結婚式のドレス代・タキシード代を安くするにはレンタルより購入がおすすめ!「何を買って何を借りるか」で考えよう

なつみとの画像

結婚式の資金は、メリハリをつけて使うべきだと思っているなつみとです。

ドレスやタキシードといった衣装はレンタルするのが普通ですが、わたしは購入したことで節約しました。

一般的には、結婚式にかかる費用のうち、衣装にはけっこうな金額がかかっています。
ゼクシイによると、結婚式でかかる衣装の金額は63万円。

この3着で平均63万円なんだそうです。

  • ウェディングドレス
  • カラードレス
  • 新郎のタキシード

わたし自身がはじめに見積もりを受け取った時点では、各種特典を利用した上で合計39万円となっていました。

もちろんはじめの見積額なので、実際にはもっと金額が上がる人のほうが多いはず。

そして、実際に衣装にかかったお金は約27万円。当初の見積もりよりも12万円、一般的な平均よりも36万円安くなりました。

なぜこんなに安くできたのか。

このページでは、結婚式にかかる衣装代を節約する方法を紹介いたします。
また、二次会で着る衣装や親族の衣装についても詳しく解説していきますね。

結婚式のドレス代とタキシード代を安くする方法

ドレスは実は、持ち込みの方が安くなる!

ドレスやタキシードは、わざわざ自分でドレスショップを探す必要はありません。会場が提携しているドレスショップで借りられるからです。

参考に、わたしが結婚式を挙げた会場だと、提携ドレスショップでは安いもので10万円程度、タキシードも10万円程度です。ドレスインナーとかタキシードの下に着るシャツ以外の小物はすべてそろっています。

もし、下着類も含めすべて安いものだけで揃えたとしたら、ウェディングドレスにカラードレス、タキシードで、それでも合計30万円になります。

わたしもはじめは提携ドレスショップに行きました。
特に「あの憧れのブランドのドレスがいい!」といったこだわりも無かったので、「一番安いやつから選べばいいや~」と思っていたのです。

しかし!
いざ行ってみると、最低額のプランでは良いドレスがありません。

いくらなんでもいいとは言え、自分の体型や雰囲気に合わないものは着たくありませんからね……。

結局、それなりに良さそうなものを借りようと思うととても10万円台では見つからない、という状況でした。

わたしは1回目の試着を終わらせたあと、すぐにネットで衣装の節約について調べました。

すると、衣装を購入して持ち込みにした方が安くなった、という体験談を見つけたのです。

外部で衣装を用意した場合は会場への「持ち込み料」がかかることも少なくありませんが、持ち込み料を合わせても、持ち込みにした方が安くなる可能性があることが分かりました。

【ワンポイント!】
持ち込み料は、交渉次第で下げてもらう・ゼロにしてもらうということもできます。
わたしも、契約前の時点でドレスのことをもっと真剣に考えていれば交渉していたはず……。
特に、「どうしても着たいブランドがある」とか「どうしてもオーダーメイドにしたいんです」など正当な理由があれば値引きしてもらいやすいはずですよ。