ケーズデンキ2020年福袋の中身は?予約はある?販売開始時期や過去の内容について

小林 敏徳の画像

こんにちは!
小林敏徳です。

気になるファッションブランドや百貨店が発売する福袋には、ウキウキさせられますよね。

欲しかった商品を安く買える大チャンスですし、好きなブランドからは「福袋限定アイテム」が発表され、なんとしても手に入れたくなることもあるでしょう。

大手家電量販店の「ケーズデンキ」からも福袋が発売され、毎年初売りから大盛況になりますよ。

このページでは、ケーズデンキの2020年福袋と、過去の中身を紹介していきますね。

ケーズデンキの福袋

2020年の福袋情報

ケーズデンキの2020年福袋は、2019年1月1日(水)から全国のケーズデンキ店舗にて販売がスタートしていますよ。

なお、今年は公式オンラインショップの「ケーズデンキオンラインショップ」での福袋の販売はありませんでした。

ここでは、店舗にて販売されていた福袋の一例をご紹介しますね。

  • マイナスドライヤー+フェイス用フェリエセット:3,000円(税別)
  • 電気ケトル+オーブントースターセット:3,000円(税別)
  • 石油ファンヒーター+電気敷毛布+平型あんかセット:5,000円(税別)
  • 充・交両用シェーバー+鼻毛カッター+音波式電動歯ブラシセット:5,000円(税別)
  • 上腕血圧計+体組成計セット:5,000円(税別)
  • 防災バッグ+エアベッド+ポケットラジオセット:5,000円(税別)
  • 完全ワイヤレスヘッドホン+ワイヤレススピーカーセット:8,000円(税別)
  • ドライブレコーダー+ステッカーセット:10,000円(税別)
  • タブレット+セキュリティソフトセット:10,000円(税別)
  • 加湿空気清浄機+ハンドソープ+クレベリン×2個セット:15,000円(税別)
  • スティッククリーナー+スタンドセット:27,000円(税別)
  • テレビ用スピーカー+完全ワイヤレスヘッドホンセット:30,000円(税別)
  • ブルーレイディスクレコーダー+録画用BD-Rメディアセット:40,000円(税別)
  • 4K対応液晶テレビ+外付けハードディスク+テレビお手入れセット:55,000円(税別)
  • ノートパソコン+多機能プリンター+ワイヤレスIR LEDマウスセット:70,000円(税別)
  • 4K対応液晶テレビ+外付けハードディスク+テレビお手入れセット:95,000円(税別)

主に生活家電の、リーズナブルな価格の福袋が充実している印象ですね。

過去の福袋の中身

過去の福袋で、何が入っていたのかってすごく気になりますよね。ここからは、過去の福袋情報についてご紹介していきます。

過去何年かの福袋の中身を知っていれば、未来をある程度予測できるものです。

2019年の福袋情報

ケーズデンキの2019年福袋

ケーズデンキの2019年福袋は、公式オンラインショップの「ケーズデンキオンラインショップ」および全国のケーズデンキ店舗にて、2019年1月2日(水)の10時から福袋の販売がスタートしていますよ。

今年もさまざまな商品がラインナップされています。その一例を以下にてご紹介しますね。

  • マイナスドライヤー+フェイス用フェリエセット:3,000円(税別)
  • 電気ケトル+オーブントースターセット:3,000円(税別)
  • 石油ファンヒーター+電気敷毛布+平型あんかセット:5,000円(税別)
  • 充電式シェーバー+鼻毛カッター+超音波電動歯ブラシセット:5,000円(税別)
  • 上腕血圧計+体組成計セット:5,000円(税別)
  • 防災バッグ+エアベッドセット:5,000円(税別)
  • ドライブレコーダー+microSDHCカード+ステッカーセット:9,000円(税別)
  • マルチオーディオプレーヤー+カセットテープ+SDHCカードセット:9,000円(税別)
  • タブレット+セキュリティソフトセット:12,000円(税別)
  • 加湿空気清浄機+ハンドソープ+クレベリン×2個セット:15,000円(税別)
  • サイクロン式クリーナー+スティッククリーナースタンドセット:33,000円(税別)
  • フルハイビジョン液晶テレビ+外付けハードディスク+テレビお手入れセット:55,000円(税別)
  • ノートパソコン+多機能プリンター+ワイヤレスIR LEDマウスセット:65,000円(税別)
  • ノートパソコン+セキュリティソフト+多機能プリンター+ワイヤレスIR LEDマウスセット:70,000円(税別)

