請求書をもらったあとの支払いを即払いにする2つの理由

松本 博樹の画像

自分が人に仕事をお願いしていると、請求書をいただきますよね。

無償で仕事をお願いするわけにはいきません。

請求書をいただいた時ですが、支払いのタイミングはどうしていますか?

私は、請求書をもらった瞬間にすぐ支払手続きをするようにしています。

請求書の支払を即払いにする理由

すぐに支払い手続きしないと忘れてしまうから

私がすぐに支払いをする理由の1つに、すぐに手続きを済ませておかないと、請求書をもらったこと自体を忘れてしまうからです。

請求書をもらったことを忘れてしまうと、支払いが滞ってしまうので、相手に迷惑をかけてしまいますよね。

そんなことはしたくないし、むしろ支払いができることはよろこびでもあるので、迷惑はかけたくありません。

相手からするとすぐにもらえた方がうれしいから

今度は、受け取る側の立場になって考えてみましょう。

請求書を出して、お金を受け取るのが1ヶ月後や2ヶ月後になるのは、うれしいことでしょうか。

それが当たり前になっている部分もありますが、相手からすると1日でも早く受け取りたいと思うものです。

私自身、生活が苦しい時代に早く受け取りたかった・・・という経験があるので、自分が支払側に回った時は、すぐに支払うようにしています。

支払日の予約もできるのですが、そんなことをするよりもすぐに支払った方がお互いすっきりするし、気持ちいいと思います。

私はジャパンネット銀行を使っています

私は今、合同会社の代表をしています。

そのため、法人口座からの振り込みになるんですよね。

私が即払いするために使っているのは、ジャパンネット銀行です。

振込手数料も安く設定されているし、ネット銀行なので、その場での支払いがやりやすいのがいいんですよね。

支払いする時は相手の立場で考えよう

仕事の支払いができるたびに、ものすごくありがたい気持ちになります。

今の自分を支えてくださってるわけですからね。

支払いができるということは、わかりやすいお礼ができるということです。

お礼は早くした方がいいですよね。
そう思いながら、自分が忘れないためにも請求書が来たらすぐに支払うようにしています。

参考:私の仕事に対する考え方はこちらで読めます

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。節約アドバイザー・クレジットカードアドバイザー。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール