昭和シェル石油「ガソリンが10円/L安くなる電気(ドライバーズプラン)」の特徴・サービス内容・解約手数料について。ガソリン代の割引特典が充実

スポンサーリンク

こんにちは、ミラクリを運営している小林敏徳(@enrique5581)です。

2016年4月から電力自由化が始まりますよね。

電力小売の自由化によって一般企業からも電気を買えるようになり、節約の選択肢が増えるのはうれしいですが、「どのサービスがお得なの・・・?」と迷ってしまいます。

このページではガソリンスタンドを運営する、昭和シェル石油の「ガソリンが10円/L安くなる電気(ドライバーズプラン)」について、本当にお得なのかどうか説明していきますね。

昭和シェル石油の電力サービス

「電力自由化」の特徴や、メリット・デメリットは以下のページをチェックしてみてください。

「ガソリンが10円/L安くなる電気」のメリット・デメリットを要約

昭和シェル石油(ガソリンが1:円:L安くなる電気)
引用:ガソリンが10円/L安くなる電気

昭和シェル石油の電力自由化プランは特徴が多いため、忙しい方に向けに要約してみました。

  • 2016年時点ですでに8年以上の送電実績がある
  • 契約期間は1年:年会費等無料
  • 電気代が月6,000円以上の方はお得になる料金プラン
  • クレカ・Pontaカード併用でガソリン代が10円〜最大23円も安くなる特典も
  • 申し込みはインターネットから
  • 解約金、違約金等は発生しない

昭和シェル石油の電力事業の特徴とは?

新しい電力サービスと契約するとなると「安心して電気を買える会社なの?」が心配になりますよね。

昭和シェル石油はガソリンスタンドでは有名ですが、「電気」との結びつきがあまりイメージできないと思います。

でも、実は10年以上前から電力事業に取り組んできた実績があるんです。

2003年から電力事業を開始

一般家庭向けの電力自由化は2016年からのスタートですが、実は2000年から段階的な準備が進められてきました。

昭和シェル石油は2003年から電力事業に参入し、2008年から小売を開始しています。

  • 2003年:発電事業開始
  • 2008年:電力小売り事業者に登録
  • 2008年:法人向け電力の販売開始
  • 2016年:一般家庭向け電力の販売開始

昭和シェル石油グループは、ガソリンを中心としたエネルギー開発を110年以上も続けています。

自社の発電施設から電気を安定供給

昭和シェル石油の強みは、自社発電所の存在です。

長年に渡って開発を続けてきた発電所が全国にあることで、電気を効率的に提供できるようになっています。

一般家庭の電力量とは比較にならない「法人向け電力」で、すでに8年の供給実績を持っていることも安心材料だと思います。

「ガソリンが10円/L安くなる電気」のサービス内容

昭和シェル石油から発売されるのは「ガソリンが10円/L安くなる電気(ドライバーズプラン)」です。

その名の通り、電力を買うことでガソリン代が割引されるお得なプランになります。

電力供給サービス対象エリアの一覧

昭和シェル石油の電力自由化サービス対象エリアは以下の通りです。

  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 山梨県
  • 静岡県の一部(富士川以東)

これは東京電力の送電エリアになりますね。

契約期間・年会費・手数料・工事費用は?

契約期間と年会費等は、下記の通りです。

  • 契約期間:1年間(自動更新)
  • 年会費:無料
  • 手数料:不要
  • 工事費用:不要

原則的に1年契約となり、解約の申し出がなければ自動更新される仕組みです。

年会費や手数料は一切かかりません。

【比較用】東京電力の料金プランは?

