商品券は全部で何種類ある?商品券の購入方法・プレゼントにおすすめのギフトカードまとめ

スポンサーリンク

世の中には、様々な種類のギフトカードや商品券がありますよね。
どれだけの種類があるのかはご存知でしょうか・・・?

私自身もどれぐらい商品券の種類があるのかは完全には把握しきれていません。

調べれば調べるほど出てくるし、こんなのまであるの?というものまで・・・。

私自身もすごく勉強になっているので、このページで改めて商品券・ギフトカードの一覧をまとめてみました。

ギフトカードのまとめ

クレジットカード系のギフトカード一覧

まずは、クレジットカード系のギフトカードの一覧から。

JCBギフトカードとか、カードブランドの名前が入ったギフトカードですね。

いろいろとありますので、一覧にしました。

以前は発行していたけど、今はもうないギフトカードもあります。
手元にあれば使えますけど、新しく買うことはできません。

  • アメリカン・エキスプレス・ギフトクーポン
  • ロイヤルチェック
  • UFJギフトカード
  • ニコスギフトカード
  • DCギフトカード
  • ミリオンギフトカード

ここからは、代表的なギフトカードについて見ていきましょう。

JCBギフトカード

一般的にギフトカードと聞くと、JCBギフトカードの名前が思いつくのではないでしょうか。

それほどギフトカードについて詳しくなかった頃でも、JCBギフトカードの存在は知っていたし、使ったこともありました。

文字通りギフトとして贈るのもいいですよね。
何度か贈り物でJCBギフトカードをいただいた時はうれしかったです!

ユニクロイオンといった有名なお店でも使えるのがうれしいところ。

購入方法や安く手に入れる方法は、以下のページで詳しく説明しています。

VJAギフトカード

JCBギフトカードと並んで有名なのがVISAのギフトカードであるVJAギフトカードですね。

名前が紛らわしい感じですが、VJAギフトカードも使えるところが多く、便利なギフトカードです。

こちらも、以下のページで購入方法や安く手に入れる方法を紹介していますよ。

その他ギフトカード

他のギフトカードは名前を聞く機会が上の2つに比べると少ないと思いますが、使える店はそれなりに多いので、持っていると便利に使うことができます。

ただ、手にする機会自体が少ないでしょうね・・・。

ショッピング系・旅行系のギフトカード・商品券

お店ごとにそれぞれオリジナルのギフトカードや商品券があるところも。

もし、よく使うお店のギフトカードがもらえると、買い物を節約できるのでかなり助かりますよね。

ショッピング系のギフト券を一覧にしてみました。

全国的に使えるものもあれば、そのお店だけでしか使えない商品券・ギフトカードもあります。

ただ、イオン商品券クオカード図書カードなどは使える場所も多く、持っていて損がないです。

特にクオカード図書カードは株主優待でもらえることも多いですし、手にする機会も増えると思います。

参考:クオカードが株主優待の銘柄一覧
参考:図書カードが株主優待の銘柄一覧

飲食に関連するギフトカード

ギフトカードの中には、飲食に関連するものもあります。

飲み食いで使えると、いつもより得した気分になるのでいいですよね。

もし手にする機会があれば、いつもよりちょっぴり豪華にしてみるのも楽しみの1つになります。

飲食に関連したギフトカードの一覧は以下の通りです。

いろいろな種類のギフトカードがありますよね。

個人的にはジェフグルメカードにはお世話になっています。お釣りも出る貴重なギフトカードで、使えるお店も多いですからね。

ジェフグルメカードぐるなびギフトカードはチケットショップでもよく見かけます。

外食が多いのであれば、これらのギフトカードを活用することで、外食費を節約できますよ。

もともとが高くなりがちな外食費は、節約できる割合が小さくても金額にすると大きくなりそうです。

商品券を購入する方法

これまで紹介してきた商品券を購入するにはどうすればいいのかが気になりますよね。

それぞれの詳細ページを見てもらればと思いますが、ここでも購入方法を紹介します。

商品券を購入するには、主に以下の方法がありますよ。

  • 金券ショップ
  • 販売している店舗で購入
  • 旅行代理店で購入

定価よりも安く購入するなら、金券ショップが一番安いですね。

プレゼント・ギフトとして商品券を買いたいのであれば、金券ショップではなく旅行代理店や、贈りたいギフト券が販売されているお店に行きましょう。

商品券をプレゼントに贈りたいなら相手の生活スタイルに合わせよう

商品券・ギフトカードを自分用に買うときはとことん安くしたいものです。

自分用とは別に、お世話になっている方に向けてプレゼントするために贈りたいこともありますよね。

そのときは、相手がどんな生活スタイルを送っているのかに合わせてプレゼントする商品券を考えてみましょう。

パッと思いつかないのであれば、使い勝手がいいJCBギフトカードVJAギフトカードを贈るのが無難ですよ。

特に、JCBギフトカードは有料(150円)ですが、メッセージつきのラッピングもできて、モノだけではない、気持ちもしっかり伝えられます。

イオン商品券は、イオングループを使っている方であれば、お釣りも出る金券ということでよろこばれると思いますよ。

商品券を使わない場合は買取してもらうのも一つの手

このページでは数多くの商品券を紹介してきましたが、これらの商品券を持っていても使わない場合は宝の持ち腐れになってしまうため、現金にするために金券ショップなどで買い取ってもらうのもおすすめです。

お金が欲しいと思っているのであれば、金券で持っているよりもうれしいのではないでしょうか。

ただ、基本的には自分で使うのが一番おすすめではありますけどね。

さいごに:ギフトカードを使って節約しよう

これらのギフトカードや商品券を持っていると、現金で支払いする機会が減るので、その分だけ節約になりますよね。

もし、ギフトカードを手にする機会があればラッキーだと思って、買い物を楽しみましょう。

ただ、必要のない買い物に使うのはおすすめしません。

自分や家族にとって必要と思える買い物の時だけ使うようにすれば、より節約効果が高くなりますよ。

コンビニで使える商品券・ギフトカードの一覧は以下のページが詳しいですよ!
合わせてチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る