ユニクロのフリースフルジップパーカは真冬の普段着・ルームウェアに大活躍

スポンサーリンク

こんにちは!
小林敏徳(@enrique5581)です。

ぼくは「全身ユニクロの日」がよくあるほど、ユニクロ(uniqlo)にお世話になっています。

「ユニクロ”で”いい」と言われた時期がありましたが、今では「ユニクロ”が”いい」と表現されるほど、ファッションの中心的存在になりましたよね。

おしゃれで長持ちするファッションアイテムを、安く購入できるのは本当にありがたいです。

このページでは、ぼくが使っているユニクロのメンズファッションアイテムの中でも、おすすめの商品「フリースフルジップパーカ」を着てみた感想を紹介しますね。

かつてのぼくは、月10万円の洋服代をつかう浪費家でしたが、ユニクロのおかげで被服費が安くなっています。

ユニクロ冬アイテムの定番フリース

ユニクロは、カラーバリエーションが豊かなフリースで有名になりましたよね。

10種類以上が格安で発売されたときは本当に衝撃的でしたが、今では冬の定番アイテムとして根付いています。

ルームウェアのイメージがあったフリースアイテムが、普段着にしてもカッコいいところまで進化してきました。

ぼくは1年に1回、フリース素材のパーカーを購入し、とても重宝しています。

フリースフルジップパーカ(長袖)

uniqlo-fleece

フリースフルジップパーカ(長袖)」は普段着に、ルームウェアに、本当に大活躍してくれるんですよ。

しかもユニクロのフリースアイテムは、素材の薄さと着心地、そして保温性をどんどん向上させています。

ぼくが大好きなメンズアイテムです。

種類と値段

ユニクロのフリースパーカの種類

フリース素材でできたファッションアイテムは、種類が豊富です。

  • ジャケット
  • パーカ
  • 防風アイテム
  • ルームウェア

今回紹介する「フリースパーカ」の種類は2タイプ、合計7色が発売されています。

  • フリースフルジップパーカ(長袖)(5色):1,490円(税抜)
  • フリースフルジップパーカ(カモフラージュ・長袖)(2色):1,490円(税抜)

ぼくはブルーのLサイズを購入しました。

詳しい種類は公式サイトでチェックしてくださいね。

薄手とは思えない暖かさ

ユニクロのフリースパーカ(生地)

ユニクロのフリースは、本当に暖かい!

一般的なアウトドアブランドから発売されているフリースは、もっと「ゴワッ」としたイメージですよね。

ユニクロの素材は薄いですが、ぼくは冬場にフリースパーカだけを羽織って出かけることもあり、その暖かさには驚かされます。

「衣服内温度を1.5度アップさせるフリースパーカ」を目指して開発されたこともうなずけますよね。

ユニクロのフリースパーカ(生地の薄さ)

ユニクロのフリースは全体的にスリム設計で、腰と手首の部分が引き締まっており、スマートに着こなすことができます。

冬のファッションアイテムは”着ぶくれ”しにくいことも大切なポイントですから、フィット感を重視したいですよね。

自宅で洗濯できるのが便利

ユニクロのフリースパーカ(自宅で洗濯できる)

フリース素材の服を購入するときに、もっとも気になるのが「洗濯」です。

暖かくて、真冬は片時も手放したくない服をクリーニングにだすのは大変ですよね。
自宅で洗濯できるフリースを開発してくれたユニクロさんに感謝しかありません。

汚れや臭いがついたとき、自宅の洗濯機で洗い、またすぐに利用できます。

フリースパーカのおすすめの着こなし方は?

ぼくはユニクロのフリースパーカを、普段着からルームウェアまで、幅広く活用しています。

ここからは、おすすめの着こなし方を今までの経験を元に紹介しますね。

大きめサイズをゆったり着こなす

ユニクロのフリースパーカ(着用時:正面)

ぼくは「いつもよりワンサイズ上」を購入するようにしています。

その理由は、普段着〜寝間着(パジャマ)まで使用するからです。

普段着にするのであれば、ピタッとしたサイズを着こなしたくなりますが、ルームウェアやパジャマにするのであれば、大きめサイズの方がゆったり着れますよね。

普段のぼくは「Mサイズ」を購入していますが、フリースパーカに関しては「Lサイズ」を購入します。

ぼくの身重は174cm。
Lサイズでもピタッと着こなせます。

ユニクロのフリースパーカ(着用時:裏面)

腰回りと、手首の部分が引き締まっているので、多少大きくても問題なく着ることができます。

寝るときに着ても、これだけゆったりしていれば安心。しかも暖かいので「快眠の友」になりますよ。一度味わったら手放せません。

冗談抜きで、真冬は毎日着ています(笑)

アウターに合わせて重ね着できる

ユニクロのフリースパーカ(重ね着:正面)

ユニクロのフリースの便利なところは、重ね着できるところです。

一般的なフリースアイテムを重ね着するなんて、あり得ませんよね?
着ぶくれしたり、ジャケットのチャックが閉まらなかったりするものです。

ユニクロのフリースであれば、ジャケットの中に着ても問題ありません。

ユニクロのフリースパーカ(重ね着:裏面)

後ろから見ても、着ぶくれしてる感じが全然ないと思います。

真冬はあまりの寒さに、アウターのなかにインナーやシャツを着たくなるときがありますので、防寒対策にも活用できますよ。

普段着・ルームウェア・パジャマに大活躍

「フリースフルジップパーカ(長袖)」の特徴をまとめると、以下の通りです。

  • 生地が薄い
  • おしゃれなデザイン
  • スリム設計
  • カラーバリエーションが豊富
  • 動きやすい着心地

ぼくとしては、文句のつけようがないぐらい大好きなファッションアイテムです。

真冬の11月〜3月頃まで、ほぼ毎日使用しますので、1シーズンに1回だけ買い換えるようにしています。

もちろん翌年も使える状態にはあるのですが、毎日着るからこそ「そのシーズンのお気に入り」にこだわって、新しい物を購入したくなるんですよね。

しかも1,490円(税抜)
十分に元は取れてると思います。

週末セール・大感謝祭がお買い得

ユニクロ感謝祭のセール商品

「フリースフルジップパーカ」は、ユニクロの週末セールや、年に1〜2回開催される大感謝祭で購入するのがお得です。

ぼくは大感謝祭で購入しましたが、そのときは発売当初だったこともあり、まだ値下げはされていませんでした。

週末セールになると、1,200円程度で購入できるときがありますので、安いときを見計らって上手に節約してくださいね。

以下のページは、ユニクロ大感謝祭で買い物をしたときのレポートです。

レディースもあります

ユニクロのフリースアイテムは、レディースもありますよ。

  • ジャケット
  • パーカ
  • プルオーバー
  • コート
  • ルームウェア

レディースには、より普段着に適した商品がたくさんあり、「防風フリースコート(長袖):2,990円(税抜)」などは冬場に重宝しそうですね。

思わず欲しくなるかもしれませんが、衝動買いには気をつけてましょう。

さいごに:要点のまとめ

  • フリースフルジップパーカ(長袖)がおすすめ
  • 生地が薄いのに暖かい
  • 普段着〜寝間着(パジャマ)まで大活躍
  • 大きめサイズを購入するのがおすすめ
  • 自宅で洗濯できるのが便利
  • 重ね着にも活用できる
  • 週末セール・大感謝祭での購入がお得
  • レディースアイテムもある

ユニクロ(uniqlo)のメンズファッションアイテムの中でも、とくにおすすめだと思っている商品「フリースフルジップパーカ(長袖)」。

ぼくはとにかくこの商品が大好きで、2013年から愛用しています。

1年に1回買い換えてまだ3着目ですが、ほぼ毎日着用するので、それ以上の愛着があります!

着心地と保温性がすばらしく、しかもコストパフォーマンスが良いユニクロのフリースアイテムはおすすめですよ。

室内で温かく過ごせたら、結果的に冬の暖房代まで安くできそうですね。

もし、フリースフルジップパーカを買う時は、安くできる方法を活用しましょう。

おまけ:イオンにあるユニクロは「お客様感謝デー」で5%OFF

イオンに出店しているユニクロを利用するときは、毎月20日と30日のお客様感謝デーにイオンカードを利用することで、5%割引で買い物できます。

イオンカードには他にもお得な使い方がたくさんありますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る