ANAカードプレミアムを徹底比較 【おすすめ・ランキング】

スポンサーリンク

ANAカードの中でも最高峰のサービスを受けられる、「ANAカードプレミアム」。プレミアムカードはVISA、JCB、ダイナース、アメリカン・エキスプレスの4種類から選べます。

中でも年会費が15万円を超える、ダイナースとアメリカン・エキスプレスは、招待制。いきなり申し込みができず、ゴールドカード(ダイナースはダイナースカード)からランクアップする形で、その分サービスも手厚くなっています。

この4種類を徹底的に比較し、おすすめランキング形式にしました。

1位 ANAダイナースプレミアムカード

ana_diners_premium
100で2ポイント=2マイル貯まる最強のクレジットカード。ダイナース独自の多数の特典に加え、旅行時の盗難・破損の現金保証まで。マイルと貯めるならこのカードで間違いありません。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANAダイナースプレミアムカード155,000円+税155,000円+税50%楽天Edy

2位 ANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード

ana_americanexpress_premium
ANAグループでの利用で100円で1ポイント、200円ごとに3ポイントのボーナスポイントが加算。更に100円につき2マイルが貯まります。旅行保険補償に強く、家族特約がついているのはアメックスだけ。プレミアム・サポート・デスクが24時間サポート対応。プライオリティ・パスも付帯しています。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード150,000円+税150,000円+税50%楽天Edy

3位 ANA VISAプラチナ プレミアムカード

c03_card-1
VISAブランドで最高のサービスを受けられるプレミアムカード。ワールドプレゼントポイント1ポイントに付き15マイルと変換レートが大きく、他ブランドに比べても遜色がありません。さらに、世界のVISAブランドなので提携店舗が多いのも安心です。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANA VISAプラチナ プレミアムカード80,000円+税80,000円+税50%iD(NTTドコモ)
楽天Edy
PiTaPa

4位 ANA JCB カードプレミアム

ana_jcb_premium
ANAカードの中で最上級のカード。とにかく日本での使用に便利なJCBブランド。マイルの貯まり方もNo1です。フライトが多く、マイルを効率よく貯めたいならこのカードで間違いありません。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANA JCB カードプレミアム70,000円+税70,000円+税50%QUICKPay
楽天Edy
PiTaPa

ANAプレミアムカードを徹底比較

ANAプレミアムカード サービスが同じもの

ボーナスマイル

ご入会時・ご継続時ボーナス10,000マイル
ご搭乗時ボーナスマイル区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50%

ボーナスマイルはプレミアムカード全て同じです。ボーナスマイルは10,000マイルと一般カードの10倍、ワイドカード・ワイドゴールドカードの5倍になり、搭乗時のボーナスマイル積算率は50%で、一般カードと比較すると10倍、ワイドカード・ワイドゴールドカードの5倍になります。

プライオリティ・パス

プレミアムカードのみに付いてくるサービスで、世界120ヶ国の空港ラウンジを利用できます。ドリンク、シャワー、パソコンの利用、TV、新聞の閲覧などができます。

ANAプレミアムカード:提携会社によってサービスが違うものを比較

年会費比較

初年度年会費2年目以降年会費家族カード年会費
Visaカード80,000円+税80,000円+税4,000円+税
アメリカン・エキスプレス150,000円+税150,000円+税無料(4枚まで)
ダイナースカード155,000円+税155,000円+税無料
JCBカード70,000円+税70,000円+税4,000円+税
プレミアムカードは一般カードと違い、初年度から年会費が掛かります。費用はこれまでの一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカードの中で高い費用ですが、その分、保険が手厚いものになっています。
そのほかビジネスクラス専用チェックインが出来たり、マイルが一番貯まりやすいなどの特徴があります。

旅行保険比較

 

Visaカードアメリカン・エキスプレスダイナースカードJCBカード
傷害死亡・後遺障害本会員/家族会員最高1億円最高1億円(家族会員は最高5,000万円)1億円1億円
家族特約最高1,000万円1,000万円1,000万円
傷害治療費用本会員/家族会員1回の事故につき500万円限度最高300万円1,000万円1回の事故につき1,000万円限度
家族特約最高200万円200万円1回の事故につき200万円限度
疾病治療費用本会員/家族会員1回の病気につき500万円限度最高300万円1,000万円1回の事故につき1,000万円限度
家族特約最高200万円200万円1回の事故につき200万円限度
賠償責任本会員/家族会員1回の事故につき1億円最高4,000万円1億円1回の事故につき1億円限度
家族特約最高4,000万円2,000万円1回の事故につき2,000万円限度
携行品損害本会員/家族会員50万円最高50万円100万円1旅行中100万円限度/保険期間中100万円限度
家族特約最高50万円50万円1旅行中50万円限度/保険期間中100万円限度
救援者費用本会員/家族会員1,000万円最高400万円500万円1回の事故につき1,000万円限度
家族特約最高300万円200万円1回の事故につき200万円限度
補償期間本会員/家族会員3ヶ月間90日間3ヶ月間3ヶ月間
家族特約

ダイナースクラブのみの特典として、「携行品損害補償」があります。カメラ、バッグ、衣類などが盗難・破損・火災などの損害を受けた際に、ひとつに付き10万円までの補償を受けられるサービスです。

旅行保険は一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカードより手厚いものになっていますが、プレミアムカード同士の中では大きな差はなくどれも同じ費用になっています。
その中でVisaカード以外はカード会員、家族会員のみだけでなく、その家族に対しても補償しています。

電子マネー対応表

Visaカードアメリカン・エキスプレスダイナースカードJCBカード
楽天Edy
iD(NTTドコモ)
PiTaPa
QUICKPay

Visaカード、JCBカードのみ3種類の電子マネーに対応しており、それ以外は1種類のみの電子マネー対応になります。赤丸箇所の電子マネーはチャージすることでマイルが貯まるカードです。

青丸箇所はポイントを貯めることでマイルへの移行が可能なカードになります。

楽天Edyはほとんどのクレジットカードに対応していますが、Visaカード、JCBカードのみチャージでマイルが貯まります。

Visaカードは3種類に対応していて、チャージでマイルが貯まり、ポイントを貯めるとマイルへの移行が出来る電子マネーが付いています。

当サイトおすすめのプレミアムカード

当サイトではANAダイナースプレミアムカードをオススメします。
どのプレミアムカードでも同じようにANAの最上級のサービスを受けられますが、どの買い物でも100円で2マイル貯まる還元率を評価しました。
マイルを貯めるならこのカードで間違いありません。

ana_diners_premium
100で2ポイント=2マイル貯まる最強のクレジットカード。ダイナース独自の多数の特典に加え、紛失時の現金保証まで。マイルと貯めるならこのカードで間違いありません。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANAダイナースプレミアムカード155,000円+税155,000円+税50%楽天Edy

1位 ANAダイナースプレミアムカード

ana_diners_premium
100で2ポイント=2マイル貯まる最強のクレジットカード。ダイナース独自の多数の特典に加え、旅行時の盗難・破損の現金保証まで。マイルと貯めるならこのカードで間違いありません。
カード名年会費1年目年会費2年目カード種類別積算率電子マネー
ANAダイナースプレミアムカード155,000円+税155,000円+税50%楽天Edy

ANAカードの比較記事一覧

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

1983年、東京都生まれ。アメリカ留学中に大病を患い、「ベッドの上でできる仕事を」と考えた結果インターネットの仕事をするように。沖縄を拠点に世界を旅しながら仕事をしています。

執筆メンバの一覧を見る