サムティの株主優待を使ってセンターホテル東京とセンターホテル大阪に宿泊!比較してみました

スポンサーリンク

サムティ(3244)の株主優待は、200株以上持っていると、センターホテル東京とセンターホテル大阪のシングル無料宿泊券が1枚ずつもらえます。

私は2013年11月末の権利確定日でサムティの株主優待券を取得しました。

ちょうど2014年4月末頃に、旅行に行って優待券を2枚とも使う機会があったので、試してみました。

当たり前なんですが、普通に2泊とも無料で泊まれました。最高!

サムティの株主優待券が到着した話

2013年11月末に権利確定日を迎えたサムティ(3244)。
株主優待の権利を取得したので2014年2月28日に優待が到着しました。

200株の優待を取得したので、優待内容はセンターホテル東京とセンターホテル大阪のシングル1泊分の宿泊券です。

サムティの株主優待券

サムティ株主優待宿泊券の使い方

サムティの株主優待宿泊券を使う場合、センターホテル東京・センターホテル大阪で株主優待券と身分証明証の提示が必要です。どちらのホテルでも身分証明証の提示を求められました。

以前は、株主優待券がオークションで取引されていましたが、このように身分証明証が必要になったことで、優待を取得しても使いづらくなっていました。私は東京も大阪もよく行くので、いつか使う機会があるだろうと思い、取得していました。

2泊無料になったこともあり、優待を取っていて本当に良かったと思います!

センターホテル東京

まず先に泊まったのは、センターホテル東京です。センターホテル東京は、東京駅から歩いていける範囲にあります。

住所は「東京都中央区日本橋兜町15-13」です。

東京に着いた時にまずセンターホテル東京に寄って、先に荷物を預かってもらいました。この後、移動が多い予定だったので、少しでも楽したかったのです。ホテルのスタッフはこころよく預かってくださって嬉しかったです。

センターホテル東京

センターホテル東京の入り口は、ちょっと入りづらい・・・。妙に豪華なんですよね。で、中が見えないのがちょっと怖い。

センターホテル東京の入り口

センターホテル東京のすぐ横には居酒屋・定食屋が入っています。あまりホテルのある雰囲気ではないですが、2つ上の写真を目印に歩いてください。

センターホテル東京の外観

部屋の様子

センターホテル東京のシングルルームがこちら。株主優待券を使って宿泊って気分がイイですね!

センターホテル東京のシングルルーム

シングルルームのベッドの足側にテレビがありました。寝転がりながらテレビを見たい方にとって、非常に便利そうな位置でした。私は全くテレビを見ないので、触れてもないですが・・・。

センターホテル東京のシングルルームにあったテレビ

トイレとお風呂は一体型です。ビジネスホテルによくある感じの部屋ですよね。この日の疲れをとるには十分です。私はお風呂にお湯を沸かして入りましたよ。

センターホテル東京のシングルルームにのお風呂とトイレ

センターホテル東京のシングルルーム料金って、10,700円もするんですか!普通のビジネスホテルのシングル1泊でこれだけの値段になることに驚きを隠せませんが、株主優待券を使っているので無料で泊まってます。

センターホテル東京のシングルルーム料金

時期によって値段は変動があると書いてますが、10,000円もするなら泊まるのを躊躇するなぁ。

センターホテル大阪

次に泊まったのはセンターホテル大阪。センターホテル東京に泊まった3日後です。こんな短い期間に東京と大阪のセンターホテルを使うのはそうそうないはず。場所は御堂筋線・京阪線の淀屋橋駅が最も近いです。淀屋橋からなら徒歩1〜2分ぐらいです。

大通りから少し脇に入ったところにセンターホテル大阪があります。
住所は「大阪府大阪市中央区北浜3丁目2-18」です。

センターホテル大阪の外観

外観は「センターホテル大阪」のロゴがあり、探している時に迷うことはないと思います。

センターホテル大阪の外観

部屋の様子

部屋の様子をたっぷりと紹介したいところですが、この日の私が懇親会疲れもあり、そこまであまり気が回ってませんでした。2枚だけで、トイレやバスルームの写真はありません。特別東京との大きな違いは感じませんでした。

しいて言うなら、大阪の方が全体的にコンパクトな部屋だったかな。

センターホテル大阪のシングルルーム

懇親会で疲れてる中、撮った写真。なぜか壁ばかりが写っています・・。別に酔ってる訳ではないんですけどね。

センターホテル大阪のシングルルーム

センターホテル大阪滞在中は、この日の出来事を振り返ったりして、そのあとすぐに寝ました。この日は鎌倉を観光したあと、大阪に移動してきて懇親会だったんですよね。そりゃ疲れる。

ちなみにセンターホテル大阪では、こんなカードキーを使いました。

センターホテル大阪のルームキー

両方泊まった感想

センターホテル東京とセンターホテル大阪の両方に泊まってみて、特別どちらかが優れているというのは感じませんでした。

どちらのホテルでも普通に眠れたし、特に不満はなかったです。
ビジネスホテルは、プライベートが保てて寝れればOKだと考えているので、個人的にハードルがかなり低いです。

嬉しかったのは、何といっても株主優待券を使って無料で泊まれたこと。
2泊分もお金を使わずに済んだのが株主冥利に尽きます。

ちなみに、サムティの株主優待を取得するのにかかった費用はたったの22円です!

22円で2泊無料ってあり得ないですね〜。

ずっと保有していれば、それこそ配当金をもらいながら優待で宿泊できるので、完全に無料になります。
これこそ、株主優待の醍醐味ってヤツです。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る