お金の基礎知識をつける5つの方法とおすすめの本まとめ

松本 博樹の画像

「節約をしよう」
「貯金をしよう」
「投資をしてみよう」

これらのことをふと思い立ったときに、「私って、お金に関する基本的な知識が足りないのでは?」と感じるかもしれません。

お金の知識があったほうがいいのは、これからのことを考えてもわかるんだけど、そうは言ってもどうすればいいのか、何から手を付けていいのかがわからずモヤモヤ…。

なかなか学ぶ機会のないのがお金の知識です。

私自身も、誰から教えてもらうこともなく、自分でいろいろ考えて、その都度自分なりに学んだり経験したりしてきたことで、以前よりはお金の知識が増えました。

また、この「ノマド的節約術」でお金についての情報発信を続けていたことで、お金に関する本も出せました。

今、お金の知識がなくても、これから意識して取り組んでいけば大丈夫です!

このページでは、お金の知識を身につけるためにやっておくとおすすめなことを紹介していきますね。

お金の基礎知識をつける方法とおすすめの本まとめ

そもそも、なぜお金の知識が必要なの?

いきなりですが、お金の知識をつけたいと思った理由はなぜでしょうか?

何のためにお金の知識を身につけるのかが明確になっていないと、ムダに勉強しすぎてしまって頭でっかちになってしまう可能性があります。

もっと良くない状態だと、モチベーションが上がらずに知識をつけようとすること自体やめてしまいかねません。

お金の知識をつけたいと思っているのはとてもいいことだと思いますので、今一度何のためにお金の知識が必要なのかを自分なりに言語化・文章化して洗い出しておくのがおすすめです。

貯金が100万円ほしいから
株を始めてみたいから

こんな感じの理由でもいいと思います。

目的があれば、それに近づいていくために何をすればいいのかが逆算できますからね。

自分に足りないお金の知識を身につけよう

お金の知識をつけるときに必要なのは、自分に足りない知識を知っていくことです。

先ほどのなぜお金の知識が必要なのかと合わせて、自分に足りない知識がなんだろうかを考えてみるのも大切ですよ。

お金の知識をつけるのにおすすめの方法

ではここから、具体的にお金の知識を身につけるためにできる、おすすめの方法を紹介していきますね。

「ノマド的節約術」を読む

このサイト「ノマド的節約術」では、節約や貯金に関する情報を中心に、お金にまつわる全般的なことを紹介しています。

過去には、ノマド的節約術を読んで自分で実践したことで年間150万円貯金できるようになったという声をいただいたこともありました。

クレジットカードが怖くて使えなかったけど、使い方を知れば味方になることがわかって、使い始めるようになったという声も。

私自身が2011年に、会社を辞める・子供が産まれるタイミングで注文住宅を買うという、今考えてもかなりアホなことをしたことがきっかけでお金と向き合わざるを得なくなりました。

せっかくだから、お金の知識を身につけていく過程を発信しようと思って、このノマド的節約術を始めました。

おかげで、いろんなお金の知識が身について、今もこうやって無事に生活できています!

その経験を参考にしていただければうれしいです。
以下で特におすすめの記事をまとめていますよ。

YouTubeでお金に関する動画を見る

今は、YouTubeでもお金に関する情報を発信している人が増えました。

お金に関して知りたいキーワードをYouTube内で検索するといろいろと出てきますよ。

ただし、怪しい人も少なからず混じっていたりするので、全員を鵜呑みにするのではなく、必要と思えるお金の知識だけ得るようにしましょう。

ちなみにノマド的節約術でも、YouTubeチャンネルを運営しています!

節約・貯金・投資・クレジットカード・ポイントなどのテーマで、なるべくわかりやすくなるように話していますよ。

参考:「節約ちゃんねる」はこちらから

お金に詳しい友人に聞く

お金の知識を身につけたいなら、身近にお金に詳しい友人がいないか思い返してみるのも1つの方法です。

信頼できる友人に聞くのであれば安心だと思います。

ただ、周りの人にお金について聞く場合は、ネットワークビジネスや怪しい投資系の活動をしている人に気をつけましょう!

特にSNSで「お金について詳しく勉強したいです!」なんて投稿したら、そっち系の人がほぼ確実に寄ってきます!笑

逆に今まで可視化されていなかった、真の姿が見えるので、一歩引いて見れるのであればSNSを使って聞いてみるのもアリはアリです。

あと、自分から「お金のことを教えてあげる」という感じで近づいて来る人は、基本的に怪しいと思っておくほうが安全ですよ。

お金に関する本を読んで知識を身につける

自分の力でお金の知識をつけていくには、お金に関する本を数冊読むことです。

本屋さんに行って、お金に関する本のエリアに行ったら、ビックリするぐらい多くの本がありますよ。

その中で自分が気になるテーマの本を数冊読んでみるのがいいと思います。

お金に関する知識って、ある程度は共通しているので、どの本でも言っているようなことがあるはず。

それは大切なことなので、自分のものにしていけるようにしましょう。

お金の知識をつけるのにおすすめの本は、このあとで紹介しますね。

FPさんに相談してみる

自分の力じゃお金の知識を身につけられないという場合は、プロの力を借りるのも1つです。

わかりやすいところだと、FP(ファイナンシャル・プランナー)さんに相談することですね。

もし相談するときは、中立な立場の人を選ぶようにすれば、こちらの立場でアドバイスしてもらいやすいですよ。

ただし、FPさんによって知識はピンきりなので、当たり外れがある可能性はあります。

お金の知識をつけるのにおすすめの本

お金の知識をつけるために、自分で本を読んで学ぶのがおすすめと紹介しました。

では、どの本がいいのかが気になると思います。

ここからは、お金の知識をつけるのにおすすめの本を何冊か紹介していきますね。

投資家が「お金」よりも大切にしていること

藤野英人 投資家が「お金」よりも大切にしていること

お金に関する本を1冊おすすめするなら、間違いなく”投資家が「お金」よりも大切にしていること”をおすすめします。

世の中のお金の仕組み、つまり経済の仕組みがわかりやすく説明されていて、自分のお金の使い方について考えるきっかけになりますよ。

読むことで、お金に対してポジティブな感情を持てるようになるという点でもおすすめの本ですね。

参考:Amazonでチェックする
参考:楽天ブックスでチェックする

私の財産告白

「私の財産告白」は、お金に関する名著の1つ。

収入から一定の割合を強制的に貯金して、そのお金を投資に回して財を成した話が紹介されています。

お金に対する根本的な考え方から、生き方そのものまで参考になることがとても多いですよ。

お金がなかった頃に読んで衝撃を受けた本の1つです。

参考:Amazonでチェックする
参考:楽天ブックス

誰も知らないお金の話

誰も教えてくれないお金の話

この本「誰も知らないお金の話」は、著者であるうだひろえさんが、お金に関して無知だったところから、さまざまな人に教えてもらいながら学んでいくという、マンガ仕立ての本になっています。

自身はイラストレーター、夫は独立してカフェを営むという夫婦の、貯金できない赤字家計をどうにかしたい…!という悩みから話が始まっていくため、自分もあるあるという感じで読みやすいです。

参考:Amazonでチェックする
参考:楽天ブックスでチェックする

節約ハック大百科

「節約ハック大百科」は手前味噌ですが、私の本になります。

あらゆるジャンルの節約術、お金に対する考え方、投資に関する基本的なことまで、全般的にカバーしていますよ。

ノマド的節約術にある記事を再編集した形ですが、紙の本で読んでみたいという場合はぜひ!

参考:Amazonでチェックする
参考:楽天ブックスでチェックする

さいごに

お金の知識を身につけることができれば、お金に対する不安が少しずつ解消されると思います。

私自身も、お金の知識がついてきたことで、あれこれお金で悩んでいたのが晴れてきたのを覚えていますよ。

今の自分ができるところから1つ1つ手をつけていき、今よりもお金の知識がつくようにしていきましょう!