2012年10月の家計簿

スポンサーリンク

だんだん寒くなって来ましたが、財布の中身も寒くなっていませんか?
年末に向けて欲しい物を気にせず買えるように貯めておきたいですね。

私はというと、お金にならないことを種まきと思い続けてやってきたことがようやく実ってきつつあります。

長すぎた赤字時代を究極の節約で乗り越え、なんとかやりくりしたいろんな収入源で黒字にできるようになってきました。

さて、振り返りましょう。

収入

フリーでの仕事48,628
物販845,768
広告収入51,355
利息7
固定資産税還付16,300
楽天銀行ゴールドラッシュ1,290
株主優待還元4,300
太陽光発電売電19,110
子ども手当60,000

合計:1,046,758円

はい。7桁いってしまいました!
本業でまとまった収入はなかったですが、物売りが好調で、過去最高の数値をたたき出しました。本当にありがたいことです。

今までのパターンだと収入が増えても赤字というケースが続いていましたが、今月はさすがに黒字です。

物売りも試行錯誤しながら徐々に良くなっていってます。

何気に広告収入で50,000円いってるのも見逃せないポイントです。 ホント、地道にブログを続けてて良かったです。

支出

食費34,034
住居費101,800
水道光熱費6,619
交通費5,160
育児費2,090
旅行代46,240
交際費1,250
生活用品1,036
携帯代3,062
インターネット0
その他通信費1,840
税金10,520
仕入れ516,391
コワーキング関係17,500
金券66,131
送料4,179
オークション手数料9,604
その他仕事関係40
株式手数料など3,150

合計:830,646円

食費から税金までで使った金額は213,651円です。
この月も相当安く抑えることができました。旅行代で大きな支出にもかかわらずこの額なので、満足しています。

この頃の私は節約以前にそもそもお金を使うことがほとんどなくなってきました。お金を使ったと感じるのは交通費ぐらいです。

あとの支出はほぼ全て投資しているような感覚ですね。

私の投資の意味は
「投資=使った以上の額になって戻ってくる or 使った以上の知識が身につく」
です。

なので、単純な支出って月に10,000円もないです。ホントです。

2012年10月の感想

自分的には赤字だった数ヶ月前からお金の流れがいい感じになってきていると感じていましたが、実際目に見えるようになってきたというのが10月の家計簿を見ての感想です。

1年半もの間、お金を真剣に向き合ってきたので、逆に自分のお金を客観的に見れるようになってきました。目先の上下はほとんど気にならないです。

長期的に見てどう転がるか、ほぼそこしか見てないですね。

いい感じになってきたので、ここで気を緩めるのではなくて、引き締めてブログの成長と合わせて加速していけるようにしていきます!11月もよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る