なお、オンラインショップでの購入には会員登録が必要になるので、あらかじめ登録の手続きを済ませておきましょう。

2018年の福袋情報

ケーズデンキの2018年福袋

ケーズデンキの2018年福袋は、公式オンラインショップの「ケーズデンキオンラインショップ」および全国のケーズデンキ店舗にて、2018年1月2日(火)の10時から福袋の販売がスタートしていました。

ラインナップされていた福袋の一例を、以下にてご紹介します。

  • 電気ケトル+オーブントースターセット:3,000円
  • タブレット+セキュリティソフトセット:10,000円
  • ダイソンコードレスクリーナー+スティッククリーナースタンドセット:30,000円
  • シャープ45V型4Kテレビ+2TBHDD+首用マッサージャーセット:100,000円

2017年の福袋情報

ケーズデンキの2017年福袋

ケーズデンキの2017年福袋は、公式オンラインショップの「ケーズデンキオンラインショップ」にて、2016年12月15日(木)15時から福袋の販売がスタートしていました。

この年もさまざまな商品がラインナップされていましたが、特にタブレットやモバイル端末のバリエーションが多いようですね。

具体的には、以下の商品になります。

  • ラベルライターセット:4,000円
  • ネットワークHDDセット:20,000円
  • ドライブ満喫セット:22,000円
  • 電子辞書Aセット:27,000円
  • 電子辞書Bセット:27,000円
  • お風呂満喫セット:30,000円
  • iPad mini2セット:27,000円
  • iPad Airセット:40,000円
  • iPad mini4セット:43,000円
  • iPad Proセット:70,000円
  • Android/SIMフリー端末セット:30,000円
  • アウトドアカメラセット:48,000円
  • 調理家電マル得セット:60,000円
  • 高級調理家電セット:130,000円
  • NECノートパソコンセット:60,000円
  • 富士通ノートパソコンセット:60,000円
  • ハイレゾオーディオセット:65,000円

ちなみに、販売スタート翌日の12月16日に袋販売ページをチェックしてみたところ、まだ売り切れの表示にはなっていませんでした。昨年は10分ほどで完売してしまったことを思うと、ちょっと意外ですね。

もしかすると各福袋とも、値引き幅がそれほど大きくないことが影響しているのかもしれません。

ケーズデンキでお得に買い物する方法を知っておこう

ケーズデンキの福袋を買うときは、よりお得に買えるように、安くする買い方を知っておくのがいいですよ。

それを知った上で福袋を買えば、もっと安くできる可能性があります。

買ったものが不要になれば出品や買取を使おう

福袋で買ったものが手元にたくさんあるけど、その後使うことがなくなってしまったという商品も出てくるかもしれませんね。

そのときは、メルカリラクマヤフオクなどに出品するのもいいですよ。

家の中が片付くし、必要とする人に買ってもらえるからお互いにとってメリットがあります。

出品するのが面倒であれば、宅配買取サービスを使ってもいいですね。
使わなくなったものを売って、結果的に家を整理できます。

年末に検討しているなら、ふるさと納税もしておこう

もし、福袋を年末までに探しているのであれば、この時期はふるさと納税も検討しておくのがおすすめです。

ふるさと納税は1月1日から12月31日までが期間となっており、会社員であれば税金を払っていると思うので、確実にお得になる制度ですよ。

節税になるのと、返礼品をもらえるメリットの両方があるため、福袋を検討するのとあわせてやっておきたいところです。

ふるさと納税はクレジットカードでも支払いできるので、ポイントもあわせて貯めておきましょう!

ふるさと納税のサイトは以下のようなものがありますよ。

さいごに

ケーズデンキ福袋のお得感をみると、今年も盛り上がりそうです。

1月2日の初売りには、早朝6:00から列に並ぶ人がいます。欲しい福袋を購入できるかどうかで、運試しをするのも楽しいのではないでしょうか。

値下げしている商品を見ると、ついあれもこれも欲しくなりますが、福袋を買うときは、衝動買いになってムダ使いにならないように気をつけましょう。

ケーズデンキ以外の福袋情報は以下のページでチェックできます!

福袋特集

おまけ:他の家電店の福袋は?

ケーズデンキ以外にもいろいろな家電のお店がありますよね。
他でも福袋の販売がありますので、比較してみるのもまた楽しいですよ。

この記事を書いた人

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。フリーランスです。独身時代は浪費家でしたが、今は「必要なものを、必要なだけ」を意識しています。主にコストコ、メルカリ、お金の考え方を発信しています。

小林 敏徳のプロフィール