格安SIMの決定版!IIJmio(みおふぉん)の料金プラン比較・速度の評判・使い方の注意点

スポンサーリンク

毎月の家計が苦しい・・・お金がない・・・と悩んでいる方の話を聞く機会が時々あります。
そんな方に限って、毎月の携帯代が信じられないほど高いことが多いんですよね。

確かに携帯は生活に欠かせないアイテムとなっていますが、やり方次第では、今払っているお金よりもだいぶ安くできますよ!

仮に月7,000円払っているとしたら、普通に月1,000〜2,000円程度に下げることができちゃいます。それを実現できるのが、格安SIMです。

格安SIMのサービスを提供している業者はいくつかあるのですが、その中でも信頼性が最も高い「IIJmio」について、このページでは詳しく紹介していきます。

IIJmio料金プラン比較

格安SIMとはそもそも何かを知るなら、以下のページがおすすめです。

IIJmioを使うにはSIMフリー携帯が必要

IIJmioを使うには、SIMフリーのスマートフォンが必要です。
SIMロックになっているスマートフォンで、IIJmioのSIMカードを挿しても使えませんので注意してください。

2015年5月からは、SIMロック解除が義務化になりましたので、今後はますますIIJmioが使えるスマートフォンが増えてくると思います。

また、IIJmioでは、SIMカードを挿すだけで初期設定もなくすぐに使えるSIMフリーのスマートフォンもあります。今後新しくスマートフォンを使おうと思っている方は、本体と合わせて利用し始めるといいかもしれませんね。

SIMフリーのスマートフォンは、Amazonで購入できます。

Amazonだと安く買えますね。私が見た時は24,750円でした。キャリアでスマートフォンを手に入れると2年間かけて10万円近く払うことになるので、それを思うといかに安いかが分かると思います。

Amazonでより安く買い物したいのであれば、以下のページも合わせてどうぞ。

IIJmioでスマホとセットで契約できる

スマートフォンを自分で用意するのが面倒であれば、IIJmioを使うタイミングで、スマートフォンと一緒に契約してしまうのも1つの手です。

そうすることで、1つ手間が省けますのでおすすめ。

「Huawei P8lite」というスマートフォンとセットで購入できます。
スマホ本体代をを2年払いにして、IIJmioの3GBを使っても、1ヶ月あたり3,000円以内で収まるという安さです。

今までのスマートフォンは一体なんなんだろうと思うぐらい安くなりますね!

IIJmioのスマホセット

IIJmioの料金プランについて

IIJmioを使う場合の料金プランは、選ぶSIMによって異なります。まず、選べるSIMが3種類あることを知っておきましょう。

  • 音声通話機能付きSIM みおふぉん
  • SMS機能付きSIM
  • データ通信専用SIM

それぞれのSIMの違いについては以下のページで。

これら3つのSIMは上にいくほど高機能で料金も高くなっています。
高いといっても、ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアのスマホを持つのと比べたら最低でも半額以下にはなりますよ!

それぞれのSIMを選んだ時のデータプランは、以下の3種類です。

  • ミニマムスタートプラン(3GB)
  • ライトスタートプラン(5GB)
  • ファミリーシェアプラン(10GB)

データ容量が大きくなればなるほど、料金も上がります。

10GBのファミリーシェアプランは、SIMカードを最大3人分(3枚)まで手に入れることができ、3台分の通信量の合計が10GBまで使えます。

家族で利用すると、通信費を大幅に節約できるプランですね。

それぞれ普通のキャリアでスマートフォンを持っているととんでもないコストになるところ、ファミリーシェアプランを使うことで、半額以下に毎月の通信費を下げれます。

ちなみに、いずれの料金プラン・SIMを使うことになっても、新規事務手数料として税込3,240円はどうしても掛かります。その点は一応考慮に入れておきましょう。

新規事務手数料を1年間で割ると、1ヶ月270円です。
2年で割ると1ヶ月135円余分に負担する計算になります。

月額料金を計算する時は、これを計算しつつお得かどうか判断してくださいね。

音声通話機能付きSIM「みおふぉん」

Iijmio みおふぉん

IIJmioで普通のスマートフォンと同じように使いたいと思うなら、音声通話機能付きSIMの「みおふぉん」を選びましょう。

月額1,600円から使えて、普通のスマホで考えられない値段になります。
今までのスマホは一体なんだったのか?と思うぐらいの安さです。

データ容量は、上で紹介した3つのプラン(3GB・5GB・10GB)です。
みおふぉんを使った場合の料金は以下の通り。税込料金で計算しています。

容量料金
3GB1,728円
5GB2,397円
10GB3,520円

基本料金がこの値段になり、通話料やデータ容量の追加クーポンなどのオプションは別料金になります。

全部の利用額の合計が毎月請求されますので、その点だけは注意してくださいね。

通話料は30秒ごとに20円かかるので、決して安くはありません。
他社からMNPして、今までの電話番号を持ち続けたいという方にはいいですけどね。

通話をするなら、楽天でんわG-Callで半額にするか、050plusやSMARTalkなどで別番号を持って徹底的に節約するようにしましょう。

私はSMARTalkを使い続けています。

みおふぉんにMNPで乗り換えできるけど、通話が多い方は注意!

みおふぉんを使う場合は、他社の携帯キャリアなどからMNPで乗り換えできるというメリットがあります。

みおふぉんを使うことで、毎月の基本料金は劇的に安くなりますので、キャリアの解約手数料を払ってもお得になるケースが多いです。

ただし、通話料金は高いので、頻繁に自分から電話するという方は、MNPでの乗り換えに慎重になりましょう。

30秒20円の通話料なので、10分通話するだけで400円掛かります。
営業職など、電話が欠かせないという方はあまりおすすめできません。

SMS機能付きSIM

Iijmio SMS機能付きSIM

SMS機能付きSIMは、通話は必要ないけど、LINEはするからSMSの機能が欲しいという方向けのSIMカードです。

通話できない分だけ月額料金も安くなっています。容量別の基本料金は以下の通りです。

容量料金
3GB1,123円
5GB1,792円
10GB2,916円

通話料金が別途かかることもないので、オプションを使わなければ、ほぼこの料金で使えるはず。そう思うとかなり安いですね。

10GBのファミリーシェアプランは、3人で使ったら、1人あたり月972円ですからね。

家族間の連絡のやりとりにLINEのメッセージや通話を利用するのがほとんどであれば、通話できるプランを契約しなくても問題ないと思います。

データ通信専用SIM

IijmioのデータSIM

データ通信さえできれば問題ないという方は、最安のプランである「データ通信専用SIM」がおすすめです。

3GB972円から使える低価格が魅力的ですね!

同様のサービスであるDMMモバイルに比べると、最安ではないですが、信頼性を考えると、数十円高くてもIIJmioがいいですよ。

容量別の基本料金は以下の通りです。

容量料金
3GB972円
5GB1,641円
10GB2,764円

とにかく安いですね!
そんなにスマホで通信することはないけど、全く使わないことはない、という方は月額1,000円以内におさまります。

普通にスマートフォンを使っていると月に7,000円以上掛かることは普通にありますが、IIJmioのデータ通信専用SIMなら月1,000円以内で済ませることも普通です。

仮に月6,000円節約できたとすると、年間で72,000円にもなります。
手元に72,000円があれば、どのように使いますか?

普通に贅沢な旅行ができちゃいそうですよね。
IIJmioを使うことは、それぐらいのインパクトがあることなのです!

