27言語対応の「東京外国語大学言語モジュール」で海外留学中の会話を予習しよう

スポンサーリンク

こんにちは、「文脈をつなぐ」を運営している木村すらいむです。

初めて海外の土地に行くことになった!
そんなときは、他国の文化や自分と違う考え方を楽しみたい気持ちになりますよね。

だけど、自分の言葉が相手にうまく通じるのか、不安になるのではないでしょうか。

英語を学ぶために英会話スクールに通う手段もあります。

しかし、スクールに通っている時間の余裕がないことも往々にしてあるでしょう。

また、短期の滞在ならばそこまでガッツリ勉強する必要はないとも思います。

無料で世界中の言葉を学べる「東京外国語大学言語モジュール(以下、東外大言語モジュール)」を使って、サラッと予習するぐらいでいいですよ。

このページでは、東外大言語モジュールの教材の内容と使い方を紹介していきますね。

東京外国語大学言語モジュール

まず見てみよう!旅行に出かける前にオススメの動画

「東外大言語モジュール」は、登録不要でさまざまな言語の動画教材を見ることができます。

まず、どんな動画があるのか確認しましょう。

世界約80カ国以上で話されている英語圏に旅行する前に見たいおすすめの動画を、3つ選んでみました。

ある場所への行き方を尋ねるとき

TUFS_language_module
引用:場所についてたずねる

現地の空港に到着して目的地を目指そうとするけれども、どうやって行けばいいのかわからない。

そんな状況で必須の、近くの人に道順を尋ねる方法を学べます。

乗り物の時間について尋ねるとき

TUFS_language_module
引用:時間についてたずねる

指定の時間になってもバスや列車がやって来ないと、自分が正しい時間を認識しているのかどうか尋ねてみたくなりますよね。

お店の営業時間を確認したいときにも、話せるようにしておきたい会話の方法です。

ものの使い方を尋ねるとき

TUFS_language_module
引用:手段についてたずねる

ホテルに置いてあるコーヒーマシン。
飲んでみたいけれどうまく動かせないとき、使い方をホテルの人に尋ねられると良いですね。

コーヒーマシン以外でも、見慣れない装置やものの使い方を尋ねられると便利です。

東京外国語大学言語モジュールとは

TUFS_language_module
引用:東外大言語モジュール

こういった言語学習の動画を無料で提供しているのは、東京外国語大学です。

東京外国語大学言語モジュールは、2004年から始まった言語学習用の教材です。

教材は、東京外国語大学の教員、大学院生および学外協力者を含む、100人以上の手によって開発されています。

言語は幅広く、英語以外にも、ドイツ語、フランス語、ロシア語、中国語など27の言語に対応しています。

内容は日常会話を学べるレベルです。初めてその言語を学ぶ人におすすめですよ。

会話、発音、文法、語彙を好きな順番で学べるモジュール

東外大言語モジュールという名称の「モジュール」とは、教材の集まりという意味です。

具体的には、先ほど動画を紹介した会話モジュールのほか、発音モジュール、文法モジュール、語彙モジュールが用意されています。

教材がモジュールとして提供されているので、紙の教科書のように順序通りに学ばなくてもいいのがうれしいところですね。

自分が学びたい順序で自由に学べるという特徴があります。

発音モジュール

TUFS_language_module5
引用:東外大言語モジュール

ドイツ語の発音モジュールには、例えば「サバイバルのためにこれだけは」という教材が用意されています。

ドイツ語で名前を意味する「Name」は、英語ではネームと読みますが、ドイツ語ではナーメと読みます。

英語圏に出かけたことはあるけれども、ドイツにも行ってみたいなら、発音モジュールで学ぶと良いでしょう。

単に発音を聞けるだけではなく、間違えやすいところなど、言語学習者向けの解説が充実していますね。

文法モジュール

TUFS_language_module
引用:東外大言語モジュール

インドネシア語の文法モジュール、徹底実力養成コース「呼称(呼びかけの語)」を見てみましょう。

インドネシア語では、呼びかけに用いる「Bapak」「Ibu」という単語は、日本語の「あなた」のような人称代名詞と同じような使い方をしていることが学べます。

書店に行っても、東南アジアの国々の言葉を学ぶ教科書を見つけるのは難しいかもしれません。

東外大言語モジュールなら、書店やスクールで対応していない言語の文法も、しっかり学ぶことができます。

語彙モジュール

TUFS_language_module
引用:東外大言語モジュール

語彙とは、ある言語の単語の集まりのことです。
ここでは、中国語の語彙モジュールで「経済」の項目を見てみましょう。

「買う」を意味する中国語「」が出てきました。

名詞は日本語と同じ漢字で伝わる単語も多い一方で、動詞は日本語と字が違い伝わりにくいこともあります。

語彙モジュールでは、上の画像のように、その意味、発音、例文を読むことができます。

さらに、例文の横にある「文」というマークをクリックすると、その例文に関連した文法を学べますよ。

このように、東外大言語モジュールには会話、発音、文法、語彙の4つのモジュールが連携して学びやすいという特徴があります。

東外大言語モジュールを使う前に注意しておくこと

ここまで東外大言語モジュールの良いところを紹介してきたのですが、ひとつ、気になるところも。

それは、トップページから教材に辿りつくまでのステップが多いということ。

ページの階層が深くなっているんですね。
これは、多くの教材を揃えているということの裏返しとも言えます。

たくさんあるページの中で迷子になってしまって、肝心の教材にたどり着けないのはもったいない!

目的の教材をスムーズに見つけるためにも、東外大言語モジュールの使い方を覚えておきましょう。

東外大言語モジュールの使い方

では、画像つきで、東外大言語モジュールの使い方を紹介していきます。

まず、東外大言語モジュールのトップページにアクセスしましょう。

TUFS_language_module
引用:東外大言語モジュール

海外へ旅するときには行き先の国の言語を学びたくなると思うので、「言語で選ぶ」から、学びたい言語を選びましょう。ここでは、英語を選びました。

TUFS_language_module
引用:東外大言語モジュール

発音、会話、文法、語彙モジュールにアクセスできます。

特に英語の会話モジュールは充実していて、アメリカ英語、イギリス英語など各地域での英語教材が用意されています。今回は、アメリカ英語を選択しました。

TUFS_language_module10
引用:東外大言語モジュール

アメリカ英語のページが表示されます。
初めてぼくが東外大言語モジュールを利用したとき、ここで迷ってしまいました。要確認です!

右上の「Menu」と書いてある部分をクリックすると、40通りの会話教材一覧が表示されます。

TUFS_language_module
引用:東外大言語モジュール

ここでは、「08: 金額についてたずねる」を選びました。
会話を動画で見ることができ、同時に原稿を右側で読めます。

さらに、右上の「語彙」「発音」ボタンをクリックすることで、対応する語彙モジュール、発音モジュールを開けますよ。

さいごに:シーン別の動画を見てから旅行を楽しもう

海外に出かけたい人は、旅行者向けの会話ハンドブックを手にとったことがあるのではないでしょうか。

東外大言語モジュールには、旅行者向けの会話ハンドブックや教科書の代わりになるような教材が大量に集まっており、無料で簡単に学べます。

まずは、訪れたい国の会話モジュールから試してみてはいかがでしょうか?

会話の動画を見て、海外に出かけるときのイメージを膨らませて楽しんでみてください!

ノマド的節約術運営者の松本は、過去に台湾ニュージーランドに行ったみたいです。

おまけ:海外旅行の準備に

海外旅行する時は、言語以外にも不安に感じることがありますよね。
実体験を元に、失敗しないためのコツを紹介していますので、合わせてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

木村 一輝

木村すらいむ(木村一輝) 文脈をテーマに、フリーランスとして活動中。 ブログ「文脈をつなぐ」 ネットラジオ「文脈ラジオ」、ライティング・文字起こし・イベント企画・ホームページ制作など。 1992年・群馬生まれ。東京工業大学大学院卒(修士・数学)。

執筆メンバの一覧を見る