大阪ガスの電気の料金プラン一覧と電気代を安くする方法のまとめ。ガスの契約とセットで割引がうれしい

スポンサーリンク

こんにちは、ミラクリを運営している小林敏徳(@enrique5581)です。

2016年4月1日から電力自由化が始まり、一般企業からも電力を買えるようになると、家計節約の選択肢が増えますよね。

電気と同じぐらい身近なガス。
関西に住んでいれば、大阪ガスを使っていると思います。

大阪ガスでも、電力自由化にともなったサービス「大阪ガスの電気」がありますよ。

このページでは、ガスとのセット契約で電気料金が割引される、大阪ガスの電気について紹介していきますね。

大阪ガスの電気プラン

大阪ガスの電気の歴史

大阪ガスは、名前の通りでガスの供給がメインのサービスです。

大阪ガスと「電気」との結びつきをイメージできないかもしれませんが、実はすでに電力事業を行っています。

2000年から電気事業に参入

一般家庭向けの電力自由化は2016年4月1日からのスタートですが、大阪ガスは2000年から特高・高圧電力の販売を行っているんですよね。

一般家庭とは比べものにならない電力を必要とする、大きな工場や高層ビルに向けて、すでに16年の供給実績があります。

全くの初めてと比較すると、実績がある分だけ安心材料ですよね。

全国の発電所から電気を安定供給

大阪ガスは、あらゆる方法で発電を行っています。

  • 火力発電
  • 風力発電
  • 太陽光発電

大阪ガスの電気は、関西電力の送電網を使用して今までと変わらずに安定供給してくれます。

また、電気の供給量が万が一不足した場合は、関西電力が補填してくれるのも心強いです。

「大阪ガスの電気」は主に関西エリアで使える

大阪ガスの電気
引用:大阪ガスの電気

大阪ガスの電気は、「大阪」の名前が入っているように、主に関西圏で使えるサービスになります。

サービス対象エリアは、以下の通りです。

  • 京都府
  • 大阪府
  • 滋賀県
  • 兵庫県(赤穂市福浦を除く)
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 福井県(三方郡美浜町以西)
  • 三重県(熊野市、南牟婁郡紀宝町、南牟婁郡御浜)
  • 岐阜県(不破郡関ケ原町の一部)

関西エリア以外だと、福井県・三重県・岐阜県の一部の地域が入っていますね。

年会費・入会金などは無料です

大阪ガスの電気と契約した場合、年会費や入会金等は一切かかりません

電気代以外のお金は無料なので、安心してくださいね。

料金プランは3種類の中から選べる

大阪ガスの電気を検討する時に、一番気になるのは料金プランです。

料金プランは3種類あり、その中で自分のライフスタイルに合ったプランを選びましょう。

  • ベースプランA
  • 家庭用ガス発電プラン
  • ベースプランB(飲食店・商店向け)

ベースプランBは、飲食店や商店・事務所など、一般家庭よりも明らかに電気を多く使う方向けです。

主にベースプランAと家庭用ガス発電プランで比較することになりますね。

ここから、それぞれのプランの特徴とお得なポイントを見ていきましょう。

料金プラン:ベースプランA

まずはベースプランAの料金から。

契約するだけで発生する基本料金は499.95円です。

1kWhごとにかかる料金は以下のようになります。

  • 最初の120kWhまで:22.78円
  • 121kWh〜200kWh:25.46円
  • 201kWh〜300kWh:26.08円
  • 301kWh〜:32.60円

