お金をほとんど掛けず読書や音楽を楽しむ、たった2つの手順

松本 博樹の画像

読書を楽しむ

※ これは中古品での話です。

中古の本やCD・DVDを買って、読んだり聴いたり見たり・・・
よく使われている方も多いのではないでしょうか?

しかし、中古といえども買うのにはお金がかかります。
積もり積もれば大きな金額になりますよね。

今回はその中古品を安くするだけではなく、買った金額よりも高く売る方法を紹介します。

100%成功するとは限りませんが、買値よりも売値のほうが高くなることもあります。そうなると嬉しいですよね。

ただし、これから紹介する方法は時間がかかります。時間がかかるのが最大のデメリットでしょう。

1.安く買う

まず、買う時の方法について。

売る時に儲けを出すには、できる限り安く買う必要があります。
安く買えば買うほどお得なのはわかりますよね。
同じモノを手に入れるなら安い方がいいに決まっています。

安く買う方法を何点か紹介します。

1.セールを狙う
ブックオフではよくあります。セールの時を狙って買い物をすると値引き分、得することになります。

2.まとめ買いする
まとめて買うと1点当たりの値段が安くなる時があります。
これを狙うのも一つの手ですね。

ただ、この方法は自分にとって本当に必要なモノであるかどうかの見極めが必要になります。無駄な買い物をしてしまうと本末転倒です。

3.オークションで落札する
オークションでは安く売られています。家の中を整理したいと思っている人も多く(私を含む)、安くてもいいからお金に換えたいと思っている人が多いです。

その中で自分にとって必要なモノがあればラッキーですよね!

2.高く売る

読み終わった本やPCに音楽データを取り込んだCDは不要になります。置いておくのではなく、売りましょう。

売る時に使うのはオークションもしくはAmazonになります。

オークションサイトはYahoo!オークションモバオクを利用します。
私がよくやるのは、買った時より値段を高い状態で、即決販売する方法です。

売れないのでは?と思うかもしれませんが、売れます!
もちろん時間の大小はありますが、ずっと出品していればそのうち売れます。

これからが一番大切なところです。

あなたが思う商品価値とお客様が思う商品価値は違います

極端な例、あなたは100円でも欲しいと思わないモノであっても、他の人にとっては10,000円出しても欲しいモノがあります。売ることで欲しいと思っていた人は喜びますし、自分も不要なモノがなくなる上にお金も入ってきます。

まさに一石二鳥です。

中古品で人生が豊かになることがある!

このようなサイクルの中で読んだ本や聴いたCDが人生に置いて非常に役立つことがあります。私が中古で手に入れて大きく感銘を受けたり、影響を受けたものを紹介しましょう。

本:レバレッジ・リーディング / 本田直之
本:売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方 / 竹内謙礼
本:忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 / カン・チュンド
CD:Touch in Light / APOGEE

ざっと思いつく限りでもこれぐらいあります。
これらのもので得たエッセンスだけでも充分元はとっています。
その上、買った時より高く売ってるので、こちらからしたら得しかありません。

ちょっとした発想の転換だけでお得にできることはたくさんあります。
このネタはそのうちの一つです。

あなたの参考になったなら嬉しいです。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。節約アドバイザー・クレジットカードアドバイザー。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール