申込前に要チェック!格安SIMの違約金(解約手数料)は大手キャリアよりも条件がゆるい

スポンサーリンク

格安SIMを使うと、毎月の料金が安くなるし、何かウラがあるのではないか?

そんな不安を持つかもしれませんね。

DoCoMo・au・ソフトバンクの大手キャリアだと2年縛りがあって、それ以外の期間で解約すると違約金が発生してしまいます。

格安SIMだと、もっと違約金が高くなるのではないか?
もし、そう思っていたなら、その心配は必要ありません!

大手キャリアと比べても条件がゆるく、縛りがあったとしても軽いですよ。

このページでは、格安SIMの違約金(解約手数料)について詳しく見てきましょう!

格安SIMの違約金について

格安SIMって何?という方はこちらから。

データ専用SIMだと違約金0円がほとんど

格安SIMには、070/080/090の番号での電話ができない、データ専用SIMと今までの番号で電話ができる音声通話SIMがあります。

そのうちのデータ専用SIMだと、ほとんどの業者で解約した時の違約金が0円です!

例えば、契約して1ヶ月使ってみたけど、合わなかったからやっぱりやめよう…となった時にも気軽に解約できますよ。

データ専用SIMで違約金が発生するのは、au回線を使うmineoだけですね。

そのmineoも、利用開始月から12ヶ月間だけしか、違約金が発生せず、それ以降はいつ解約しても手数料0円です。

データ専用SIMの解約手数料を一覧で見たい方は、以下のページで。

音声通話SIMだと数ヶ月〜1年以内の解約で違約金が発生する

もう1つの音声通話SIMは、データ専用SIMよりも解約のハードルが高いです。

全ての格安SIM業者で、早く解約した時に違約金が発生してしまいます。

格安SIM業者によってルールが違いますが、最低でも6ヶ月〜1年以内は使わないと、違約金が発生してしまうので、契約の際は慎重に。

逆に言えば、違約金が発生する期間より長く使えば、いつやめても違約金は0円です!

違約金の金額は、格安SIM業者によってまちまちですが、6,600〜13,200円の範囲がほとんどです。

音声通話SIMの解約手数料を一覧で見たい方は、以下のページで。

さいごに:一度、格安SIMを使い始めれば気軽に乗り換えができる

これまで説明したように、格安SIMだと、大手キャリアを使うよりも違約金が発生するハードルが低くなります。

もし、違約金を心配されていたのであれば、これで少しは不安を軽減できたのではないでしょうか。

データ専用SIMなら、違約金0円なので気軽に試せるのがうれしいですね!

おまけ:格安SIMを使うか悩んでいる方へ

格安SIMってよく分からないですよね。
特徴を簡単に知るには、以下のページがおすすめ!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!