暮らしの知恵を学べる!身近な春の野草「せり」と「よもぎ」を使った節約レシピ

森山愛美夏の画像

旬のものは、安くて美味しいだけでなく、栄養価が高まるピークのものも多いです。

新しい季節に備え、体調を崩さず乗り越えるためにも、積極的に旬の食材を食べたいものです。

特に春から夏にかけては、薬草にもなる香り高い野草が、実はあちらこちらに生えているのをご存知でしょうか。

季節を感じられる上に、しかも買う必要がないから節約にもなる。

今回はそんな、食べられる春の野草の見つけ方と調理方法を紹介していきますね。

せり・よもぎを使った節約レシピ

自生してる草を探しに行ってみた

庭

私の両親は、以前に「自分たちで食べる分だけちょっと野菜を育ててみたいと思う」と言っていました。

その後、実家へ帰るたびに「農家になって出荷するつもりなのかな?」と心配になるほど、農業に詳しくなって、今や人に教えるほどのプロフェッショナルになっています。

「今の時期は何が美味しい?」と聞くと・・・

「セリと春菊、それからほうれん草がたくさん採れるかな。育てなくてもセリとよもぎは自生してるよ。よもぎなんて東京でもよく生えてるよね」

そう言うので、生えている場所を教わって行ってみました。

セリ

こちらが、春の野草のセリです。

恥ずかしいことに、私はスーパーでしか見たことがありません。
セリの別名は白根草といいます。

ビタミンCやβカロテンが豊富。
独特の芳香があり、鎮静効果や肝機能を改善してくれる働きがあるのだとか。
比較的水分の多い土壌を好む草だそうです。

ヨモギ

こちらはヨモギです。

はりきって大きな袋を持ち、父に教わった場所へ行きましたが、最初は「どれがヨモギかわからない……」と呆然とするのみで、結局手ぶらで帰ってきてしまいました。

そして「ほら」と父にバケツにいっぱいに摘んできてもらって、見分け方を教わりました。

実家に帰って畑を前にすると、東京に住んでいる私たちの方が、完全に右も左も分からないおのぼりさんです。

春菊

こちらは春菊です。

若い芽を摘むと、本当に柔らかく生のままリンゴや八朔と和えて、バルサミコ酢とオリーブオイルをかけて塩胡椒するだけで、とても美味しいサラダになります。

ほうれん草

こちらは、私も見た目で判別できる、都会でもお馴染みのほうれん草。

両親が育てたものですが、常に玄関先に摘まれて水を吸った状態で保管されていました。

赤い根がとてもきれいです。

セリのおすすめの美味しい食べ方は「セリごはん」!

実家のセリ

実家から帰ってきて、もらってきたセリはこんなにたくさん!

東京では、多摩川沿いに自生しているそうです。

セリ以外にも小松菜やからし菜などが、たくましく育っていると友人たちに聞きました。

セリといえば、我が家では、私が幼い頃から混ぜごはんにしていただくのがベーシックでした。

採ってきたらすぐできて、とても簡単&しかも美味しいので、お手軽なセリごはんレシピをご紹介します。

セリごはんの作り方

バラしたセリ

セリは、硬い茎を外して、柔らかい部分を摘んでザルにあげて洗います。

茎が育ち過ぎておらず、柔らかいようなら、そのままでも構いません。

ゆがいたセリ

そして熱湯でさっと湯がきます。

茹ですぎるとセリの芳香が消えてしまうので、30秒くらい湯がくのがベストです。

茹でたらザルにあげて、ギュッと絞ります。

セリをカット

そしてできるだけ細かく刻んでいきましょう。

刻んだセリ

今回のセリごはんに一度に使う量は、これくらいです。

セリパック

ちょっと多すぎだな……と思ったら、ラップで包んでジップロックに入れて冷凍しておきましょう。

春の香りを、いつでも楽しむことができます。

ごはんにセリを入れる

刻んだセリを、2合の炊いたごはんにボトンと投入します。

セリとゴマ

ごはんの粒をつぶさないように、しゃもじを上下逆に持ち、しゃもじの盛り上がっている方を上にしてふわっと混ぜ、煎ったごまを振りながら、さらに混ぜます。

セリ混ぜごはん

全体的に混ぜたらこんな感じになり、セリごはんの完成です。

セリの食卓

セリごはんを、夜ごはんの一品としていただきます。

少しずつ盛り付けて食べては、温かいうちにまたおかわりしたくなるくらい、美味しいごはんになりました。

ヨモギなら、どこにでもある!

