ダイエー商品券のお得な使い方と割引して安く入手する方法の完全ガイド

スポンサーリンク

先日、ダイエーに行った時に、ダイエーの商品券があることを知り、買ってみました。

基本的にはダイエーで使える商品券になりますが、いろいろと使い道があることがわかったので紹介していきますね。

ダイエー商品券のお得な使い方

ダイエー商品券はお釣りが出る

ダイエー商品券を買うためにインフォメーションに行きました。

とりあえずダイエー商品券が欲しかったので、ダイエー商品券が欲しいことを伝えると、受付してくださった方がいろいろと教えてくれたんですよね。

特に質問もしていないのに、お釣りが出るという話もしてくれました。

ダイエー商品券ってお釣りが出るんだ〜!
という感じで驚きました。

袋や冊子も合わせて商品券を購入しました。

ダイエー商品券

こちらが1,000円分のダイエー商品券ですね。

ダイエー商品券は、1,000円の商品券しかないようです。

ダイエー商品券

有効期限はありません

商品券を手に入れたはいいけど、有効期限が気になりますよね。

ダイエー商品券には有効期限がありません。いつでも好きな時に使うことができますよ。

ただ、存在自体を忘れてしまうともったいないので、忘れないうちに使ってしまうのがおすすめです。

ダイエー商品券が使えるお店の一覧

ダイエー商品券は、名前に「ダイエー」が入っているので、ダイエーだけでしか使えないイメージを持っていました。

ですが、届いた冊子をチェックすると、ダイエー以外でも使えるお店が数多くあります。

イオングループになったこともあり、イオンに関連したお店でも使えるのがいいですね。

使い勝手はかなりいいと思います。

  • ダイエー
  • グルメシティ
  • foodium
  • イオン
  • マックスバリュ
  • KOHYO
  • イオンスーパーセンター
  • ザ・ビッグ
  • マルエツ
  • マルエツプチ
  • リンコス
  • 棒二森屋
  • 中合福島店
  • 中合サテライトショップ会津
  • 三春屋
  • 中合十字屋 山形店
  • OPA
  • イオンモール
  • ボンテ
  • ドムドム
  • ディッパーダン
  • ダイエー内フードコート
  • スポーツオーソリティ
  • イオンシネマ
  • 日本旅行オーエムシートラベル
  • 55ステーション
  • アシーネ
  • DMガスステーション
  • ロベリア・マグニン・ラ・ジョセフ
  • グランバック
  • グルメシティヒカリ屋 山科店
  • グルメシティヒカリ屋 京都店
  • おおとりウイングス専門店
  • 吹田さんくす名店会
  • ポップタウン住道
  • 塚口さんさんタウン

一覧にすると、かなりの店舗で使えることがわかりますね。

ダイエー商品券を安く購入する方法

私がダイエー商品券を購入したのは、ダイエーのインフォメーションカウンターです。

基本的にはダイエーで買うことになると思いますが、安く手に入れる方法があれば知りたいですよね。

ヤフオクやメルカリで探す

見つかる可能性があるのが、ヤフオクメルカリで探すことです。

ただ、ダイエー商品券自体にそれほど知名度がないため、出品数もそれほど多くありません。

メルカリで出品されている履歴が残っていましたが、いずれも定価よりも高くなっていました。

もし、定価よりも安く販売されていた時はラッキーと思ってください。

買うことがあれば、余計な手数料を払うことのないように気をつけましょう。特に銀行の振込手数料を払うのはもったいないです。

ヤフオク・メルカリでの落札方法は、以下のページが詳しいですよ。

チケットショップでは見つけづらいかも

ヤフオクやメルカリでも販売されているので、チケットショップであれば見つかるかもしれない・・・と思いそうです。

ただ、過去の私の経験上、ダイエー商品券をチケットショップで見かけた記憶がありません。

ダイエーから徒歩1分のところにあるチケットショップでも、ダイエー商品券は売っていませんでした。

今以上にダイエー商品券の知名度が上がれば、もしかしたら販売されることが出てくるかもしれませんね。

さいごに

ダイエー商品券は、知名度の低さが気になりますが、ダイエーだけでなくイオンでも使えるのが便利な商品券ですよ。

普段、ダイエーで買い物している方に向けて、ギフト用に贈るのもよろこばれると思います。

もし手にする機会がありましたら、普段の買い物を節約できるのでラッキーですね!

おまけ:ギフトカードの活用術

日本には、いくつものギフトカードがあります。
それぞれのカードに特徴がありますので、知っていると節約に役立ちますよ^^

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!