漢方スタイルクラブカードのポイント還元率が2015年12月から1.5%に減少

スポンサーリンク

私が愛用しているクレジットカードの漢方スタイルクラブカードからハガキが届きました。

残念なお知らせで、2015年12月からポイント還元率が下がる知らせです。

もう1つ使ってるレックスカードでも、同様のお知らせがあって、ガッカリしていたところに追い打ちがかかった感じですね^^;

漢方スタイルクラブカードから届いたポイント還元率減少のハガキ

2015年12月から還元率が1.5%に

2015年11月末までは、2,000円ごとに7ポイント(35円分)貯まるので、還元率が1.75%です。

2015年12月からは2,000円で6ポイント(30円分)なので、還元率が1.5%に下がりますね。

ちなみに、リボ払いなら還元率2%ですが、一括払いしか使わないと思いますので、1.5%で考えますね。

漢方スタイルクラブカードから届いたポイント還元率減少のハガキ

ボーナスポイントも下がる

漢方スタイルクラブカードのもう1つの特徴であった、ボーナスポイントの付与も少しレートが下がってしまいます。

年間で3,500ポイント貯めた時、2015年11月までは500ポイントがボーナスポイントでしたが、2015年12月以降は350ポイントに下がります…。

このボーナスポイントが漢方スタイルクラブカードの売りだったので、これが下がるのはちょっと残念ですね…。

ただ、年間100万円も使わない方であれば、関係のない話となります。

漢方スタイルクラブカードで、ボーナスポイントをもらうために必要な年間支出額は以下の通りです。

  • 200ポイント:666,667円以上
  • 350ポイント:1,166,667円以上

やはり、還元率が下がったことでハードルが高くなりましたね。

上のことを加味した上で、ボーナスポイントも含めた還元率を計算してみました。

  • 668,000円:約1.68%
  • 1,168,000円:約1.64%

単純計算の1.5%よりはポイント還元率が高くなりますね。

ちなみにですが、350ポイントもらうと1,750円相当になるので、年会費分が回収できるのは維持しています。

このあたり、うまいこと考えてポイント還元率を下げてきたなーという印象です。

2015年12月以降の対策は?

2015年12月以降、還元率やボーナスポイントが下がってしまうことで、新しいカードを検討されることもあるでしょう。

もし、新しいカードを検討されるのであれば、以下のカードが選択肢になるかな。

常時、漢方スタイルクラブカードよりポイント還元率が高いのはリクルートカードプラスだけですね。

あとは、最初の半年間だけ漢方スタイルクラブカードの還元率を超えるカードがあるぐらいです。

私は、引き続き使い続けます!

漢方スタイルクラブカードのポイント還元率は下がったといえ、まだまだ1.5%も還元率があります。

これよりお得なカードってリクルートカードプラスしかないので、よほどポイント還元率にこだわるのでなければ、そのまま漢方スタイルクラブカードを使い続けるのがいいですよ。

私は、2015年12月以降も引き続き漢方スタイルクラブカードを使い続けていくつもりです!

ポイントを貯めた時に、Jデポという形で値引きできるのも漢方スタイルクラブカードの良さですよね。

他にも還元率が高いカードがありますが、他のポイント(Ponta・Tポイントなど)に交換する形になるので、ポイントを使うことを考えないといけません。

やっぱり、単純に高還元率で、貯めたポイントを請求額から値引きできるのは素晴らしいと思います。

と、いうことで、今後も漢方スタイルクラブカードを使い続けていきますよ!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!