フタにティーパックが入って使いやすい!無印良品のアクリル冷水筒を使った感想とコスパについて

スポンサーリンク

こんにちは!
小林敏徳(@enrique5581)です。

わが家では一年中、お茶を自作しています。

毎回ペットボトルの商品を購入すると、150〜200円程度のコストがかかりますが、自作すればもっと安く済むからです。

ただ、保存容器については、大きければ良いというものではなく、冷蔵庫に入れやすいことが重要なポイントになるため、悩ましい問題でした。

先日、無印良品のボトルを買ったのですが、わが家の悩みを見事に解消してくれました!

無印良品の「アクリル冷水筒」を買ったので、活用方法をを紹介しますね。

無印良品のアクリル冷水筒を使った感想

無印良品のアクリル冷水筒 冷水専用約2L

無印良品の冷水筒

無印良品の「アクリル冷水筒 冷水専用約2L」を、はじめて購入しました。

これ、便利です!
ちょうど市販のペットボトルと同じ、2Lの内容量にも関わらず、とてもスリムですよ。

冷蔵庫でかさばらない・縦でも横でも保管可能

無印良品の冷水筒

密閉性にも優れており、縦でも、横でも保管できます。

昨夏に使っていたボトルは、横置きができなかったので、いつも縦置きするスペースを空けておく必要がありました。

横置き可能なアクリル冷水筒なら、空いたスペースに置けるので便利です。

値段は790円・内容量約2リットル

無印良品の冷水筒

値段も安いです!
以前、ホームセンターで購入したボトルは、2Lで1,500円近くしたと思いますが、横置きができなかったので、今はもう使っていません。

無印良品のアクリル冷水筒は、2Lで790円と、コストパフォーマンスも抜群です。

これは便利・フタにティーパックが入る

無印良品の冷水筒

便利だなぁと思ったのは、フタの部分にティーパックを入れられるところです。

自宅でお茶やアイスコーヒーを作るときって、水にティーパックを浸し、時間が経ったらビショビショになりながら取り出しますよね。

でも、アクリル冷水筒なら、フタと一緒にティーパックを取り出せるので、濡れる心配がありません。

無印良品のアクリル冷水筒でお茶を作る方法

さっそくアクリル冷水筒で、お茶を作ってみたら、本当に簡単でした。

蓋を外してティーパックを入れる

無印良品の冷水筒

まずは、容器のフタを外してティーパックを入れてください。

何らかの理由で、ティーパックを2個使用する場合でも、なんとか入ると思います。

容器に水を適量入れてフタをする

無印良品の冷水筒

次に容器に水を入れて、フタをしてください。

あまりにも水を入れ過ぎると、フタをしたときにあふれる可能性がありますので、注意してくださいね。

2時間ほど待てば完成

無印良品の冷水筒

商品にもよりますが、今回の麦茶は2時間で完成しました。

完成したあとは、蓋を外して、ティーパックを処分します。

牛乳パックと変わらないサイズ感・本当に横置きできました

無印良品の冷水筒

完成した麦茶を、冷蔵庫にいれてみました。

恐る恐る横置きにしてみると・・・何の問題もありませんでしたよ!

画像にあるように、牛乳パックと比較しても、さほど変わらない大きさなので、スペースを必要としません。

密閉性も高いので、漏れる心配もありませんね。

節約のポイント・お茶やアイスコーヒーは買うより自作

麦茶やアイスコーヒーは、自宅で作ったほうが安上がりですよね。

たとえば、2Lのペットボトルを購入すると、スーパーでも150〜200円はかかりますが、自作なら20円程度。

2Lあたり130〜180円も安いので、飲めば飲むほど節約金額は大きくなります。

このボトル、夏も大活躍してくれるだろうなぁ・・・。
もしかすると、「麦茶用」「アイスコーヒー用」で2本購入するかもしれません!

洗うときは、特別変わったことはありません

アクリル冷水筒を使って、洗いたいときは、特別変わったことをする必要はありません。

フタを外して、普通に洗うだけで大丈夫です。

ただ、油っぽいものと一緒に洗ってしまうと、かえって汚れてしまう可能性があるので、気をつけてくださいね。

洗い物のコツは以下のページが詳しいです。

さいごに

冷蔵庫に入れるボトルは、高さや形状が大切なポイントですよね。

かさばらない絶妙なサイズ感と、高い密閉性で、アクリル冷水筒はこれからも安心して使えそうです!

アクリル冷水筒 冷水専用約2Lの購入はこちらから

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る