iTunesカードのコードをiPhoneから読み取って使う方法

松本 博樹の画像

iTunesカードをコストコで入手した

先日、コストコに行った時に、定価よりも安くなっているiTunesカードを手に入れることができました。

10,000円のiTunesカードが9,080円で買えたのでラッキー!

コストコで買った場合、買ったあとに店員さんに使うための手続きをしてもらう必要があります。

1分もかからずに終わりますので、ささっとお願いしてしまいましょう。

iTunesカードのコードをiPhoneから使う方法

iTunesカードの裏にはコードが書かれています。
めくるとコードが表示されますよ。

iTunesカードのコードをiPhoneから使う方法

iTunes Storeからコードを入力する

iTunesカードに書かれているコードが見えたら、あとは入力するだけです。

今まではパソコンからiTunesの画面で入力してたのですが、そういえばiPhoneからはどうやって入力するのだろう…と思って、調べてみました。

まずは、iTunes Storeのアプリを開きます。

アプリを開いたら、一番下までスクロールしてください。
「コードを使う」ボタンがあるので、それを押してください。

iTunes Storeでの手続き

画面が切り替わったら、入力方法を選びます。
コードってカメラで読み取りできるんですね〜。

時代の進化はすごい!

iTunes Storeでの手続き

カメラで読み取るを選んで、コードが写るようにしてみたら、早速読み取ってくれました。

読み取りまでもめっちゃ早い!

iTunes Storeでの手続き

10,000円のiTunesカードだったので、ちゃんと10,000円が追加されてますね。

わざわざ入力する手間もなく、めっちゃ簡単でした!

iTunes Storeでの手続き

こんなやり方があるのは知らなかったなぁ…。
今まで地道に1文字ずつ入力してた苦労はなんだったのか。

さいごに

カメラの読み取りを使うことで、全然手間なくiTunesカードに書かれているコードを反映できます。

もっと早く知っておけば良かったと思うほどですよ。

iTunesカードを安く書いつつ、残高を増やすための手続きも簡略化してしまいましょう!

家電でもiTunesカードを安く買えることがあります。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール