ミニマリスト女性のメイクはどんな感じ?メイクの手間や時間も節約する方法を紹介

スポンサーリンク

こんにちは。ミニマリスト気味なライター、なつみとです!

わたしは片付けが苦手、でも散らかっていると落ち着かない性格・・・。

そのためどんどん持ち物を減らして快適な暮らしを追求しているのですが、メイクについても断捨離を繰り返し、かなりミニマルな状態になっています。

でも、メイクに必要なものっていろいろありますよね。

メイクの在り方を見直して自分に必要なものだけに絞り込めば、モノが少なくなってすっきりするだけでなく、使うお金も減るので節約になりますよ!

今回はわたしが、自分のメイク方法について紹介していきます!

※2015年9月に書いた記事を2019年バージョンに修正いたしました。公開当時よりさらに、ミニマル化が進んでいますよ~!

ミニマリスト女性のメイク

こちらの記事も合わせて読むと、より理解が深まりますよ。

メイクをミニマル化した3つの理由

先に、わたしがどうして今のスタイルに落ち着いたのか、ということを紹介しておきますね。

興味がない方は飛ばしていただいて、次の実践編をご覧ください。

わたしが今のメイク法を選ぶようになったのには、以下の3つの理由があります。

  • モノを減らしたい
  • 時間を節約したい
  • むだなお金をかけたくない

モノを減らしたい

もともとモノを溜めこむ方ではなかったのですが、近年の「断捨離」だとか「こんまり」の影響もあり、「あ、捨てていいんだ!」と自信を持つようになり、10年ほど前からどんどんモノを減らしていました。

2012年ごろ、こんまり流の「片づけまつり」を実行していた際に、「メイクボックスを手放したい」という衝動に駆られて、実践。

100均の小さなカゴに入る程度にまでコスメを厳選し、複数の種類を所持していたアイシャドウもブラウン系以外は断捨離、いまいち必要性を感じていなかったチークなど、さまざまなアイテムを手放すことに。

今では小さなカゴどころか、小さなポーチでも大きすぎるほど、メイク道具を厳選しています。

モノが多いと片づけにも時間がかかるし、どこに何があるのか探すのにも時間がかかるし、お手入れも掃除も大変ですよね。

とにかくモノを減らしたいと思っていたわたしにとって、コスメの断捨離は抵抗なくできるものでした。

時間を節約したい

2つ目の理由は、時間の節約です。
効率化するのが好きで、メイクにかける時間も減らしたいと考えていました。

時間のむだをなくせば生活にゆとりが生まれて好きなことに時間を使えるようになります。

現在、わたしのメイク時間は2~3分

もともとメイク時間は10~15分程度でしたが、毎日10分節約できたとしたら、1か月で300分(5時間)ですし、ばかにできないですよね。

どんな方法でメイク時間を短縮したかは、このあとの実践編で確認してください!

むだなお金をかけたくない

3つ目は、お金をむだにしたくないからという理由。
メイクに限らずですが、時間と同様、お金をむだにするのも嫌です。

わたしはメイク自体は好きですし、メイク自体をやめる気はありません。
でも、使いこなせないアイテムにお金を使うのはやっぱり嫌!

雑誌やテレビで紹介されているからとよく考えずにコスメを買うのではなく、本当に必要なものだけ買いたいですよね。

そのために、メイクの方法を工夫してみました。

さてここからは、実際にわたしがどのようなメイクをしているのか、紹介しますね。

実践編!ミニマリスト的メイク

わたしはミニマリストと名乗れるほどではありませんが、メイクに関してはかなり、ミニマルを意識してるほうだと思います。

そんなわたしのメイクは、現在こんな感じになっていますよ。

現在の日常メイク&きちんとメイク紹介

普段のメイクとお出かけ時のメイクそれぞれ、紹介しますね。

まず、普段のメイクで使うアイテムはこんな感じです。

ミニマリストの普段メイク

ファンデーションを塗って、まゆげを描いて、終わり。

まゆげは、アイブロウライナーで眉尻を描いて、アイシャドウのブラウンでぼかして終わりです。

合計3分ぐらいですね。

ちなみに、一時期はノーファンデ生活をしていたのですが、何も塗らないのも肌が無防備すぎて紫外線等のダメージがあると思い、現在はファンデーションを使うことにしています。

日焼け止めでもいいのですが、「クリームやリキッドのファンデよりパウダリーのほうが刺激が少ない」という話を聞いてからは、日焼け止めクリームよりパウダリーファンデのほうがいいような気がしていて・・・実際のところはどうなんでしょうね。

一方、お出かけのときのきちんとメイクはこんな感じです。

ミニマリスト女性のメイク道具

日常メイクに加え、アイライナー・アイシャドウ・リップが加わります。

時間的にはこれでも、合計5~6分という感じですね。

きちんとメイクの華やかさは、結局アイラインの有無と、くちびるに色がついているかどうかで決まるような気がしているので、このようなメイクに落ち着きました。

まつエクにしたらメイクがめっちゃラク!

ここまで読んで、「アイメイク、それだけ?マスカラは??」と疑問に思われていたのではないでしょうか。

実は、まつげは、まつエクなんです。

これまで、マスカラやつけまを使ってきましたが、ついにまつエクに手を出してしまいました(もう戻れなさそう)。

まつエクのおかげで、ビューラー&マスカラ(マスカラはもちろん2~3度塗り)という手間が完全になくなったわけですね。

まつエクだけでそれなりに目がはっきりするので、普段はアイラインを描かなくなりました。

つけまも好きなのですが、常用しているとまぶたの負担が大きいのが難点ですね。

まつエクは、お金の節約という意味ではちょっとお金はかかるものの、時間の節約という意味ではめちゃくちゃ大きい効果がありますよ。

現在持っているコスメ一覧

さて、現在わたしが使っているコスメを一つひとつ紹介しますね。

ちなみに、この記事を公開した2015年9月時点ではこんな感じ。

そしてこちらが、2019年現在です。
ミニマリスト女性のメイク道具

ファンデーション

ファンデーションは、一時期は「とにかく小さくて軽いもの!!」を追求していましたが、今は一周回って(?)、普通のコンパクト付ファンデに落ち着きました。

やっぱり、鏡は必要です。
「鏡を見たければ近くのトイレに行けばいい」とも思いましたが、目にゴミが入って痛い!というときはトイレにたどり着くまでが大変すぎます・・・。

あと、普通に、ファンデーションとしての質も大事ですよね。
小さければいいというわけではなく、もう10代じゃありませんので、それなりにカバー力がほしいです・・・。

というわけで、現在はマキアージュのファンデーションを使っています。
ミニマリスト愛用のファンデーション

コンパクトがかわいい^^

ちなみに、軽さ重視であればパラドゥのファンデーションがオススメ。
わたしも、また使うかも。

アイブロウペンシル(繰り出し式)

アイブロウペンシルは、mediaの、繰り出し式のものを使用しています。

鉛筆タイプのほうが好きだったのですが、削り器が邪魔だな、と思って。

ただ、鉛筆タイプと違って残量が把握しづらいので、ある日急になくなります。

そこで、近所のコンビニで買えるブランドのものを常用することにしました。

ミニマリスト愛用のアイブロウペンシル

アイシャドウパウダー

アイシャドウパウダーは、アイブロウパウダーとしても使用しています。

使用しているのは100均で買った、エルファーの「パールインアイシャドウA」、ナチュラルブラウンです。

ミニマリスト愛用のアイシャドウ

使いやすくて気に入っています。

アイライナー

アイライナーは、KATEの「スーパーシャプライナーEX」、ビターブラウン。

ミニマリスト愛用のアイライナー

アイライナーはKATEのものを買うことが多いですね。

リップ

リップは1本だけ。今はコフレドールの「プレミアムステイルージュ」を使っています。

ミニマリスト愛用のリップ(口紅)

と言ってもあんまり使っていません。

唇が荒れやすいので、ここぞ(?)というときだけですね・・・。

リップティント

リップより、リップティントのほうがよく使っています。
KATEの「カラーセンサーリップティント」。

ミニマリスト愛用のリップティント

そこまで色づきはよくないのですが、唇が荒れにくい点が気に入っています。

色づきにくいといっても何も塗らない状態と比べると全然違いますし。

***

以上が、現在わたしが使っているアイテムです。

普段持ち歩くのは、基本的にはファンデーションとリップティントのみ。

化粧ポーチすら要らないぐらいです。

自宅にメイクボックスやドレッサーなどなく、こんな感じで、リモコンやお薬と一緒に、小さなケースに入れて、枕元に置いてありますよ。

ミニマリスト女性のコスメボックス

これまでに断捨離したコスメ一覧

わたしがこれまでに断捨離してきたコスメは、これだけあります。

  • ビューラー
  • マスカラ
  • つけまつげ
  • つけま接着剤
  • ブラウン系以外のアイシャドウ
  • アイブロウパウダー
  • チーク

もともとメイクはシンプルなほうで化粧下地などもあまり使っていませんが、現在はかなりアイテムを絞り込んで、シンプルになっていますよ。

また不便さを感じたり考え方が変わればもとに戻すアイテムもあるかもしれませんが、今のところは、最小限のアイテムだけ使ってメイクしていきたいと思っています。

さいごに

メイクは身だしなみとも言われますが、個人的にはメイクが好きなのでしています。

とはいえ1時間も2時間もメイクにかけたくないですし、お金も、できればあまりかけたくありません。

「これは本当に必要なのかな?」と考えてアイテムを減らしたりやり方を変えていくのは楽しいものです。

アイテム数が減ると片付けも楽になりますし、化粧ポーチも軽くなって快適ですよ。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

なつみと

節約はするけど好きなことにお金を使うのが大好きなWebライター・webライティング講師。節約に関する知識が豊富な反面、必要なものにはどんどんお金を使っていく性格のため「メリハリあるお金の使い方」を発信していきます!

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!