【2017年版】9月のおすすめ株主優待20選

スポンサーリンク

こんにちは!
2011年から株主優待をもらい続けている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

9月は、3月についで株主優待が多い月になります。
株主優待を目当てにしている方にとっては、お祭りのような月にもなる大事なタイミングですよ。

そんな9月の株主優待で、個人的に欲しいと思えるものを厳選してみましたので、これから検討しようと思う方の参考になればうれしいです。

ノマド的節約術 9月のおすすめ株主優待

節約家が選ぶ、9月のおすすめ株主優待

企業の業績とかを気にせず、単純に優待品に魅力を感じるところだけを選んでいます。

投資する際の判断は、自己判断でお願いしますね。

江崎グリコ(2206)

江崎グリコといえば、お菓子ですよね!
100株以上持っていると、1,000円相当のお菓子詰め合わせセットが届きます。

金額的にはそれほどでもないですが、なんだかもらえるとうれしいですよね。

5,830円(2017年09月24日現在)

ブルボン(2208)

ブルボンも、いろいろなお菓子が有名な企業です。
こちらも、100株以上持っていると1,000円相当のお菓子などの詰め合わせセットがもらえます。

江崎グリコと同様に、もらえたらとってもうれしいのでおすすめとして紹介しました。

2,466円(2017年09月24日現在)

ヤクルト本社(2267)

ヤクルト本社の株主優待は3月と9月にあるのですが、それぞれ内容が異なります。

9月の権利確定日でもらえる優待は、来シーズンのヤクルトスワローズの野球観戦入場券が2試合分です。

それなりに入場料の高い野球場の料金を節約できるのはうれしいですね。

7,830円(2017年09月24日現在)

JALUX(2729)

JALUXの株主優待は、空港のおみやげ屋「BLUE SKY」で使える優待券2,000円分がもらえます。

空港を利用する機会があるなら、JALUXの優待券でおみやげ代を節約できますね。

2,625円(2017年09月24日現在)

ハウス食品(2810)

ハウス食品は、バーモントカレーなどのカレールウなどで有名ですよね。

それだけでなく、スーパーに行けばハウス食品の食材がたくさんあると思います。

普段使っているであろうハウス食品の商品がもらえると、わざわざ買う手間も省けるし、もらってうれしいですよね。

3,380円(2017年09月24日現在)

三越伊勢丹ホールディングス(3099)

三越伊勢丹ホールディングスの株主優待は、三越や伊勢丹などの百貨店で買い物するときに10%割引になるカードがもらえます。

百貨店での買い物は、どうしても高くなりがちですので、買い物するときにカードを提示すればお得ですよ。

レストランなどでも使えますので、ランチ・ディナーにも使ってみてくださいね。

1,120円(2017年09月24日現在)

トリドール(3397)

居酒屋「とりどーる」や「丸亀製麺」で有名なトリドールも株主優待を発行しています。

100株で2,000円分の優待券がもらえて、グループ内の店舗で使うことができますよ。

ついつい高くなる外食費をこれを使って安くできますね。

3,420円(2017年09月24日現在)

パラカ(4809)

パラカの株主優待は、もらってうれしいクオカードです。
しかも2,000円分!

有効期限がありませんので、一度もらったらいつでも好きなときに使えますよね。

コンビニや本屋などで使ってみましょう。

2,521円(2017年09月24日現在)

第一興商(7458)

第一興商の株主優待は、カラオケのビッグエコーなどで使える優待券が5,000円分もらえます。

9月だけでなく、3月にもありますので、1年間持ち続けると10,000円分です。

二次会やお出かけなどでカラオケを使う機会が多いなら、持っておけば、カラオケ代をかなり節約できそうです。

5,170円(2017年09月24日現在)

ワタミ(7522)

居酒屋チェーンの運営で有名なワタミでも株主優待があり、100株で3,000円分の優待券がもらえます。

居酒屋は、普通のレストランと比べると明らかに高いので、こういった優待券を使うことでの節約効果は大きいですよ。

1,530円(2017年09月24日現在)

ゼンショーホールディングス(7550)