仮に、月に300kWhの電気を使った場合の料金は、以下の計算式で求めることができますよ。

499.95円 + (22.78円 × 120kWh) + (25.46円 × 80kWh) + (26.08円 × 100kWh) = 7,878.35円

同じ条件で関西電力との料金を比較してると、以下のようになりました。

  • 契約:30A
  • 電力使用量:300kWh
  • 関西電力:7,983円
  • 大阪ガスの電気:7,878円

大阪ガスの電気の方が1.3%安くなりました。

1ヶ月あたり105円、1年間にすると1,260円の節約です。

電力プランの変更で、1ヶ月に1回は勝手に100円玉が貯金箱に入るイメージですね。

料金プラン:家庭用ガス発電プラン

家庭用燃料電池の「エネファーム」「エコウィル」を利用している方には、「家庭用ガス発電プラン」が提供されています。

契約するだけで発生する基本料金は373.60円です。

基本料金は、ベースプランAの料金より安いですね。
1kWhごとにかかる料金は以下のようになります。

  • 最初の120kWhまで:22.75円
  • 121kWh〜200kWh:25.10円
  • 201kWh〜300kWh:25.19円
  • 301kWh〜:31.63円

仮に、先ほどと同じように月に300kWhの電気を使った場合の料金は、以下の計算式で求めることができます。

373.60円 + (22.75円 × 120kWh) + (25.10円 × 80kWh) + (25.19円 × 100kWh) = 7,630.6円

同じ条件で関西電力の料金と比較をしてみると以下のようになりました。

  • 契約:30A
  • 電力使用量:300kWh
  • 関西電力:7,983円
  • 大阪ガスの電気:7,630円

1kWhごとの料金が、ベースプランAよりも安くなっているので、こちらも大阪ガスの電気の方が安くなりますね。

この場合、電気のプランを変更するだけで1ヶ月あたり353円も安くなりました

1年間に直すと4,236円、2年間だと8,472円です。

1ヶ月あたりの金額だと、それほど大きく見えないですけど、1回の手続きだけで節約できる金額を見ると、年に何度かは美味しいご飯を食べに行けそうですよね。

料金プラン:ベースプランB

関西電力「従量電灯Bプラン」の契約者向けに、「ベースプランB」も提供されていますよ。

こちらは、一般家庭向けではないので、自分が事業者でない限りは使うことがないと思います。

申し込みの際には、事前にグッドライフコール(0120-000-555)に連絡する必要があり、インターネットからの申し込みはできません。

  • 基本料金:13,022円
  • 基本料金:6kVAをこえる1kVAにつき:2,432円
  • 電力量料金:契約容量の73倍をこえる1kWhにつき:28.05円

関西電力の料金と比較してみると以下のようになります。

  • 契約:11kVA
  • 電力使用量:1,320kWh
  • 関西電力:40,030円
  • 大阪ガスの電気:39,683円

1ヶ月あたり347円、1年間にすると4,164円の節約になりそうです。

オプション割引:ガスと一緒に契約すると電気料金が割引に

「ベースプランA」に関しては、ガスと一緒に契約すると料金が割引されます。

  • ガスと「ベースプランA」を契約:電気料金を1%割引
  • ガスと「ベースプランA」を2年契約:電気料金をさらに2%割引(合計3%割引)

いずれも電気料金だけが割引される特典であり、ガス代は割り引きになりません。

電気とガスを一緒に契約した場合、関西電力と比較してどれくらいお得になるのか計算してみますね。

  • 契約:30A
  • 電力使用量:300kWh
  • 関西電力:7,983円
  • 大阪ガスの電気(ベースプランA):7,878円(年間1,260円お得)
  • 大阪ガスの電気(ベースプランA+セット割):7,780円(年間2,196円お得)
  • 大阪ガスの電気(ベースプランA+セット割+2年契約):7,624円(年間4,308円お得)

「300kWh」の電気使用量では、2〜4%の節約につながります。

次に「600kWh」の電気使用量で比較してみますね。

  • 契約:30A
  • 電力使用量:600kWh
  • 関西電力:18,032円
  • 大阪ガスの電気(ベースプランA):17,656円(年間7,488円お得)
  • 大阪ガスの電気(ベースプランA+セット割):17,481円(年間6,612円お得)
  • 大阪ガスの電気(ベースプランA+セット割+2年契約):17,138円(年間10,728円お得)

