VIASOカードのキャンペーンで3ヶ月は還元率6.5%!デメリットを消すお得な使い方を徹底解説

スポンサーリンク

こんにちは!
クレジットカードを15枚以上持っている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

クレジットカードって使えば使うほどポイントが貯まりますよね。
でも、ポイント交換が面倒だし、そもそもポイント交換自体を忘れてしまうこともあると思います。

私は、自分のことをそれなりにマメな性格だとは思っていますが、やはりクレジットカードのポイントのことを忘れてしまうこともあるんですよね。

そもそも「ポイント交換について考えることがなければいいのに」と思いませんか?

三菱UFJニコスのVIASOカード(ビアソカード)であれば、1年に1度、貯めたポイントを自動でキャッシュバック(オートキャッシュバック)してもらえますよ!

このページでは、そんなVIASOカードをよりお得に使えるようにできることや、使う前に知っておきたい注意点などをまとめて紹介していきますね。

VIASOカード

オートキャッシュバックがあるので、ポイント交換手続きが不要!

VIASOカードの最大のメリットは、貯めたポイントが自動でキャッシュバックされること。
この仕組みのことを、オートキャッシュバックといいます。

1,000ポイント以上貯まれば、1ポイント1円でオートキャッシュバックされるのがうれしいですね。

景品や他のポイントでもらえるのではなく、「現金」というのがいい感じです!

ただ、デメリットもありますので、このあともしっかり目を通してくださいね。

(デメリット)ポイント蓄積期間が1年しかないので要注意!

VIASOカードは、オートキャッシュバックがものすごくうれしいカードなんですが、気をつけないといけない注意点もあるんですよね・・・。

1年で1,000ポイント貯められなければ、ポイントが消滅してしまうので、VIASOカードの特典であるオートキャッシュバックを受けれなくなってしまいます。

オートキャッシュバックは利用者にとってうれしいサービスですが、使うためには厳しい条件があることを知っておきましょう。

でないと、あとで後悔することになってしまいます。

入会した月から12ヶ月間がポイント蓄積期間です。
ポイント還元は、入会月になるイメージですね。

入会月ポイント蓄積期間ポイント還元対象月
1月2月付与分 ~ 翌年1月付与分1月
2月3月付与分 ~ 翌年2月付与分2月
3月4月付与分 ~ 翌年3月付与分3月
4月5月付与分 ~ 翌年4月付与分4月
5月6月付与分 ~ 翌年5月付与分5月
6月7月付与分 ~ 翌年6月付与分6月
7月8月付与分 ~ 翌年7月付与分7月
8月9月付与分 ~ 翌年8月付与分8月
9月10月付与分 ~ 翌年9月付与分9月
10月11月付与分 ~ 翌年10月付与分10月
11月12月付与分 ~ 翌年11月付与分11月
12月1月付与分 ~ 12月付与分12月

引用:ポイントの確認・還元方法 | クレジットカードなら三菱UFJニコス

ちなみに、1年で1,000ポイント貯めるには、普通に使った場合は年間20万円以上使う必要があります

VIASO eショップを使ったり、ETCカード・携帯料金・プロバイダ料金を支払えばポイントが貯まりやすくなるので、キャッシュバックのハードルは下がりますよ。

ポイント還元率は0.5%

オートキャッシュバックはうれしいサービスなんですが、ポイント還元率は0.5%しかありません

0.5%という還元率は他の一般的なクレジットカードと同じです。

1,000円使うごとに5ポイント貯まる仕組みになっています。
厳密にいうと、100円ごとに0.5ポイントで計算されるので、ムダはだいぶ少なくなるはず。

端数の扱いはどうしても気になるところなので、ありがたいですね。

携帯料金・ETC・プロバイダ料金は1%の還元率に

0.5%の還元率だと少し弱いですが、カードの使い方によってはポイント還元率を1%にできます。

  • 携帯料金(ドコモ・au・ソフトバンク・Y!mobile)
  • ETCが使える高速道路・有料道路
  • プロバイダ料金(Yahoo! BB・@nifty・OCN・au one net・BIGLOBE・ODN)

