大手キャリアから格安SIMへMNPで乗り換えする時にかかるMNP手数料と新規の事務手数料について

松本 博樹の画像

今使っている携帯電話(スマートフォン)から、格安SIMに乗り換える時って、どうすればいいのだろう…と思いませんか?

一旦解約してから、また新規契約?
そんなの面倒でやりたくないと思うのではないでしょうか。

大丈夫です、音声通話SIMプランであれば、今までと同じようにMNP(ナンバーポータビリティ)を使って乗り換えができますよ!

格安SIMにMNPした時の手数料について

MNPすると手数料が掛かる

MNPで格安SIMに乗り換えができるのはうれしいことですが、MNPして乗り換えることで手数料がかかることを知っておきましょう。

どこの携帯会社から乗り換えしてもMNP手数料がかかります。
手数料は携帯会社ごとに異なりますよ。

ちなみに、MNPする時の番号は、以下のページから取得できます。

MNP後の手続きのやり方

上のURLでMNPの番号が取得できたら、あとはその番号を使って格安SIMのサービスに契約手続きを行うだけですね。

全体の流れは、以下のページで説明しています。

新規契約で3,000円かかる

格安SIMに新規契約すると、どの業者であっても、事務手数料として3,300円が発生します。

これは大手キャリアであっても同じはず。

こればかりはどうしようもないので、必要経費と捉えておくのがいいですよ。

長く使い続けるほど、初期費用の負担も小さく感じますので、一度使い始めたら、できる限り長く使い続けましょう。

大手キャリアのように2年縛りもありませんので、3年4年と長く使い続けるのがおすすめです。

さいごに:MNPで気軽に乗り換えよう

MNPすることで、乗り換え手数料と新規契約の事務手数料はどうしても掛かってしまいます。

ですが、これまで長年の悩みであった、2年縛りの違約金からは解放されますよ。

私自身、2年縛りから解放されたら、携帯電話のことで余計な心配をする必要がなくなったので、ストレスが1つ減りましたよ!

最初に手数料を払うのがいやかもしれませんが、長い目で見たら確実にお得になりますので、格安SIMに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

迷っている方は、以下のページも参考にどうぞ。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール