30分湯煎するだけで一度に3品完成!時短&ガス代の節約になる瓶詰めレシピ3つ

森山愛美夏の画像

市販の冷凍食品やお惣菜を使わず、毎日のごはんをラクに手早く準備するためにも、常備菜作りは大切な仕事です。

けれど、常備菜を仕込む時、せっかくならガス代もなるべく節約したいところですよね。

そんな時、ジャムやピクルスなどを食べきったあとに残る、空き瓶や100均で購入した瓶があれば、一度に複数のおかずが作れます。

ということで、このページでは、瓶さえあれば一気に作れるレシピをご紹介しますね。

瓶詰めレシピ

瓶さえあればすぐできる!時短&ガス代節約レシピ

今回は、野菜たくさんのミートソースと、ポークビーンズ、そしてデザートの豆乳いちごムースの3品を作ってみました。

湯煎で作ると、すべてが完成するまで30分しかかからず、その上きちんと保存すれば比較的日持ちも良くなるから、常備菜として心強い存在になること間違いなしです。

1. 余ったひき肉で作るミートソース

ひき肉を買ってきたけど使い切れないという場合、どんなふうに活用&保存していますか?

板状に広げて冷凍したり、そぼろにしたり、またはハンバーグにして保存というご家庭もあるかもしれません。

今回は、余ったひき肉を2つに分けて、ミートソースとポークビーンズにしてみます。

中途半端に残ってしまった、微妙な量のひき肉にも対応できるレシピですよ。

まずは、それぞれの仕込みまでをご紹介します。

ミートソースの材料

  • ローリエ:1枚
  • ひき肉:100g
  • トマトケチャップ:大さじ3
  • ソース:大さじ1と1/2
  • 味噌:小さじ1/4
  • ナツメグ:適宜(なくてもOK)
  • オレガノ:適宜(なくてもOK)
  • 塩胡椒:少々
  • オリーブオイル:大さじ1
  • ニンジンみじん切り:20g
  • セロリみじん切り:20g
  • 玉ねぎみじん切り:40g

ミートソースの仕込み

ミートソースの素

材料一覧にある、ひき肉からオリーブオイルまでの食材をすべて瓶に入れたら、一度かき回し、野菜のみじん切りを重ねて、フタをします。

2. メインにもサイドメニューにもなるポークビーンズ

次は、チリペッパーを入れたら、チリビーンズになるポークビーンズを仕込みましょう。

コーンチップスに、たっぷりのワカモレとサルサソースを乗せて食べると、ちょうど良いメインになりますよ。

ポークビーンズの材料

  • ひき肉:100g
  • トマトケチャップ:大さじ2
  • ソース:大さじ1/2
  • クミン:適宜
  • パプリカパウダー:小さじ1
  • 塩胡椒:適宜
  • 茹でた金時豆(キドニービーンズ):大さじ2から3
  • 玉ねぎみじん切り:50gくらい(小1/4個)

ポークビーンズの仕込み

ポークビーンズの素

材料一覧を、すべて上から順にビンの中に重ねて入れていき、フタをしてます。

湯煎で2品を一気に調理

仕込んだ2品

これで、2食分の仕込みができました。

朝、この仕込みまでしておけば、夕方には帰ってきた時に湯煎するだけで、メイン料理をすぐに仕上げることもできます。

今回使用するのは、米飴600ミリリットル分の空き瓶です。

もちろん、100均やホームセンターでもそっくりな物が売っていますが、せっかくなら空き瓶を再利用できるといいですね。

鍋に入れられた2つの瓶

仕込みを終えた2本の瓶のフタを少しゆるめて、布を敷いた鍋の中に置き、水を瓶の2/3まで入れて、フタをして沸騰させます。

布が見つからない場合は、キッチンペーパー2枚で代用することもできますよ。

たまたまちょうど良い布が見当たらなかったため、今回はキッチンペーパーで代用しました。

そのまま30分間加熱したら、2品の完成です。

3. 空いた鍋のスペースでもう1品!いちごミルクムースを作ろう

すでにポークビーンズとミートソースを作る瓶が入っている鍋ですが、もう1瓶入りそうなので、デザートも作ってしまいましょう。

いちごミルクムースの材料

つぶしたイチゴ

  • つぶしたいちご:1/2バック
  • てんさい糖(きび糖などの砂糖類):大さじ2くらい(お好みの量)
  • 粉寒天:小さじ1
  • 葛粉:小さじ1
  • 塩:ひとつまみ
  • 豆乳(牛乳でも):100ml~120ml(お好みで)
  • バニラエッセンス:お好みで

