容量無制限のAmazonプライム・フォトの使い方と他のサービスとの使い分けの考え方

スポンサーリンク

写真をたくさん撮っていると、どんどんたまってきますよね。
そうなると、どこに保存すればいいのかという、別の悩みが出てきます。

Amazonのプライム会員向けに始まった「プライム・フォト」は、日ごろ写真を扱うならばぜひ使いたい、容量無制限のフォトストレージサービスです。

このページでは、プライム・フォトというプランと、さまざまなファイルをクラウド上に保存できるAmazon Cloud Driveの概要および使い方を紹介しますね。

Amazonプライムフォト

Amazon Cloud Driveとは

AmazonCloudDrive
引用:Amazon Cloud Drive

Amazon Cloud Driveは、2016年1月に始まったばかり。無料で5GBまでデータを保存できるサービスです。

デスクトップアプリ、iPhoneアプリ、Androidアプリ、ウェブ版があり、いつでもどこでもデータにアクセスできます。

年額800円で20GB、年額2,000円で50GBまで容量を増やすことができます。

プライム・フォト、プライム会員とは

AmazonCloudDrive
引用:Amazon Cloud Drive

Amazon Cloud Driveの驚くべき特徴は、会員向けにプライム・フォトという枠組みで、容量無制限のフォトストレージを提供していること。

プライム・フォトは、年額3,900円のプライム会員に登録すれば誰でも利用できます。

対応しているファイルの形式は、JPEG(.jpgまたは.jpeg)、BMP(.bmp)、PNG(.png)、TIFF(.tiff)、主要なRAWファイルの写真となっています。

RAWファイルとは、カメラメーカーが独自に定めた高画質のデータのこと。プライム・フォトに対応しているファイル形式は、こちらのページから確認できます。

動画ファイルはプライム・フォトの対象になっていないので、注意してくださいね。

プライム会員の特典はプライム・フォトだけではなく、映画見放題のプライム・ビデオ、音楽聴き放題のプライム・ミュージックも含まれています。

会員料金は月額に換算すると、たったの325円。格安です!

Amazon Cloud Driveの使い方

ここからは、Amazon Cloud Driveの使い方を紹介していきます!

デスクトップアプリ、ウェブ版の使い方

まず、パソコン内のファイルを簡単にアップロードできるデスクトップアプリをインストールしてみましょう。

AmazonCloudDrive
引用:Amazon Cloud Driveアプリ

アプリを起動しログインしたら、アップロードしたいフォルダを選びます。

AmazonCloudDrive4

デスクトップアプリは、Mac OSの場合、メニューバーに常駐しています。

アップロードした写真を見たいときは、「お客様のCloud Drive」をクリックし、ウェブ版のAmazon Cloud Driveにログインします。

AmazonCloudDrive
引用:Amazon Cloud Driveウェブ版

自動的に日付順に並べ替えられているので、見やすいですね。

AmazonCloudDrive
引用:Amazon Cloud Driveウェブ版

写真をひとつ選択すると、「写真を編集する」「アルバムに追加」「共有」「ダウンロード」「削除」とメニューが表示されます。

アルバム機能は、いくつかの写真に名前をつけてまとめられます。

AmazonCloudDrive
引用:Amazon Cloud Driveウェブ版

1日ずつ自動的にアルバムを作成してくれるThis Dayアルバムを使えば、眺めているだけで思い出に浸れるんです。

AmazonCloudDrive
引用:Amazon Cloud Driveウェブ版

使用しているストレージの容量を確認するには、画面右上をクリックしてメニューを開き、「ストレージの管理」をクリックします。

1,000MB分の写真をアップロードしていますが、使用可能な5GBの容量は満たしていないことがわかりますね。

スマートフォンアプリの使い方

続いて、スマートフォン用のアプリを使ってみましょう。

ここでは、iPhone用アプリの画像を紹介します。
アプリを起動してログインすると、自動保存をオンにする画面が表示されます。

AmazonCloudDrive
引用:Amazon Cloud Driveアプリ

Wi-Fiに接続した状態なら、スマートフォンで撮影した写真が何もしなくてもアップロードされていくので、とても便利です。

AmazonCloudDrive
引用:Amazon Cloud Driveアプリ

プライム・フォトとGoogleフォトの違いは?

プライム・フォトは無圧縮のデータを無制限に保存できる

写真に特化した同様のクラウドストレージサービスとして、Googleが提供するGoogleフォトがあります。

Googleフォトでも、無制限に写真を保存できますが、それは「高画質」設定にした場合のみです。

「高画質」設定では、サイズの大きな写真や一眼レフで撮影した写真は、圧縮されてアップロードすることになります。

一方で、「元のサイズ」設定にしてオリジナルのデータを保存すると、Googleアカウントの無料の保存容量15GBを消費してしまいます。

この点、プライム・フォトにはどんなサイズの写真も圧縮することなく、いくらでも保存できるというメリットがありますね。

Googleフォトは検索機能がすぐれている

Googleフォトにあって、プライム・フォトにない機能は、強力な検索機能です。

もちろんプライム・フォトでも写真の名前でファイルを検索できるのですが、Googleフォトの検索機能は、人物やもの、場所の名前も対象になっています。

Googlephotos
引用:Googleフォト

これはプライム・フォトにはない機能です。探してすぐに見つけたい写真は、Googleフォトにも保存しておくと良いでしょう。

写真はAmazon。その他はDropboxやGoogle Drive併用がおすすめかも

ここまで紹介したサービスの特徴を考えると、いくつかのクラウドストレージサービスを使い分けてみるのもおすすめです。

圧縮せずにオリジナルの写真データを無制限に保存したいなら、プライム会員になってAmazon Cloud Driveのプライム・フォトを利用しましょう。

写真以外のデータは、DropboxやGoogle Driveなどの無料で利用できるクラウドストレージサービスに保存できます。

容量を気にせずにアップロードできるプライム・フォトは、パソコンからもスマートフォンからも簡単に使えます。

普段からたくさん写真を撮っているなら、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

木村 一輝

木村すらいむ(木村一輝) 文脈をテーマに、フリーランスとして活動中。 ブログ「文脈をつなぐ」 ネットラジオ「文脈ラジオ」、ライティング・文字起こし・イベント企画・ホームページ制作など。 1992年・群馬生まれ。東京工業大学大学院卒(修士・数学)。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!