つのメリット

松本 博樹の画像

今、ふるさと納税のニュースが話題ですね。
私もこの話題は初めて知りました。

ふるさと納税をすると地域の特産品がもらえて、その利回りは株主優待よりも遥かにお得、というのが上記の記事の内容です。

ここではふるさと納税を活用することで得られるメリットをもう少し掘り下げて見ていきます。この仕組みは本当に素晴らしいと思います!

ふるさと

よりふるさと納税の仕組みを知るなら、以下のページも合わせてどうぞ。

控除と特典が素晴らしい!

まずはこちら側が得られる恩恵から。

ある一定額を納めると、地域の特産品などがもらえます。

例えば自分が住んでいる神戸市だと5,000円以上寄付すれば・・・

・Aコース:有馬温泉「金の湯」「銀の湯」「太閤の湯殿館」入場券(各2枚)
・Bコース:神戸市立須磨海浜水族園(2枚)

のいずれかを選ぶことができます。

実際にはこれらは5,000円以内で手に入りますが、寄付した分は控除されます。

特に今の時期に今年は所得が多かったし、どうやって節税しようか・・・と迷っているならふるさと納税を使わない手はないですよ!

自分の住んでいるところでなくてもOK!

「ふるさと納税」という言葉から自分の住んでいる地域でないと納税できないと思われがちですが、実は全国どこでも納税できます。

これは大きなポイントです。自分が欲しい特典がもらえるところに納税する、という手も使えます。

特典がいいところ、応援したい地域、家族が住んでいる地域・・・それぞれに寄付するのもアリですね。

地域に貢献しやすくなる

ふるさと納税を使うと地域への貢献ができます。
国ではなく、直接地域へお金が行くので、余計なマージンは発生しませんよね。

国より地域へ還元したい

今は地方の衰退化が叫ばれています。自分が生まれ育ったところがさびれてきた・・・よくある話です。実際私のところもそうです。

国に対して納税するよりもそれぞれの地域へ納税(寄付)する方がいいと思いませんか?

ふるさと納税の仕組みがもっと流行れば少なくとも今よりは日本全体が良くなるような気がしています。

まとめ

いろいろと説明してきましたが、ふるさと納税を使うメリットをまとめると、

・税金控除
・地域の特産品がもらえる
・地域への直接貢献

ですね。

この節約ブログ的には上2つを推したいところです。
でも最も大切なのは「地域への直接貢献」です。

オイシイ思いをしつつ、地域へ所得を還元していきませんか。私も早速ふるさと納税するために調査します!

年末までにしないといけないので、急いでくださいね。

よりふるさと納税の仕組みを知るなら、以下のページも合わせてどうぞ。

その後・・・ふるさと納税しました!

2013年は2012年よりも収入が多くなったので、ふるさと納税を試してみました。思ったよりも簡単で、もらえた特典も豪華でした!これからハマりそう・・・

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール