ENEOSでんきのサービス内容・割引特典・解約手数料について。クレジットカードとTポイントの活用で電気代が安くなる

スポンサーリンク

こんにちは、ミラクリを運営している小林敏徳(@enrique5581)です。

2016年4月1日から「電力自由化」が始まります。

今までは大手電力会社から購入するしかなかった電力小売りが自由化されることで、いろんなサービスから家庭に合った料金プランを選び、電気代節約の選択肢を広げられるのはうれしいことです。

ぼくがよく利用するガソリンスタンドのENEOS(エネオス)からも「ENEOSでんき」が発売されることで、気になっています。

ENEOSでんきの割引特典を含めたサービス内容と、解約についてご紹介します。

そして、もっとも気になる「どれくらいの電気代節約につながるのか?」を計算してみました。

ENEOSでんき

ENEOSでんきとは?

ENEOSでんき

ENEOSでんきとは、ENEOSを運営するJXエネルギーが発売する電力サービスのことです。

電気を使えば使うほどコストが安くなる料金プランを設定しており、ガソリンスタンドや提携クレジットカードとの併用でキャッシュバックを受けることができます。

事前受付とサービス開始時期

ENEOSでんきの事前受付とサービス開始時期は以下の通りです。

  • 2016年1月1日〜事前受付開始
  • 2016年4月1日〜サービス提供開始

2003年から電力事業に参入した実績がある

電力自由化の記事でもご紹介しましたが、2016年4月1日から始まる電力小売りの全面自由化は、実は2000年から段階的に準備が進められ、まずは大規模ビルや工場の送電から始まりました。

JXエネルギーは2003年から電気市場に参入して、オフィスビルや学校などの大型施設に送電を開始。2016年時点ですでに10年以上の実績があります。

大手電力会社から一般企業の電力サービスに切り替えたときに、一番心配なのは「電力の安定供給」ですから、10年以上の実績があると安心できますよね。

11ヶ所の自社発電所から電気を安定供給

JXエネルギーは北海道から九州まで、全国に11ヶ所の自社発電所を保有しており、安定的に電気を供給してくれます。

もともとエネルギー開発に取り組んできた企業ですから、長年培ってきた安定供給のノウハウがあることも安心感が出ますね。

ENEOSでんきのサービス内容

ここからは、ENEOSでんきのサービス内容について見ていきましょう。

サービス対象エリア

ENEOSでんきのサービスが利用できるのは、東京電力の管轄エリアになります。

  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 山梨県
  • 静岡県の一部(富士川以東)

残念ながら、他の地域ではENEOSでんきを使うことができません。

契約期間と手数料

  • 契約期間:1年間
  • 契約手数料:無料
  • 解約手数料:原則として不要
  • 請求書・領収書・利用明細書の発行:1通162円(税込)
  • 支払証明書の発行:1通756円(税込)

請求書等の手数料は、発行しなければ発生しません。

解約手数料の有無は契約内容によって異なりますので、あとで説明しますね。

基本料金

1契約あたりの基本料金は下記の通りです。

  • 10A:280.80円
  • 15A:421.20円
  • 20A:561.60円
  • 30A:842.40円
  • 40A:1,123.20円
  • 50A:1,404.00円
  • 60A:1,684.80円
  • 6kVA以上(49kVAまで):280.80円

ここで参考までに、わが家が加入している関西電力の料金プランと比較してみます。

よほど大きな電力を必要としないかぎり、一般家庭のほとんどが加入するプラン「従量電灯A」の基本料金は以下の通りです。

  • 従量電灯A:15kWhまで:373.73円

従量料金

電気を使用した分だけ支払う従量料金は下記の通りです。

  • 最初の120kWhまで:20.76円/kWh
  • 120kWhをこえて300kWhまで:23.26円/kWh
  • 300kWhをこえる分:25.75円/kWh

関西電力「従量電灯A」の従量料金は以下の通りです。

  • 15kWhまで:一律373.73円
  • 15kWh超過120kWhまで:22.83円/kWh
  • 120kWh超過300kWhまで:29.26円/kWh
  • 300kWh超過分:33.32円/kWh
ENEOSでんきの割引特典

ENEOSのセルフガソリンスタンド

つぎにENEOSでんきの割引特典をご紹介します。

ENEOSカード払いでガソリン代を割引

ENEOSでんきの料金をENEOSカード払いにすることで、ガソリン代が割引されますよ。

  • ENEOSカード S:ガソリン・軽油が2円/L、灯油が1円/Lの割引
  • ENEOSカード P:ENEOSの利用で最大3%のポイント還元
  • ENEOSカード C:カード利用額に応じてガソリン・軽油が最大7円/Lの割引