IIJmioの料金プランまとめ

これまで紹介してきた料金プランの一覧にまとめてみました。

見出しの略称の意味は以下の通りです。

  • データ:データ通信専用SIM
  • SMS:SMS機能付きSIM
  • 通話:音声通話機能付きSIM「みおふぉん」
容量データSMS通話
3GB972円1,123円1,728円
5GB1,641円1,792円2,397円
10GB2,764円2,916円3,520円

新規契約から1年間使い続けると仮定した場合の1ヶ月あたりの負担額は以下の通りです。

容量データSMS通話
3GB1,242円1,393円1,998円
5GB1,911円2,062円2,667円
10GB3,034円3,186円3,790円

新規契約から2年間使い続けると仮定した場合の1ヶ月あたりの負担額は以下の通りです。

容量データSMS通話
3GB1,107円1,258円1,863円
5GB1,776円1,927円2,532円
10GB2,899円3,051円3,655円

支払い方法はクレジットカードのみ!高還元率のカードでより節約しよう

IIJmioを使うことになった場合、毎月の料金の支払いはクレジットカードのみです。銀行振込やコンビニ払いといった方法は一切使えません。

クレジットカードで毎月支払うのであれば、少しでもポイント還元率の高いカードを選んで、そこから引き落とされるようにしておきましょう。

そうすることで、より毎月の支出を減らすことにつながります。

仮に月2,000円の支払いで、ポイント還元率1%のクレジットカードなら、20円分がポイントなどで戻ってきます。

1ヶ月にするとそんなに大した金額ではないですが、毎月のことになりますので、積み重なっていくとランチ1回とかの金額になるのが想像できますよね。

申し込みする時にカードを設定するだけですので、できる限りポイント還元率の高いクレジットカードを選びましょう。

リクルートカードP-one Wizがおすすめです。

余ったデータ量は翌月に繰り越せる

ここまで3種類のSIMを紹介してきましたが、いずれのプランを使う場合も、共通の特徴があります。それはデータ通信量です。

たまたま、月間のデータ通信量が少なかった場合は、翌月に繰越ができます
これは地味にありがたい機能ですね。

例えば、3GBのプランを使っていたとして、今月は1GBしか使わなかったとすると、翌月は5GBまで使えます。

使う時と使わない時の差が激しい方であれば、これを使うことで、よく使う月に備えておくこともできますよ。

Iijmio データ通信量繰越

バースト機能で容量を使い切ったあとも、ネットの通信速度は快適

データ容量があり、それを全部使い切ってしまうと、めっちゃ遅くなってしまうのではないかと心配になりますよね。

IIJmioでは、容量オーバーになっても、ネットの閲覧ぐらいなら大丈夫です。
バースト機能があって、読み込み時の速度はかなり早いので、さほど遅く感じずにネットサーフィンができますよ。

さすがに動画を見たりする場合には遅くなりますが、ネットサーフィンの場合はバースト機能が便利です。

解約時の手数料はいくら掛かる?

IIJmioを使い始めたはいいけど、やっぱりやめたい、他のSIMに乗り換えたいという場合もあると思います。

解約する時に手数料がいくら掛かるのかは気になるところですよね。

データ通信専用SIMカード、SMS機能付きSIMカードを使っている場合の解約手数料は無料です。気に入らない時にいつでも解約できるのがうれしいポイント。

みおふぉんを使っている場合は、いつでも解約手数料無料という訳にはいきません。
契約してから12ヶ月以内に解約した場合は、解約手数料が発生します。

12ヶ月以内の解約での手数料計算は意外と細かくて、以下のような計算式となります。

(12ヶ月 – 利用開始月を0ヶ月とした利用月数) × 税抜1,000円」です。

分かりやすくするために、2015年1月に契約したとすると、12ヶ月以内の解約手数料は以下の通りです。

年月解約手数料無料までの月数
2015年1月12,960円残り12ヶ月
2015年2月11,880円残り11ヶ月
2015年3月10,800円残り10ヶ月
2015年4月9,720円残り9ヶ月
2015年5月8,640円残り8ヶ月
2015年6月7,560円残り7ヶ月
2015年7月6,480円残り6ヶ月
2015年8月5,400円残り5ヶ月
2015年9月4,320円残り4ヶ月
2015年10月3,240円残り3ヶ月
2015年11月2,160円残り2ヶ月
2015年12月1,080円残り1ヶ月
2016年1月0円

