【2018年版】1月の株主優待でおすすめの人気7銘柄と個人的ランキング

スポンサーリンク

新年最初の1月。
株主優待の世界では、1月はそれほど多くありません。

そんな中でも、チェックしておきたい株主優待がいくつかありますので、新年からいい株主優待をもらえるようにしていきましょう。

このページでは、1月のおすすめ株主優待をまとめて紹介していきますね。

1月のおすすめ株主優待

優待取得前に証券会社の口座を作っておこう

このあとで1月のおすすめ株主優待を紹介しますが、優待を取得するためには証券会社の口座がないといけません。

もし、まだ証券会社の口座がないのであれば、この機会に作っておきましょう。
口座開設自体は無料で、持っておくだけであれば一切お金はかかりませんよ。

おすすめどころを一覧にしてみました。
私は全部の証券会社に口座開設していますよ。

1月のおすすめ株主優待の一覧

ここからは、個人的に欲しいと思えるおすすめの株主優待を紹介していきますね。

1月に権利確定日を迎える銘柄ばかりです。

ダイドードリンコ(2590)

ダイドードリンコは、1月20日が権利確定日となっています。
1月末ではありませんのでご注意ください。

自動販売機のジュースなどで有名なダイドードリンコは、自社製品の詰め合わせが届きますよ。

お店に行って買わずともダイドードリンコの飲み物が手に入るのは魅力的です。

すべての株主優待の中でもかなり人気がありますので、株主優待タダ取りなどで狙ってみましょう。

6,810円(2018年04月26日現在)

トーホー(8142)

スーパーマーケットで名前が知れているトーホー。
うちの近所にもトーホーがあります。

100株以上持っていれば、100円の割引券が25枚もらえますので、普段の買い物で節約になりますよ。

1,000円ごとに1枚しか使えないところに注意ですが、日常的に買いものするなら使い切れるはず。

6,810円(2018年04月26日現在)

シーズ・ホールディングス(4924)

シーズ・ホールディングス(旧:ドクターシーラボ)といえば、化粧品のイメージがありますよね。

シーズ・ホールディングスの株を200株以上持っていると、10,000円相当の化粧品がもらえますよ。
金額換算すると、かなり太っ腹な部類に入ります。

ドクターシーラボ製品を愛用しているのであれば、株主優待を取得すれば、あまりお金をかけずに化粧品をいろいろ試せますよ。

5,190円(2018年04月26日現在)

東京ドーム(9681)

読売ジャイアンツが本拠地にしている東京ドームでも株主優待があります。

保有株数が多くなれば、巨人戦の試合を株主優待で見ることもできますよ。

1,000株以上から持つことができ、その場合は500円の優待券が6枚もらえます。

1,056円(2018年04月26日現在)

鳥貴族(3193)

鳥貴族は焼き鳥専門店で有名ですよね。
あちこちで見かけると思います。

鳥貴族でも株主優待があって、100株以上で2,000円の食事優待券がもらえますよ。

鳥貴族で飲食する機会があれば、優待券を使うことで節約になりますね。

2,874円(2018年04月26日現在)

ながの東急百貨店(9829)

長野県に住んでいる方限定でお得になる株主優待になりますが、ながの東急百貨店は1,000株以上持っているだけで100円券が50枚もらえます。

ながの東急百貨店以外では北長野ショッピングセンターで1,000円以上の買い物につき10%割引してもらえますよ。

他の東急百貨店の場合は、3,000円以上の買い物で使えます。

206円(2018年04月26日現在)

モロゾフ(2217)

私が住んでいる地元の神戸ということでモロゾフをピックアップしたいです。

美味しい洋菓子が食べられるモロゾフの株主優待は、100株ごとに10枚綴りで1冊の優待券が届きます。

優待券1枚で税込1,080円までの現金の買い物に対して20%割引になるのが特徴です。

また、オンラインショップでも優待が使えますので、お中元やお歳暮のときにも節約できますね。

6,620円(2018年04月26日現在)

個人的な1月の株主優待おすすめランキング

これらの中で、個人的により欲しいと思える株主優待をランキングにしてみました。
優待内容だけで見ていますので、買いやすさはほとんど考慮していません。

  1. ダイドードリンコ
  2. シーズ・ホールディングス
  3. トーホー

日常的に使えるかどうかや、優待金額の高さで選んでみました。
ダイドードリンコはやっぱり1月の目玉なので、外せないですね。

クロス取引でお得に優待を取得しよう

株主優待をよりお得に取得するのであれば、証券会社の手数料とごくわずかな利息だけで株主優待が手に入る、クロス取引を利用しましょう。

「クロス取引って何?」という場合でも、以下のページで詳しく手順を紹介していますので、これを見ると株主優待生活がより楽しくなりますよ。

さいごに

1月に権利確定日を迎える株主優待で、自分が欲しいと思える優待を選んでみました。

1月は株主優待の数自体が少ないので、余裕資金があるのなら、株主優待タダ取りがやりやすいと思います。

1年のスタートで、なるべく多く株主優待を取得して、春頃に数多く届く体験をしてみましょう。

参考:1月20日に権利確定日を迎える株主優待の一覧
参考:1月末に権利確定日を迎える株主優待の一覧

株主優待を取得するために必要な証券会社のおすすめは以下のページで。

株主優待データベースでいろいろ探してみる!

株主優待を取得するのも含めて、いろいろと資産運用を考える場合は、SBI証券を使うのがおすすめです。

私も一番最初に作った証券口座ですよ。

おまけ:他の月のおすすめ株主優待は?

株主優待全体の中でおすすめを厳選した記事はこちらです。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る