上記から「さらに」ガソリン・軽油・灯油が1円/Lの割引(月々150Lまで)もあります。

ENEOSカードを使ってガソリンスタンドを利用するだけでもガソリン代が安くなりますが、ENEOSでんきの料金支払いでさらに割引されます。

これは車をよく利用する人にとってありがたい特典ですよね。
電気代を節約するのと合わせて、ENEOSのガソリン代も安くしていきましょう。

2年以上の使用で電気代が安くなる

ENEOSでんきの「にねんとく割」プランに加入すると、最大2年間の電気料金が割引されます。

「3年目以降はどうなるの?」が気になるところですが、3年めに契約を自動更新したあとは電気代がさらに安くなりますよ。

  • 1〜2年で0.2円/kWhの割引
  • 3年目以降は0.3円/kWhの割引

長期間使うほど料金が安くなるプランです。

ぼくの家庭で使った290kWhで計算すると、月に58円の割引があります。

提携クレジットカードでキャッシュバック

ENEOSでんきの料金を提携クレジットカード払いにするとポイントやマイルが貯まりますよ。

いつもよりお得になるクレジットカードの一覧は以下の通りです。

なんと、6枚ものクレジットカードでポイントやマイルが貯めやすくなります。

通常時よりもポイントが貯まる仕組みになっていますので、ぜひいずれかのカードで支払いたいところです。

Tポイントが貯まる

ENEOSでんきでは、電気代に応じてTポイントを貯めることもできます。

2016年4月1日以降に下記の手続きをすることで、200円につき1ポイントが貯まりますよ。

  1. ENEOSでんきと契約
  2. お客さまページにログイン
  3. Yahoo! JAPAN IDを入力

TSUTAYAやコンビニ等で幅広く使えるTポイントのキャッシュバックもうれしいですよね。

わが家で使った場合の節約金額

electrical-cost5

ここまではENEOSでんきの特徴と割引特典を紹介してきましたが、実際に契約することでどれくらいの光熱費節約につながるのかをシュミレーションしてみます。

残念ながら、ぼくが住んでいる大阪はサービス対象エリアから外れていますが、参考までに公式サイトの「料金シュミレーター」で節約額を計算してみました。

年間5,362円も電気代が安くなる

関西電力と契約している内容を入力してみます。

ENEOSでんきの料金シュミレーター

年間5,362円も節約できるという結果がでました。

ENEOSでんきの料金シュミレーター

家計の大きな割合を占める水道光熱費を節約できるのはうれしいですよね。

しかもENEOSでんきは使えば使うほどお得になる料金設定なので、今後のライフスタイルによってはもっと節約できる可能性があります。

ANAカード払いでマイルが貯まる

ENEOSでんきの料金を「ANAカード」払いにすると、200円で1マイルが貯まります。

料金シュミレーターに表示された年間の電気代でマイルを計算してみます。

  • 年間86,540円:432マイル

わが家はENEOSに年間60,000円のガソリン代を支払っていますので、その分のマイルも計算してみます。

  • 年間60,000円:300マイル

ENEOSでんきとガソリンスタンドを併用することで、年間732マイルも貯められるのはうれしいです。

ENEOSでんきの解約について

ENEOSでんきを使ったとしても、解約するタイミングが来ることもあるでしょう。

解約金・違約金は必要?

もっとも気になることは「解約するときは、解約金や違約金が必要かどうか」ですよね。

結論は以下の通り。

  • 解約金:必要な場合がある
  • 違約金:不要

ENEOSでんきには「違約金」の規定はありませんが、契約プランによっては「解約金」が必要になるケースがあります。

お客様専用ダイヤルに電話して聞いてみました。

1年間の通常契約は解約金不要

ENEOSでんきは通常1年間の契約になりますが、途中解約しても解約金は発生しません。

実際に使ってみて「以前よりも電気代が高くなってしまった…」みたいなケースでも、気軽に他社サービスへ乗り換えることができます。

送配電設備の工事を依頼した場合は実費費用がかかる

稀なケースではありますが、たとえばご契約者様が電気が通っていない山奥に引っ越しをされて、電線などの送配電設備を設置する必要があるときは、こちらから東京電力さんに工事を依頼します。