つぶしたいちごを、てんさい糖と粉寒天と葛粉を加えてよく混ぜます。

鍋に入っている3つの瓶

この状態でフタをゆるく閉めて、2つの瓶が調理されている鍋に入れてフタをし、火にかけていきましょう。

豆乳を入れた瓶

20分くらい加熱した瓶の中に、よく混ぜながら豆乳を100mlくらい加えます。

湯煎から引き上げた後に常温程度の豆乳を注いで混ぜることで、早く冷ますことができ、すぐ冷蔵庫に入れられます。

豆乳を入れる時には、甘さや、いちごの濃度などはお好みの味に調整して下さい。

いちごミルクムースは、これでできあがり。
粗熱が取れたら冷蔵庫で保存しましょう。

寒天は凝固温度がゼラチンよりも高く、常温くらいになれば固まり始めるため、冷蔵して30分後には食後のデザートとして出すことができます。

火から下ろしたら混ぜるだけで2品できあがり

いちごミルクムースが一足先に完成し、その10分後くらいにミートソースとポークビーンズもできあがりました。

火から降ろすと、こんな感じの見た目になります。

湯煎後の2つの瓶

最後に、瓶のフタを開けて、端から起こすように優しくかき混ぜてください。

そして味を整えてできあがり。
すぐに食べない場合は、このままギュッと瓶を閉めて、粗熱が取れたら冷蔵庫に保存します。

今日と明日の分の常備菜が30分で3品できる

スパゲティがある食卓

瓶で煮沸するだけで、2人分のミートソースを調理することができましたね。

この日は2種類のパスタと肉料理、サラダとスープ、そして副菜を添えて家族でいただきました。

完成したポークビーンズ

こちらは、瓶で調理したポークビーンズを、そのまま食卓に並べたところです。

いちごミルクムース

デザートのいちごミルクムースもばっちりです。

湯煎調理は時短&節約にピッタリ

ちょうど良い大きさの瓶と鍋さえあれば、一度に何品も調理できるのが、瓶を使った湯煎調理のメリットです。

ただし、サイズが合わない鍋で無理やり湯煎しようとすると、鍋の中で瓶がカタカタ鳴り、うるさくなるのでご注意ください。

お肉を使って湯煎調理をする場合、挽肉や薄い肉は特に火が通りやすいため、おすすめです。

魚は身が崩れやすそうなので、チャレンジしていませんが、野菜をていねいに重ねて加熱調理するのは、見た目もきれいで気に入っています。

また、デザートを作りたい時に果物がない場合は、オレンジなどの果汁100%ジュースなどに寒天と葛粉を溶いたものを混ぜて湯煎し、そのまま冷ますだけで、オレンジゼリーがすぐできます。

手軽で時短にもなる瓶詰めレシピ、今晩のおかずからすぐ実践できますよ!

保存瓶を使ったお手軽レシピも紹介していますので、合わせて参考にしてくださいね。

この記事を書いた人

CM音楽、作詞作曲、歌手、翻訳、ライター、料理講師。 卵乳アレルギーの8歳と1歳の母。出産を機に自分も同じアレルギーを持っていたと知り、卵乳製品を使わない料理やマクロビオティックを実践。中医学(薬膳)も学ぶほぼベジタリアン。作詞作曲業、執筆業のかたわら、さまざまな自然酵母のパンと焼き菓子、妊娠出産授乳期の食事、菜食と肉食ごはんの同時レシピ、アレルギー対応食などを専門としている。