半額以上が当たり前のクーポンサイトは本当にお得?クーポンサイトとの向き合い方や賢い活用法

スポンサーリンク

今回は節約法というよりも、お金と生き方への意識について踏み込んだ記事になります。

2010年の後半頃から爆発的にクーポンサイトが流行し始めました。
2010~2011年の年末年始におせちの事件がありましたが、あれもクーポンサイトからでした。

クーポンサイトに登録して今出ているクーポンを見てみると、まあとにかく安いですよね!
というか、安く見えますよね。だって50%以上OFFが当たり前にある世界です。
半額割引になったら誰だって、「おっ!」と思います。

ここで間を置いて考えてみましょう。

そもそもなぜ半額以上安くなるのでしょうか?

推測ですが、おそらく半額以下で販売しても利益があがるからです。

ここ重要です。
じゃあ、普段はもっと損をしているのか?
きっとそうでしょう。

クーポンを使うと安くなります。
でも、安くはなっても0円にはなりません。

本当にそのクーポンを買ってまで使う必要があるのか?

もうひとつ、このことを考えてみましょう。
かなりの確率で今絶対に必要ではないと思います。

クーポンはお店の戦略の一部だと思います。
お店としても多くの人に来てもらって、口コミで広げて欲しいと思っているでしょう。

クーポンサイトを使う時は

・絶対に必要か?

これを考えてから使うのに限ります。

ちなみに最近、ポンパレで500円のマックカードが100円で販売されていましたが、このような明らかに得なクーポンもあります。この場合は即買いでいいと思います。私も買いました。

こういうチャンスを狙って登録するもアリかもしれませんね。

ついついムダに買い物してしまうのであれば、以下のページを合わせて読んでおきましょう!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!