「ガソリンが10円/L安くなる電気」の料金プランを確認する前に、東京電力の料金を見てみましょう。

基本料金は下記の通りです。

  • 10A:280円80銭
  • 15A:421円20銭
  • 20A:561円60銭
  • 30A:842円40銭
  • 40A:1,123円20銭
  • 50A:1,404円00銭
  • 60A:1,684円80銭

そして電気量料金は以下のようになります。

  • 最初の120kWhまで::1kWhあたり:19円52銭
  • 120kWhをこえ300kWhまで:1kWhあたり:26円00銭
  • 上記超過:1kWhあたり:30円02銭

(*いずれも2016年6月1日から適用される料金です。)

参考値として確認してくださいね。

昭和シェル石油の電力自由化の料金プラン

それでは「ガソリンが10円/L安くなる電気」の料金プランを確認してみます。

  • A(定額):0〜100kWh:1,952.00円+280.80円×契約電流(A)÷10、または1,952.00円+280.80円×契約電流(kVA)
  • B(定額):101〜200kWh:A+2,470.40円
  • C:201〜300kWh:B+26.00円×(200kWhを超過し300kWhまでの使用電気量)
  • D:301kWh以上:C+30.02円×(300kWhを超過した使用電気量)

電気使用量が600kWhを超えた場合は、「プレミアム割引」になります。

  • 600kWh以上:1.00円×使用電気量

ちょっと複雑な料金プランですが、電気使用量600kWh以上の場合は「プレミアム割引」になるのが大きなポイントです。

参考までに「30A」「電気使用量:290kWh」の料金を、東京電力と比較をしてみました。

  • 東京電力:7,604円
  • ガソリンが10円/L安くなる電気:7,602円

この場合は、東京電力とほぼ同じ料金ですね。

次に「30A」「電気使用量:700kWh」で比較してみましょう。

  • 東京電力:19,872円
  • ガソリンが10円/L安くなる電気:16,970円

600kWhを超えた電気料金には「プレミアム割引」が適用されますので、一気にコストメリットがでました。

差額は2,902円にもなります。
これを年間にすると34,824円です。

「電気使用量:290kWh」の比較では東京電力とほぼ同じ料金になりましたので、600kWh以上の電気を使う方であればお得になりますよ。

このあと紹介するガソリン代の割引特典もチェックしながら、検討してくださいね。

特典1:ガソリン代が割引になる

「ガソリンが10円/L安くなる電気」に契約すると、サービス提供エリアの昭和シェル石油で以下のガソリン割引が得られます。

  • レギュラー・ハイオクガソリン:1Lあたり10円割引
  • 軽油:1Lあたり5円割引

自家用車の維持費では、ガソリン代が大きな割合を占めますよね。

ガソリン代をいかに安くするか?は家計節約の大きなポイントですから、10円の値引きは大きいです。

特典2:昭和シェル石油のカード払いでガソリン代がさらにお得

昭和シェル石油の提携カードで支払いをすると、ガソリン代がより安くなります。

  • シェルスターレックスカード:1Lあたり最大23円割引
  • シェル-Pontaクレジットカード:1Lあたり10円割引+2ポイント
  • 現金Pontaカード:1Lあたり10円割引+1ポイント

シェルスターレックスカードは、6ヶ月間のカード利用額に応じてガソリン代のキャッシュバックがあります。

  • 利用額60万円以上:ハイオク13円:レギュラー&軽油8円の割引
  • 利用額42〜60万円:ハイオク11円:レギュラー&軽油6円の割引
  • 利用額30〜42万円:ハイオク9円:レギュラー&軽油4円の割引
  • 利用額12〜30万円:ハイオク6円:レギュラー&軽油3円の割引
  • 利用額12万円未満:ハイオク4円:レギュラー&軽油2円の割引

シェルスターレックスカードのキャッシュバックに、「ガソリンが10円/L安くなる電気」の割引特典を合わせると、ハイオクガソリンで最大23円、レギュラーガソリンで最大18円の割引になります。

