商品券は換金・買取してもらうよりも自分で使うべき理由

スポンサーリンク

JCBギフトカードなどの商品券をもらったときに、どうやって現金に換金しようかと思うことはないでしょうか。

どうせなら、少しでも換金率が高い状態で現金にしたいと思いますよね。

商品券をもらったときに、どうするのが一番お得になるのかを考えてみました。

商品券は換金・買取よりも自分で使うのがおすすめな理由

金券ショップやオークションで換金するのはもったいない

商品券を金券ショップに持っていったり、オークション・フリマアプリで出品したりすると、現金にできますよね。

今すぐ現金にする方法としては使えるのですが、本当にそれでいいのでしょうか?

例えば、金券ショップでJCBギフトカードを買い取ってもらったとしましょう。

買取価格は額面の90〜95%程度です。
多少は前後するかもしれませんが、100%の換金率にはなりません。

商品券を使うのと比べると、どうしてもレートが下がってしまいます。

10,000円分の商品券があったとしたら、現金にすることで9,000〜9,500円ぐらいになります。

現金がもらえるのはうれしいですけど、商品券のまま使うよりも損してますよね・・・。

商品券は使える店が多い

商品券が手元にあるということは、プレゼントなどでもらったのではないでしょうか。

それで使い道に困っているのだと思います。

でも、商品券って意外と使えるところが多いですよ!

JCBギフトカードVJAギフトカードなどは、使えるお店が多いです。

それなりに名前の知られているスーパーでの買い物にも使えるぐらいですので、日常の買い物で使えますよね。

普段の買い物で商品券を使って、現金を使わず節約になったらうれしくないですか?

スポンサーリンク

商品券のことを知れば、いつもよりお得に買い物ができる

そもそも換金したり買取しようと思うのは、あまり商品券の使い方がわかってないからだと思います。

それぞれの商品券ごとに使い方があり、特徴を知っておくことで、いつもより節約できますよ。

商品券の一覧と安く手に入れる方法を以下のページから簡単に探せます。

スーパーに限らず、コンビニで使える商品券・ギフトカードもありますよ。

身近に使えるところは多いです。

どうしても換金する場合は金券ショップやフリマアプリで売る

それでもどうしても商品券を現金に換金したいのであれば、金券ショップに持っていくのが一番手っ取り早いです。

店員さんに、買い取って欲しいことを伝えて、あとは店員さんの指示通りに手続きすれば買い取ってもらえます。

身分証明証の提示を求められると思いますので、忘れずに持っていきましょう。

金券ショップに行くのすら面倒なら、ヤフオクやフリマアプリに出品するのがいいですよ。

商品券を求めている人は多いので、法外な値段でなければ、出品するとほぼ確実に売れます。

ヤフオクであれば、Tポイント消化のために買う人もいるぐらいです。

その代わり、売れた金額に応じて一定の手数料がかかります。

ヤフオクは8%、メルカリは10%です。
楽天のフリマアプリ「ラクマ」なら0%ですが、換金する時に振込手数料220円がかかります。

この中なら、ラクマを使うのがおすすめですね。

使ってる人数は多くないですけど、商品券だと売れる確率が高いですし。

さいごに

商品券を現金に交換したい気持ちはわかりますが、個人的には現金化してしまうよりもそのまま商品券として使うのをおすすめします。

売ってしまうことで、少なからず価値が下がってしまいますからね。

必要なものを買うのに商品券を使えば、節約につながって一石二鳥です。

逆に、商品券があるからといって、必要のないものを大量に買ってしまっては意味がありません。

商品券を使うときも、現金で支払うときと同じ感覚で使うのが大切です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!