ちなみに、VIASOカードでETCカードを発行する場合は、新規発行手数料1,080円かかりますので、ご注意ください。

ETCカードを使って貯めるポイントを回収するのにも時間がかかるので、VIASOカードでETCを使うのはあまりおすすめしません。

いいETCカードを探しているのであれば、以下のページも合わせて読んでみてくださいね。

このように、1%の還元率になる方法も紹介しましたが、そもそもVIASOカードより還元率が高いカードはいくらでもあります。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

VIASO eショップでポイントを貯めるのがいい使い方

VIASOカードを使ってポイントをしっかり貯めようと思うのなら、「VIASO eショップ」を使ってネットショッピングするようにしましょう。

Amazon楽天市場Yahoo!ショッピングを始めとしたネット通販サイトで買い物することでカード利用分にプラスしてポイントがもらえますよ。

VIASO eショップを使うのであれば、会員サービスの「Net Branch」へログインしないといけません。
まずはカードを作ってからという流れになりますね。

電子マネーへのチャージはポイント付与の対象外に

VIASOカードでは、いろいろな電子マネーへのチャージにも対応しています。

例えば以下のようなものがありますよ。

ただし、チャージしたことによってのポイント付与はありません。
単純にお金を移動させるだけにしか使えないんですよね。

入会キャンペーンでの還元率が6%もある!

オートキャッシュバックが魅力ですが、ポイントの貯まりやすさを見ると少しイマイチだったかもしれません。

でも、VIASOカードはオンラインの入会キャンペーンがとても充実しています!

入会日から3ヶ月後の月末までに15万円以上使うと、9,000円相当のポイントがプレゼントされますよ。

ちょうど15万円使ったと仮定したら、キャンペーンだけで還元率が6%にもなります。
もちろん使った15万円に対しても0.5%の還元率でポイント付与されますので、合計で9,750ポイント貯まることに。

3ヶ月以内に15万円使うと、還元率は6.5%という異常な高さにできますよ!

もう1つ、この条件を満たした上で登録型リボ「楽Pay」に登録すると1,000円分のポイントがプレゼントされますが、こちらはあまり気にしなくていいです。

ポイントが付与されるのは、入会日から6ヶ月後の請求月になります。

このキャンペーンがあるだけでも、VIASOカードを利用する価値があるぐらい!

年末に向けてふるさと納税をたくさんする場合や、新生活の準備に向けて家電などを揃えたい場合はすぐに15万円ぐらい使ってしまうと思います。

このあとでも紹介しますが、MasterCardブランドのため、コストコで大量に買い物するのでも15万円に近づけますよね。

これだけお得なキャンペーンはそうそうないので、この機会に欲しい買い物を全部6.5%割引しちゃいましょう!

▼VIASOカードはこちらからすぐに作れます▼

2018年2月からコストコでも使えます

先ほども少しふれましたが、2018年2月からコストコで使えるクレジットカードがMasterCardブランドだけになります。

そのため、MasterCardブランドに対応しているVIASOカードは、コストコでの買い物時の有力な選択肢になりますよ。

一度に大量に購入すると思いますので、現金払いよりも少しでもポイントが貯まるクレジットカード払いはおすすめです。

もしコストコだけで年間20万円以上使うのであれば、VIASOカードにしておくと、オートキャッシュバックのメリットを受けられますよ。

もちろん、入会から3ヶ月で15万円使って9,000ポイントもらうために使うのもおすすめです。

VIASOカードは年会費無料です!

これまでいろいろとVIASOカードについて説明してきましたが、VIASOカードの年会費は無料です。

初年度だけでなく、2年目以降も年会費無料なのがうれしいですね。
仮にまったく使ってなかったとしても、お金がかかることは一切ありませんよ。

家族カードも年会費無料で持てます

VIASOカードは、家族カードを作ることもできます。
家族カードの年会費も無料です!