シェル-Pontaクレジットカードは、昭和シェル石油の給油で1Lあたり2ポイントが、シェルPontaカードは1Lあたり1ポイントが貯まります。

このように昭和シェル石油提携カードを使うことで、ガソリン代やポイント面でさらにお得になります。

スタンドによってガソリン価格は違うものですが、ここまで安くなるのであれば、昭和シェル石油を徹底的に活用したいですね。

現金払いをするなら、ポイントが貯まるPontaカードを利用したいところです。

特典3:電気使用量600kWh以上で1kWhあたり1円引き

電気使用量が600kWh以上になると、プレミアム割引として「1kWhあたり1円割引」になる特典もあります。

わが家の電気代は、ガスファンヒーターをよく使う12月で「290kWh」なので、プレミアム割引になる600kWhの半分以下です・・。

たとえばたくさんの電気を使用するオール電化住宅にお住まいの方であれば、安くなる水準だと思います。

電気代・ガソリン代の節約イメージ

ここまで解説してきた料金プランと割引特典から、「どのような方にメリットがあるのか?」をまとめてみました。

  • 現在の電気料金が6,000円以下:電気料金が高くなる
  • 現在の電気料金が6,000円〜17,000円:電気料金はそのままでガソリン代が安くなる
  • 現在の電気料金が17,000円以上:電気料金もガソリン代も安くなる

現在の電気代が6,000円以下の場合は、ガソリン代の値引きがあったとしてもコストアップする可能性が高くなります。

電気代が6,000円以上であれば、ガソリン代や電気代の節約につながりますよ。

支払い方法はクレジットカードと口座振替に対応

支払いは以下の方法に対応しています。

  • クレジットカード
  • 口座引落(振替)

対応しているクレジットカードは以下の通りです。

おすすめはクレジットカード払いです。
一括払いにしておけば、その分だけポイントが貯まりますからね。

還元率の高いカードを選べば、電気代の負担を少し軽くすることができますよ。

「ガソリンが10円/L安くなる電気」の申込はインターネットから

「ガソリンが10円/L安くなる電気」の申し込みは、インターネットのみになります。

ネットで料金シミュレーションができますので、想定節約額を計算して、もし安くなるようでしたら申し込み手続きに進みましょう。

申し込みをした後、スマートメーター設置工事(無料)が完了したら「契約開始」の通知がメールか郵送で届きます。

電力会社の切替手続きは代行してもらえる

申込手続きが完了したあと、やるべきことはとくにありません

現在利用している電力会社の解約や、切替手続きはすべて代行してもらえますので、「契約開始」の通知を待つだけになります。

解約手数料(途中解約金・違約金等)はかからない

使ってはみたけど、思ったほど料金が安くならない場合や、他にいいプランが見つかったことで、解約する可能性もありますよね。

「ガソリンが10円/L安くなる電気」の契約期間は1年間で、解約の申し出がない限りは自動更新されます。

契約期間中に解約したとしても、以下の費用はかかりません。

  • 入会金:無料
  • 途中解約金:なし
  • 違約金:なし

入会するときも、解約するときも費用がかからないのは安心ですね。

いつでも好きなタイミングで解約して次のサービスに乗り換えることができます。

大規模な工事を行った場合のみ実費請求される可能性

基本的に解約費用はかかりません。

ただ、公式サイトにあった「大規模な工事を行った場合のみ、実費請求する可能性があります」の一文が気になりましたので、電話で確認してみました。

オペレーターさんが言うには、例えば電気が通っていない山奥に引っ越した場合は、電線などの送電設備を配置する必要があります。

そのような大規模な工事を行った上でサービスに契約し、1年以内に解約した場合は、工事費用を実費請求する可能性があるとのことでした。

「電気が通っていない場所に引っ越す」のは稀なケースなので、頭に入れておく程度で大丈夫だと思います。

引っ越し以外の理由で解約した場合は再契約を拒否される可能性も

引っ越し以外の理由でサービスを解約した場合は、半年以内の再契約を拒否される可能性があるようです。

解約する場合は、再契約しないことを前提にしておきましょう。

さいごに

「ガソリンが10円/L安くなる電気」は、現在の電気代が月6,000円以上の方にメリットがあるサービスです。

割引特典として、ガソリン代が大きく割引されるのもうれしいですよね。

月々の電気代とガソリン代のバランスを見ながら、お得になるようでしたらぜひ検討してください!

昭和シェル電力のガソリンが10円/L安くなる電気の詳細はこちら

おまけ:他社の電力サービスと比較される方へ

電力市場に参入した企業のサービスはとても多いです。

自分に合ったサービスを探してみましょう。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

小林 敏徳

2013年にうつ病を経験。10分前行動でもキレられる人間から、30分遅刻でも褒められる人間になりました。インタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る