建物解体条件付きの土地を買う時の節約方法は現況渡し!家の解体費用は自己負担で不動産の仲介手数料を安くしよう

松本 博樹の画像

非常にレアケースな節約法です。
一生に一度あるかどうかの機会ですが、実際に行う場合にはかなりの節約(数万単位)になりますので、対象の方はよく読んでくださいね。

これは実際に私が経験した話です。

解体条件付きの土地を買う時に使える節約術

住居解体が条件になっている土地を買う場合は、現況渡しにする

これは土地を買う時の話で、住居解体が絶対条件になっている場合の話です。

チラシには解体費込みの値段で書かれていることがあります。

例えば、チラシの価格が2,150万円と仮定しましょう。
解体費が150万円として計算します。

土地を買う時は不動産会社を経由してますよね。
土地を買うと不動産会社に仲介手数料を払わないといけません。

その仲介手数料の計算式が

(土地[チラシ]の値段 × 3% + 60,000) × 1.10(消費税分)

になります。

2,150万円の土地だと・・・

(21,500,000 × 0.03 + 60,000) × 1.10 = 775,500円

775,500円を土地の値段とは別に不動産会社に支払わなくてはなりません。

ここで行う節約法が、自分で業者に依頼して住居の解体をしてしまうというやり方です。

そうすると現況渡しの扱いになるため、解体費を抜いた2000万円が土地代になります。

再度計算すると・・・

(20,000,000 × 0.03 + 60,000) × 1.10 = 726,000円

先ほどの分との差額は・・・

775,500 – 726,000 = 49,500円

同じことをしているのに、なんと50,000円近くも安くなります。50,000円は大きいですよ!

家の話になると金額の桁が違いすぎて、たかが50,000円となりがちですが、50,000円あったら何ができるか考えてみてください。いろんなことに使えますよね?

解体費用が安ければ、もっとお得になる

この例では、解体費を同じで計算しましたが、自分で住居の解体を申し込むともっと安く済ますこともできます。

この方法は解体条件付きの家を買う人にとっては、秘密にしておきたいぐらいのお得な方法だと思いますよ。

私もこの方法を使いました。

記憶が確かなら、120万円の解体費用を土地代から引いてもらって、現況渡しで土地を買い、その後110万円ぐらいで業者さんに解体してもらえましたよ。

120万円分の不動産の仲介手数料が安くなっただけでなく、解体費用まで安くなったので、15万円ぐらいは節約になったかな。

解体費用の支払いの請求が来ていましたが、もちろん他行宛振込手数料が無料の住信SBIネット銀行を使って、余計な手数料を払わなかったです。

信頼できる方に相談しよう

たまたま私の場合は、お得になりましたが、100%同じようにできるかというとそうではないかもしれません。

不動産屋さん以外で相談できる方がいるならしてみるのが一番いいですよ。

私が今の土地を見つけた時は、不動産屋さんだけでなく、家を建てるのに使う木材屋さんとも一緒に行ったこともあり、冷静な意見ももらえたのがよかったです。

おまけ

土地を手に入れて、家も建てたあとにも登記をしないといけません。
これを自分ですれば、40万円(!?)もの節約になりますよ!

新築で家を建てたら、SUUMOのアンケートに答えることでギフト券プレゼントになりますよ。対象地域になっているのなら答えておきましょう!

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール