大学生限定の学割で無料で入れる関東・関西の美術館・博物館9選

スポンサーリンク

予定が空いた休日は美術館や博物館に足を運んでいます。

美しい絵画をぼんやりと眺めたり、立ち止まってじっくり歴史について思いをめぐらせたり。

ふと気づいたら、数時間経っていることも…。

大学生の頃は、今よりもっと頻繁に通っていました。
なぜなら、お金のことを全く気にせずに無料で楽しむことができる美術館や博物館があるから。

無料というスゴさの割には、大学生にあまり知られていなくて、もったいないと思うので、このページをきっかけにしっていただければと思います!

大学生の学割で無料にできる美術館と博物館

無料になる仕組み「キャンパスメンバーズ」

キャンパスメンバーズ

学生に美術館や博物館を積極的に利用してもらうために、一部の大学は美術館や博物館にお金を払っています。

そのおかげで、その大学の学生は無料で入館できるわけですね。ありがたい話です。

例えば、国立美術館キャンパスメンバーズという仕組みがあります。

キャンパスメンバーズに加盟している大学の学生は、国立美術館の常設展を無料で観覧することができるのです。
さらに、企画展も割引料金で利用できます。

東京国立近代美術館の常設展の観覧料(一般)は430円です。
参考:よくある質問 | 東京国立近代美術館

つまり、キャンパスメンバーズに加盟している大学の学生は、430円お得になります。

無料だと、気持ち的に足を運びやすくなることもいいですよね。

「こんな話、初めて聞いた。自分の大学はキャンパスメンバーズに入っていないんじゃないかな?」と思うかもしれませんね。

意外と学生に知られていない仕組みなので、気づいていないだけで、実は進学先の大学が対象になっているかも?

ぜひ、国立美術館キャンパスメンバーズ 加盟大学一覧(約80大学)をチェックしてみてください!

博物館と提携している大学は、この国立美術館キャンパスメンバーズの加盟大学とは別枠なので、行く時はホームページで確認してくださいね。

また、この仕組みを利用するときには、学生証を提示しないと無料できないので注意です。

学生証を忘れずに持っていきましょう!

無料・割引で入れる関東の美術館・博物館5つ

では、無料・割引で入れる美術館や博物館を紹介していきます!

東京国立近代美術館

東京国立近代美術館
引用:東京国立近代美術館 公式サイト

東京国立近代美術館は、皇居に近い北の丸公園にある美術館です。

2-4階の所蔵品ギャラリーでは、「MOMATコレクション」展が開催されており、日本画、洋画、版画、水彩、素描、彫刻、写真、映像などさまざまなジャンルの作品が展示されています。

「MOMATコレクション」展の作品数は、なんと12,000点以上!

他にも、国から指定を受けた重要文化財となっている日本画が8点展示されています。

日本画を楽しむならここですね!

  • 観覧料:常設展は無料、企画展は展覧会により異なる
  • 開館時間:10:00-17:00
  • 休館日:毎週月曜日(祝日または振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)、展示替期間、年末年始
  • 住所:東京都千代田区北の丸公園3-1

国立西洋美術館

国立西洋美術館
引用:国立西洋美術館 公式サイト

国立西洋美術館は、上野公園内にある美術館。
西洋美術に関する展示の基礎は、フランス美術コレクションの「松方コレクション」です。

松方コレクションとは、実業家松方幸次郎が昭和の初期に築きあげたコレクションのこと。

ヨーロッパに何度も訪れて画廊に足を運び、絵画や彫刻から家具やタペストリーまで、大量のの美術品を買い集めたそうです。

日本に居ながらにして、本物の西洋美術を鑑賞できるのはびっくり!

  • 観覧料:常設展は無料、企画展は展覧会により異なる
  • 開館時間:9:30-17:30(金曜日~20:00)
  • 休館日:毎週月曜日(祝日または振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)、年末年始
  • 住所:東京都台東区上野公園7番7号

国立新美術館

国立新美術館
引用:国立新美術館 公式サイト

国立新美術館は、東京メトロ日比谷線六本木駅から徒歩5分のところにあります。

美術館にしては珍しく、コレクションを収容していません。

その代わりに、国内最大級の展示スペースを生かして、様々な展覧会を行っているのが特徴的です。

展覧会の公募展では、様々な美術団体が独自の展示を行っています。

また、企画展では6月24日(水)~8月31日(月)まで、「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」が開催。
2016年には文化庁メディア芸術祭が開催予定です。

「新美術館」という名前の通り、新しい美術に出会うことができる美術館ですね。

  • 観覧料:企画展・公募展の両方とも、無料または割引で入館できる。料金は展覧会毎に異なる
  • 開館時間:10:00-18:00
  • 休館日:毎週火曜日(祝日または振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)、年末年始
  • 住所:東京都港区六本木7-22-2

東京国立博物館

東京国立博物館
引用:東京国立博物館 公式サイト

東京国立博物館は、上野恩賜公園内にある博物館。

付近にある国立科学博物館が科学に関する展示を扱っているので、東京国立博物館は美術品や文化に関する展示が多いです。

本館の2階には、「日本美術の流れ」というタイトルで、縄文時代から江戸時代まで時代を追って国宝や重要文化財が展示されています。

彫刻や陶磁器、刀剣など、歴史的なものがたくさん展示されていて、「あっ、社会科の教科書で見たことがあるやつだ!」と言いたくなります。

写真ではなく実物を見ると、大きさや立体感があって、ドキドキしてしまいますね。

  • 観覧料:常設展は無料。特別展は展示によって異なる
  • 開館時間:9:30-17:00
  • 休館日:毎週月曜日(祝日または振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)、年末年始
  • 住所:東京都台東区上野公園13-9

国立科学博物館

国立科学博物館
引用:国立科学博物館 公式サイト

国立科学博物館(通称:科博)は、東京国立博物館と同じく、上野恩賜公園内にある博物館で、国立西洋美術館の隣にあります。

常設展は、「日本館」と「地球館」のふたつに分かれているのが特徴的です。

日本館のテーマは「日本列島の自然と私たち」
日本列島の生い立ちや、日本人や日本文化のルーツを自然という観点から知ることができます。

地球館のテーマは、「地球生命史と人類」
様々な哺乳類や鳥類の剥製や、恐竜の骨格標本の展示があったり、宇宙を見るための望遠鏡が展示されたりしています。

自然や生命をテーマにしているので、子供でも楽しめますし、理科に苦手意識のある大人でも楽しめますよ!

  • 観覧料:常設展は無料。企画展は、展示によって料金が異なる
  • 開館時間:9:00-17:00
  • 休館日:毎週月曜日(祝日または振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)、年末年始
  • 場所:東京都台東区上野公園7-20

無料・割引で入れる関西の美術館・博物館4つ

京都国立近代美術館

京都国立近代美術館
引用:京都国立近代美術館 公式サイト

京都国立近代美術館は、京都市内の岡崎公園の近くにある美術館です。

常設展のコレクションギャラリーでは、日本画、洋画、版画、彫刻および陶芸、染織、金工、木竹工、漆工、ジュエリーなどの工芸、写真などが展示されています。

日本の近代美術の代表作だけを展示するのではなく、欧米の近・現代の作品もあわせて展示しているのがこだわりのポイントです。

全ての所蔵品を展示するのではなく、テーマをもって厳選したコレクションを展示しているところが素敵です。

また、2009年度から開始した定期上映会「MoMAK Films」も特徴的です。

東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)が所蔵する約6万本の名作映画を鑑賞できます。

  • 観覧料:常設展は無料、企画展は割引料金となります。
  • 開館時間:9:30-17:00
  • 休館日:毎週月曜日(祝日または振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)、年末年始
  • 住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町

国立国際美術館

国立国際美術館
引用:国立国際美術館 公式サイト

国立国際美術館は、京阪中之島線の渡辺橋駅から、徒歩約5分のところにある美術館です。

建物は1970年の日本万国博覧会のときに建設された、万国博美術館を活用したもの。

そうした経緯もあって、海外の美術館と協力した展示や、海外の芸術家の個展が開催されています。

1945年以降に発表された国内外の作品を主に展示しているので、現代美術に興味のある方は好きになる美術館だと思います!

  • 観覧料:コレクション展は無料。その他の展示は、展示によって異なる
  • 開館時間:10:00-17:00
  • 休館日:毎週月曜日(祝日または振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)、年末年始
  • 住所:大阪府大阪市北区中之島4-2-55

京都国立博物館

京都国立博物館
引用:京都国立博物館 公式サイト

京都国立博物館は、京阪電車の七条駅から、徒歩7分のところにある博物館です。

主な建物は「平成知新館」と「明治古都館」のふたつで、「平成知新館」には彫刻や絵画を扱った常設展が、「明治古都館」には特別展があります。

この博物館の特徴は、館内の展示だけではなく、屋外の展示も充実していることです。

見学には予約が必要となりますが、「堪庵(たんあん)」という茶室があるんです!

京都国立博物館
引用:屋外展示 | 京都国立博物館 | Kyoto National Museum

  • 観覧料:常設展は無料。特別展は、展示によって異なる
  • 開館時間:9:30-17:00
  • 休館日:毎週月曜日(祝日または振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)、年末年始
  • 住所:京都市東山区茶屋町527

奈良国立博物館

奈良国立博物館
引用:奈良国立博物館 公式サイト

奈良国立博物館は、近鉄奈良駅のバス停で下車して徒歩約15分のところにあります。

奈良国立美術館では仏教に関する美術工芸品が展示されています。

寺院にまつられていた仏像、仏の教えが記された経典、堂内を飾る荘厳具など、仏教にまつわる美術品は多岐にわたります。

当館で主に仏像を展示しております「なら仏像館」は、建物内外の改修工事のため、昨年(平成26年)9月より休館しています。
(中略)平成28年春リニューアルオープン予定

引用:展示案内 – 奈良国立博物館

残念なことに「なら仏像館」はしばらく休館していますが、仏教美術や青銅器などの展示は楽しめるようです!

奈良に行く際、日帰りで観光するなら、奈良・斑鳩1dayチケットがおすすめ。

  • 観覧料:常設展は無料。特別展は、展示によって異なる
  • 開館時間:9:30-17:00
  • 休館日:毎週月曜日(祝日または振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)、年末年始
  • 住所:奈良市登大路町50番地

大学生のうちに、美術館・博物館を無料で楽しみ尽くそう!

大学生のうちなら、このように無料で入れる美術館や博物館がたくさんあります!

ただし、無料の対象になるのは、提携している大学の学生だけですから、その点だけ気をつけてくださいね。

無料で入れる美術館や博物館は、何度行っても無料です。

学生の特権だと思って、心ゆくまで楽しみましょう!
友達と一緒に行くのもおすすめです。

東京都内には、今回で紹介した他にも、安く入れる美術館や博物館がたくさんありますので、気になる方は合わせて読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

木村 一輝

木村すらいむ(木村一輝) 文脈をテーマに、フリーランスとして活動中。 ブログ「文脈をつなぐ」 ネットラジオ「文脈ラジオ」、ライティング・文字起こし・イベント企画・ホームページ制作など。 1992年・群馬生まれ。東京工業大学大学院卒(修士・数学)。

執筆メンバの一覧を見る