送配電設備の工事が完了したにも関わらず、わずかな期間でまた引っ越しをされる場合は、工事費用を実費請求させていただく”可能性“があります。

とのことでした。
そして前例がないため、東京電力から請求がくるのかどうかも明言できないそうです。

具体的な工事費用は教えていただけませんでしたが、おそらく数百万円レベルの話になると思われます。

電気が開通していない土地に住むのは稀なケースだと思いますが、もしそのような地域に引っ越しをする場合は、念のためENEOSでんきの利用を避けた方がいいでしょうね。

「にねんとく割」を途中解約すると解約金がかかる

にねんとく割でご契約された場合は、途中解約に「1,080円」の解約金がかかりますが、ご契約後23〜24ヶ月目であれば解約金は不要です。

2年間の電気代が割引され、3年目以降の電気代はもっと安くなる「にねんとく割」を検討することがあるかもしれませんが、解約金がかかることは覚えておきたいですね。

契約してから「23〜24ヶ月目」は更新月とみなされますので、解約したい場合はその2ヶ月の間に手続きしましょう。

携帯会社みたいに解約金は高くないですが、割引できる金額を考えると高い解約金ですので、気をつけてくださいね。

「にねんとく割」の契約者が引っ越しすると解約金がかかる

申し訳ありませんが、お引っ越し先でENEOSでんきのサービスを引き継ぐことはできません。

一旦解約手続きをしてから、新居で新しく契約していただくこととなります。

通常契約であれば解約金は不要ですが、「にねんとく割」でご契約されている場合は、1,080円の解約金が発生します。

引っ越しするときは「解約 → 新規契約」の手順を踏まなければいけない、これも忘れないようにしたいですね!

近々引っ越しをする可能性がある方は、通常契約にする方が無難ですが、「解約金1,080円」と「電気代の節約額」を比較してみるのがいいと思います。

他社への乗り換えは解約手続き不要

もしENEOSでんきから他社のサービスに乗り換える場合は、解約手続きは不要ですよ。

新しく契約した電力サービスが、ENEOSでんきへの連絡を代行してくれるからなんです。

月内に解約する場合は、基本料金を日割りしてくれます。

この点は、携帯会社よりも便利ですね。

引っ越しするときは解約手続きが必要

引っ越し先でもENEOSでんきを利用する場合は、新たに契約する必要がありますので、旧居の契約を解約することが必要です。

ENEOSでんきのお客さまページか、カスタマーセンターで解約手続きをしましょう。

ライフスタイルに合ったプランで水道光熱費を節約

電力自由化によって、水道光熱費節約の選択肢が増えるのはうれしいですよね。

今後も新規参入企業からあらゆる料金プランが発売されると思いますが、ご家庭のライフスタイルに合ったものを選べば家計節約の可能性が広がります。

ENEOSでんきは、ENEOSのガソリンスタンドやTポイントをよく利用する方にとってお得なサービスです。

さいごに

今回の要点をまとめると、以下の通りになります。

  • ENEOSでんきは10年以上の送電実績がある
  • 全国11ヶ所の自社発電所から安定供給してくれる
  • ENEOSでんきの対象エリアは関東が中心
  • ENEOSカード払いでガソリン代が割引になる
  • 提携クレジットカード払いでお得なキャッシュバック
  • Tポイントが貯まる
  • 2年以上使い続けると電気代が割引される
  • 解約の違約金は不要。解約金は発生する場合があるのでご注意を
  • 引っ越しするときは「解約 → 新規契約」が必要
  • 料金シュミレーターでコストを比較できる

ENEOSでんきは、提携クレジットカードやTポイントカードによるキャッシュバックが充実しているサービスです。

全国11ヶ所の自社発電所から10年以上も安定供給してきた実績は、安心させてくれる材料でした。

自然災害などのトラブルが起こったときに、家庭の電気がストップしてしまうのは不安ですからね。

ENEOSのガソリンスタンドを使っていて、対象の地域に住んでいるのであれば、電気代とガソリン代の両方を節約できるチャンスですよ。

▼ENEOSでんきの詳細はこちらから▼

おまけ:他のサービスと比較される方へ

電力市場に参入してきた企業のサービスはまだまだありますよ。
他にもいろいろな企業がありますので、参考にしてみてください。

おまけ:水道光熱費を節約する方法

ENEOSでんきは「使えば使うほど安くなる」プランですが、まずは水道光熱費のムダ使いを減らしたいですよね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

小林 敏徳

Toshinori Kobayashi/Japan/Osaka/Twitter:@enrique5581 プロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る