早々に解約してしまうと、今までの携帯キャリアよりも解約手数料が高くつきますので、みおふぉんを選ぶ際は1年以上使う覚悟をしておきましょう。

逆に13ヶ月目以降であれば、いつでも解約手数料が無料になるというのはありがたいですね。1年ごとの乗り換えもできちゃいます。

新しい通信手段に変更する時は、その先のことを考えて解約のことまで視野に入れておくようにすると、満足度も高くなりますよ。

IIJmioも含めた格安SIMの違約金が気になる方は、以下のページもおすすめです!

IIJmioを申し込むには?

もし、IIJmioを使ってみようと思った場合、どこから申し込みすればいいのか?と悩むと思います。

その時は、右上にある「ご購入・お申し込み」ボタンを押して、左下のIIJmioサイトから直接申し込む方にチェックを入れてください。

別ルートでパッケージを購入しておく方法もありますが、分かりにくいと思いますので、公式サイトから直接いった方が確実だと思います。

Iijmio申し込み

申込からネットにつながるまでの一連の流れは、以下のページを読むとイメージできますよ。

店頭からの申込もできます(イオン・ビックカメラ)

IIJmioのSIMを使おうと思っているけど、自分で設定する方法がイマイチ面倒に思うのであれば、店頭から申し込むのもいいですよ。

イオンとBIC SIMカウンター(ビックカメラ・ソフマップ・コジマ)にいけば、即日でIIJmioでネットにつながるようになります!

ただ、今までに携帯ショップで手続きしたことがある方は分かると思いますが、それなりに待ち時間も発生しますので、1日使う覚悟で行った方がいいですよ。

待ち時間が嫌な方は、ネットでIIJmioに申し込むのがおすすめです。

ちなみに、BIC SIMカウンターからの手続きは、以下のページで手順を紹介しています。

イオンでIIjmioを申し込む場合は、ついでに買い物するかと思います。
イオンでお得な買い物をする方法も知っておくと、携帯代以外も節約できますよ!

「おうちでナンバーポータビリティ」を使えば不通期間が解消される

今までは、ネット経由でIIJmioにMNPして乗り換える時は、数日間通信できない期間がありました。

これが不便だったんですが、「おうちでナンバーポータビリティ」というサービスが登場して、それが解消されます!

SIMカードを申し込んで、到着後に自由なタイミングでMNPができるようになるので、変に待つ必要がなくなりました。

これで、IIJmioのデメリットの1つがなくなりましたね!

さいごに:初めての格安SIMにおすすめ

IIJmioは、今いろいろ出ている格安SIMの中でも最も評判のいいサービスです。

2015年7月頃から通信速度が下がりつつありますが、それでも他のところより安定している話を聞くので、たまにスマホを使うぐらいであれば、ストレスのない通信ができるでしょう。

動画をガンガン見る場合は、混み合いやすいお昼・夕方・22時前後を避けるのがいいと思います。

スマートフォンの月額料金を少しでも安くしようと思っているなら、まずはIIJmioを試してみるといいのではないでしょうか。

データSIMであれば、いつでも解約できますので、負担も少ないです。

毎月の携帯代が浮くことで浮いたお金をどうやって使うのかを考えてみると、IIJmioの通信費の安さは大きな魅力だと思います!

IIJmioの詳細・申込はこちらから

申込からネットがつながるまでの流れは、以下のページで詳しく説明しています!

おまけ:他の格安SIMと比較したい方へ

他の格安SIMと比較したい方は、以下のページもどうぞ。

格安SIMとはそもそも何かを知るなら、以下のページがおすすめです。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る