すき家・ココス・なか卯などが有名なゼンショーホールディングス。

100株以上で1,000円分の優待券(500円×2枚)がもらえて、外食費を節約できます。

500株以上になると6,000円分になり、100株のときよりも利回りがよくなりますよ。

2,040円(2017年09月24日現在)

安楽亭(7562)

安楽亭の株主優待はかなりの太っ腹さで、1,000株以上持っていると13,000円分の優待券がもらえます。

焼肉レストラン安楽亭などで使えますので、近くに店舗があり、よく使っているのなら株主優待を持つことを検討してみてはいかがでしょうか。

4,765円(2017年09月24日現在)

コロワイド(7616)

最強の株主優待の1つとして紹介してもいいぐらいな、コロワイドの株主優待。

9月末の権利確定日で手に入れたら、12月・3月にそれぞれ1万円相当の優待食事ポイントがもらえ、甘太郎やラーメン四天王などの外食チェーン店で使えます。

1年持ち続けると4万円相当にもなり、外食費をかなり節約できますよ!

2,129円(2017年09月24日現在)

うかい(7621)

うかいの株主優待は、100株以上でも内容が充実しています。

箱根ガラスの森の食事付き入場券が5枚もらえたり、加えて3,000円分の食事券がもらえますよ。

100株で10,500円相当の価値があります。

3,245円(2017年09月24日現在)

サンリオ(8136)

サンリオは、ハローキティで有名ですよね。
100株以上持っていると、サンリオピューロランド・ハーモニーランドの共通優待券が3枚もらえます。

また、時期によっては他の優待品がもらえることもあります。

ピューロランドやハーモニーランドに行く方であれば、サンリオの株主優待があると料金を安くできそうですね。

2,201円(2017年09月24日現在)

レオパレス21(8848)

レオパレス21の優待券は知る人ぞ知るお得なものです。

グアムにあるレオパレスのリゾートホテル無料宿泊券や国内ホテルが50%割引になる優待券がもらえます。

783円(2017年09月24日現在)

日本航空(9201)

日本航空はJALのことです。
9月だと、200株以上持っていることでJALの国内線が半額になるカードがもらえます。

半額になるのはかなりお得ですので、国内線利用するならぜひ使いたいですね。

3,737円(2017年09月24日現在)

ANAホールディングス(9202)

こちらはANAの優待。
JALと同様に国内線の運賃が半額になります。

こちらは個人的に何度も利用してて、1回あたり1〜2万円ぐらい節約になっているのでかなり助かっていますよ。

それだけでなく、ANA系のホテルやANA FESTA10%割引などの冊子も手に入って、使い道が多いです。

418円(2017年09月24日現在)

共立メンテナンス(9616)

共立メンテナンスの株主優待は、ビジネスホテルのドーミーイン宿泊時に使える優待券がもらえます。

3,000円分がもらえますので、1回の宿泊費で使ったらかなり割引できるのではないでしょうか。

使ったこともありますが、すごく助かったのをよく覚えています。

3,135円(2017年09月24日現在)

グルメ杵屋(9850)

グルメ杵屋の株主優待は、10,000円分の食事券がもらえます。

そじ坊・杵屋・元気寿司など、いろいろな店舗で使えるので、使い勝手もいい感じ。

金額が大きいので、家計の大きな助けになりますよ。

1,157円(2017年09月24日現在)

さいごに

9月の株主優待は300以上もあります。
かなり多いですので、だいぶ厳選しました。

もし、この中で欲しいものがありましたら優待取得を狙ってみましょう!

当然ながら、ここで紹介した銘柄以外にも、9月の株主優待がありますので、以下のページから探してみてくださいね。

参考:9月20日に権利確定日を迎える株主優待の一覧
参考:9月末に権利確定日を迎える株主優待の一覧

一部の株主優待は、証券会社の手数料だけで手に入れることもできます。

そのやり方は以下のページが詳しいですよ。

株主優待を取得するために必要な証券会社で、おすすめなのはSBI証券GMOクリック証券です。手数料をかなり安くできますよ。

おまけ:他の月のおすすめ株主優待は?

株主優待全体の中でおすすめを厳選した記事はこちらです。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る