海外からのお客様に自宅の空き部屋を貸して収入を得る「airbnb」

スポンサーリンク

airbnbは海外からの旅行者を泊めてあげるサービスです。

泊めてあげる部屋の料金を設定することができます。
つまり、民宿と同じようなことができるようになります。

これを知って私は早速登録しました。
今のところ宿泊の申し込みはないけど、いずれ申し込みがあるかもしれません。

airbnbは最近急激に成長していて、世界中にホストがいるほどのサービスになってきました。

CouchSurfingとの違い

前に「お金がない!でも旅をしたい!を叶える「CouchSurfing(カウチサーフィン)」」という記事を書きました。

基本的にカウチサーフィンは無料でのサービスです。
有料となるairbnbとはこの点が決定的に違います。

ホストには嬉しいです。お金が入ってくるのはやっぱり嬉しい。

ホストは部屋の登録をする時に写真を載せるので、
ゲスト側もどんなところか想像しやすくなり、お互いにメリットがあります。

外国人とのコミュニケーションは楽しい

外国語を勉強したいと思っている方にとってはまさに一石二鳥のサービスです。

お金をもらって生の外国語を聞いて、会話することができます。
こんな経験、お金を出してもなかなかできることじゃありません。

こういうサービスを利用する方はたいていオープンな人なので、普通に楽しく過ごせます。

カウチサーフィンで2回受け入れたことがあるけど、
2回ともとてもいい人で楽しい時間でした。

自宅に空き部屋があって、利用する予定のない方はairbnbをはじめてみませんか?

追記:実際に利用してみて、外国人を受け入れしました。
空き部屋を貸して、収入を得るサービスのairbnbから入金がありました

その他参考になるページ

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る