「600kWh」の場合は、関西電力に比べてなんと3〜5%も安くなりました。

大阪ガスの電気は、電気をたくさんお使いになる方ほどお得になるプランですね。

再生可能エネルギー発電促進賦課金制度

電気をたくさん使う方に大きなメリットがある大阪ガスの電気ですが、料金には「再生可能エネルギー発電促進賦課金」が加算されることを覚えておきましょう。

「再生可能エネルギー発電促進賦課金」とは、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって電力の買い取りにかかった費用を、電気使用者が使用量に応じて負担するものです。

平成27年度の賦課金単価は以下の通りです。

  • 平成27年5月分~平成28年4月分:1.58円/kWh

支払い方法はクレジットカード一択でいい

支払い方法は以下の2点です。

  • クレジットカード
  • 銀行口座振替

クレジットカードで支払うことで、ポイントが貯まるので、口座振替よりもお得になりますよ。

どうせカード払いするなら、還元率の高いカードにしておき、ポイントやマイルを貯めるのがおすすめです。

ちなみに、口座振替にしても割引はありませんので、クレジットカードにしておくのが無難ですよ。

「大阪ガスの電気」の申し込み方法

大阪ガスの電気は、以下3つの方法で申し込みできます。

  • 大阪ガスの電気公式サイト
  • グッドライフコール(0120-000-555)
  • 大阪ガスの店舗・ショールーム

申し込みから利用までの流れ

申し込みから利用開始までの流れはシンプルです。

  1. 申し込み受付
  2. スマートメーター設置(無料)
  3. 利用開始

スマートメーターがすでに設置されている場合は、申し込みから約1週間で。
もし工事が必要な場合は、工事期間を含めて半月〜1ヶ月半後の利用開始です。

現在利用している電力会社の切替手続きは、すべて大阪ガスが代行してくれますので、こちらで特に何かする必要はありません。

「大阪ガスの電気」解約について

大阪ガスの電気の解約は、グッドライフコールからできます。
解約の申し出をしたあと、やるべきことはとくにありません。

オプション割引の「2年契約」は解約金が発生する

オプション割引の「2年契約」を途中解約した場合のみ、2,000円(税抜)の解約金が発生します。

ちなみに、解約金は2年契約ごとに発生します。

つまり「契約から2年経過後は、いつ解約しても大丈夫」ではなく、また新しい2年縛りが始まるということです。

解約の申し出がない限り、2年契約は自動更新されてしまいますので、解約月をしっかりと確覚えておきましょう。

「大阪ガスの電気の供給エリア外」に引っ越す場合は解約金を免除

「大阪ガスの電気の供給エリア外」に引っ越す場合は解約金が請求されませんので、解約の連絡をする際にそのことを忘れずに伝えてください!

念のためコールセンターに問い合わせをしてみたところ、2年契約以外のケースで解約金や違約金等を請求されることはないようです。

さいごに

「大阪ガスの電気」は、ガスとの一緒に契約すると電気代が割引になります。

電気の月間使用量が「300kWh以上」の方であれば、電気代が安くなる可能性がありますので、検討してくださいね。

ぼくが住んでいる大阪府はサービス対象エリアになりますので、検討してみたいと思います。

大阪ガスの電気を使うのなら、マイ大阪ガスに登録しておき、いつでも電気代を確認できる状態にしておきましょう。

大阪ガスを使っているなら必須ですよ!

おまけ:その他電力会社のサービス内容

電力自由化をきっかけに、多くの一般企業が電力市場に参入してきました。

他にもいろいろな会社が電力供給のサービスを始めていますので、自分の生活スタイルに合わせて比較してみましょう。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

小林 敏徳

2013年にうつ病を経験。10分前行動でもキレられる人間から、30分遅刻でも褒められる人間になりました。インタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る