実家からもらってきたヨモギは、広げてみてその量に驚きました。

ヨモギたち

こちらはヨモギを洗って乾かしているところです。

これを全部、子ども達に荒らされる前に下ごしらえをせねばなりません……。

ということで、駆け足で行ったヨモギの下処理の方法をご紹介します。

ヨモギの下ごしらえの方法

ヨモギの下ごしらえは、重曹を加えたお湯で1分くらい茹でて、10分ほど水にさらしてアクを抜くのが基本です。

それから粉末状やヨモギ茶にする場合は水分をギュッと絞り、ざるに広げて乾燥させていきます。

ザルで干したヨモギ

こちらは、ヨモギをざるに干したものです。

外に干していたら風が強くて飛ばされたので、もう一度洗って干すことになってしまいました。

干すのにネットは必須だったと痛感しましたので、乾燥させる場合はネットを準備することをおすすめします。

ヨモギパウダー

乾燥したヨモギはパリパリになりますが、ここからミルサーにかけると粉にはならず、粉と綿のようなものになります。

ここから粉だけを振り分けて保存すると、ヨモギパウダーになりますよ。

しっかり乾燥させた綿部分は、お灸などに使われるもぐさにしていっても良いそうです。

ただ、本格的に作るには数ヶ月かかるようなので、ここで紹介したものは、あくまでも簡易的なものになります。

ヨモギを使って料理をしてみよう

下処理が終わったところで、さっそくヨモギを使って料理をしてみましょう。

ヨモギを使った料理はいろいろあります。

ヨモギとジャガイモ

こちらは、じゃがいもをマッシュして、塩こうじ(なければ塩)、必要な人はコンソメを足して混ぜたタネに、干す前のヨモギを刻んで混ぜて丸めたものです。

揚げてコロッケにしても美味しいですよ。

ヨモギ団子

おかずだけでなく、甘味を作る時もヨモギは大活躍します。

茹でてアクを抜いたヨモギをすり鉢で擦って、白玉粉と豆腐と混ぜて団子状にして茹でていきます。

浮き上がってきたら、冷水にさらして、ヨモギ団子のできあがり!

あんこやきなこをかけたら美味しいおやつになります。

豆腐でヨモギ団子を作ると翌日もふわふわなのでおすすめです。

見つけやすいヨモギを暮らしに取り入れてみよう

自生しているヨモギ

ちなみに、この写真は都内で見つけたヨモギたちです。

土手にも原っぱにも生えていますが、公園の表側など犬が通りそうな場所は避けた方が良さそうです。

また日当たりが良すぎる場所も、大ぶりに育ちがちでやわらかい新芽は見つけにくいので、やめた方が良いそう。

ヨモギの裏

よもぎの特徴は、葉っぱの形もさることながら、やはりその、小豆あんや和菓子にベストマッチする爽やかな芳香です。

ヨモギの見た目は、裏返すとこのように白く細い毛が生えているのが特徴です。

もし野草がたくさん生えていて「似てるけどどうだろう」と迷うような野草がたくさんあったら、ぜひ香りを嗅いで裏を確認してみてください。

昔の知恵に学び、野草をいただこう

野草を採って食べるというのは、もちろん節約にもなりますが「万が一のことがあった時のサバイバル術」のようなものの一つでもあります。

それに、子ども達と一緒に、純粋に季節を感じて「あ、これがヨモギだよ」「セリも良い香りだね」と楽しみながら、散歩のついでに幼い頃のお土産のように持ち帰り、夕食に並べるのも楽しいかもしれません。

昔は、当たり前のように食べられていたセリやヨモギなどの野草たち。

ふと、足元を見ると、暮らしに役立つ宝物がたくさん落ちているかもしれません。

この記事を書いた人

CM音楽、作詞作曲、歌手、翻訳、ライター、料理講師。 卵乳アレルギーの8歳と1歳の母。出産を機に自分も同じアレルギーを持っていたと知り、卵乳製品を使わない料理やマクロビオティックを実践。中医学(薬膳)も学ぶほぼベジタリアン。作詞作曲業、執筆業のかたわら、さまざまな自然酵母のパンと焼き菓子、妊娠出産授乳期の食事、菜食と肉食ごはんの同時レシピ、アレルギー対応食などを専門としている。