ただ、わざわざ家族カードを作るぐらいなら、もう1枚普通にVIASOカードを作るほうがおすすめですよ。

その理由は、先ほど紹介したお得なキャンペーンがあるから。
3ヶ月で15万円使うと90ポイントもらえるのはお得でしかありませんので、ぜひ活用して欲しいです。

もし家族カードを作ろうと思っていたのであれば、キャンペーン内容をもう1度チェックしてみてください。

ETCカードは発行手数料が1,000円かかる

VIASOカードは、ETCカードを付帯させることもできます。
ただ、ETCカードを作る場合は、発行手数料として税込1,080円必要です。

その代わり、ETCカードを使った支払い分は、ポイントが2倍貯まるため、普通に使うよりもポイントが貯まりやすいですよ。

海外旅行傷害保険は利用付帯

これまではポイントや年会費のことだけでしたが、VIASOカードは海外旅行傷害保険にも対応していますよ。

ただ、利用付帯となっており、カードを使わなければ保険が適用されてないため、この点はそこまでおすすめできません。

海外旅行傷害保険に関しては、VIASOカードではなく別のカードを使ってカバーするのがおすすめです。

個人的にはエポスカードが一番おすすめですよ。
こちらも年会費無料で持てますからね。

かわいいカードデザインもある(マイメロ・くまモン)

ちなみにVIASOカードは、カードデザインにも特徴があります。

普通のカードだとシンプルなデザインになりますが、デザインカードでいろいろな種類があるんですよね。

もし、自分の好みのデザインがありましたら、普通のVIASOカードではなく、デザインカードを選ぶのもおすすめです!

デザインが変わることで、サービス内容が変わることはありません。

VIASOカードの審査について

もしVIASOカードが気になって、作ってみようと思った場合、審査に通るかどうかが気になるのではないでしょうか。

こればっかりはやってみないとわかりませんが、ゴールドカードなどのランクが高いカードというわけでもありませんので、それと比較すると審査に通過しやすいとは思います。

審査に通過しやすくするためにも、VIASOカードを作るときには入力項目をしっかり埋めておくようにしましょう。

さいごに

VIASOカード、ポイントはそれほど貯まるカードではないですけど、オートキャッシュバックがいいですよね!

ただし、使えるかどうかは自分がどれぐらいカード利用するかにもよりますので、めんどくさがりな方でも、それだけは確認しておきましょう。

ちゃんとキャッシュバックできるぐらいの金額(年間20万円以上)を使っているのなら、あとは細かいことを気にせずに普通にカードを使えば大丈夫です。

ポイント交換の手間を考えなくていいのは、ズボラな方にとって便利ですよ!
キャッシュバックを通帳で見るのを楽しみにしましょう。

また、入会キャンペーンが充実していますので、それ狙いでもおすすめできるカードですよ!
18歳以上であれば誰でも申込できます。

私ならまず3ヶ月で15万円分必要な買い物をして、キャンペーンの条件を満たしにいきますね。

▼VIASOカードの詳細・発行はこちらから▼

現在実施中のキャンペーン

VIASOカード

新規入会で最大10,000円相当のVIASOポイントプレゼント

  • 入会日から3ヶ月後の月末までに15万以上利用で9,000円相当のVIASOポイントプレゼント
  • 上の条件を満たして、さらに「楽Pay(らくペイ)」登録で1,000円相当のVIASOポイントプレゼント

おまけ:決めきれず、カード探しをしている方へ

クレジットカードってとにかく多いし、どれがいいのか迷いますよね。
長く使うものになるので、できる限りいいカードを選びたいものです。

以下のページでは、収入ゼロから生き延びた節約家の視点でおすすめしているクレジットカードを紹介しています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。
詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る