格安SIMって今までのように家族割引のサービスは使えるかの疑問に回答

松本 博樹の画像

大手キャリアから格安SIMに乗り換えを検討されている時に気になることが、今までのような家族割引のサービスがあるかどうかということ。

格安SIMにすることで今までより安くなるのは分かるけど、家族割引がなくなってしまうのは嫌だし、むしろ高くなってしまったらどうしよう…と思いますよね。

このページでは、大手キャリアから格安SIMに乗り換えを検討されている場合に、家族割引できるかどうかや、家族割引に対応しているサービスを紹介していきます。

ちなみに、大手キャリアや格安SIMの言葉の意味がよく分からない方は、以下のページで説明していますので、合わせて読んでみてくださいね。

格安SIMの家族プラン

格安SIMで家族割引を提供しているところは少ない

いきなり残念なお知らせですが、格安SIMの業者で、家族割引のサービスを提供しているところはほとんどありません。

家族割引を重要視するなら、残念ですね。

でも、全くないわけではありませんので、次は家族割引がある格安SIMのサービスを紹介しますね。

IIJmioがファミリーシェアプランを用意している

格安SIM業者で最も有名なIIJmioであれば、10GBのファミリーシェアプランがあり、最大3枚までのSIMカードを使ってデータ容量をシェアすることができます。

つまり、家族3人までであれば、10GBをシェアできるというわけ。

1人1人契約していくよりも、家族で一気に契約してしまえるので、手間も省けて便利ですよ。

ただ、SIMカード1枚増やすごとに2,000円の手数料がかかるので、その点は意識しておきましょう。

最大3枚まで増やせるので、夫婦2人だけの家庭だとIIJmioをまとめて使うのが手間なくておすすめ。

夫婦のどちらか1人がよくネットを使う、Webを仕事にしている私のような家庭であれば、IIJmioのファミリーシェアプランはかなり向いていると言えます。

家族間の通話料が20%OFFに

IIJmioのファミリーシェアプランを使うと、家族間での通話が20%OFFになります。

通常、30秒で20円するところが、16円になるので、ちょっぴり節約になりますよね。

ただ、家族間でのやりとりであれば、LINEの通話Facebookメッセンジャーの通話を使えば無料で済むので、20%安くなるからといって、使う必要はないと思います。

ちなみに私は、格安SIMでの通話にIP電話を使っていますが、今のところは普通に使えてますよ。

家族割引がなくても、そもそもが安いので大丈夫

IIJmioぐらいしか家族割引がありませんが、格安SIMって、そもそも月額1,000円以内で使えるのも多いです。

電話できるタイプにしても、月額2,000円前後で使えるので、明らかに安いですよね。

そもそも家族割引とかする必要がありません。

家族割引がないってことは、格安SIMを提供しているサービスが、基本的なところで最大限ユーザーに還元しようと頑張っているともとらえれます。

家族割引のサービスがあるということは、それを提供したとしても、会社では利益が出るということなので、その辺りも意識しておくといいかもしれませんね。

私なら、家族割引は必要ないので、そもそもの料金が安くなる方がうれしいです。

家族割引の仕組みがあることで、またややこしく思うし、覚えられないんですよね…。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール