おサイフケータイ端末からモバイルSuicaに登録する方法

スポンサーリンク

おサイフケータイに対応している携帯電話があれば、JR東日本のモバイルSuicaが使えるようになります。

東京に出張する機会も年に数回あるので、Suicaのカードを出すよりも手間の掛からないモバイルSuicaを使いたいと思いました。

このページでは、モバイルSuicaが使えるようになるまでの登録手順を紹介していきます。

モバイルSuicaのアプリをダウンロードする手順

まずは、おサイフケータイのアプリを開いてください。
モバイルSuicaがありますので、それを押して次に進みます。

モバイルSuicaの登録

東日本旅客鉄道株式会社のサイトへ移動しますか?
と聞かれるので、「はい」で次へ進みましょう。

モバイルSuicaの登録

モバイルSuicaのページが出てきましたので、オレンジ色の「モバイルSuicaアプリダウンロードはこちら」を押してください。

モバイルSuicaの登録

アプリダウンロードの画面に来ましたので、「インストール」ボタンを押してください。

mobile_suica_toroku_04

モバイルSuicaのアプリを起動して登録を進める

モバイルSuicaのアプリを開くと、最初に確認事項の画面が出てきます。

同意して次に進んでください。

mobile_suica_toroku_05

SIMカードが入っていない携帯電話だと、モバイルSuicaが使えません。

私が買ったスマートフォンは白ロムで、SIMカードが入ってないんですよね。

もう1台持っているiPhoneに入れていたDMM mobileのSIMカードを入れることにしました。

モバイルSuicaの登録

SIMを入れたら無事に次へ進めました。

アプリ初期設定が必要なので、「はい」を押して次に進みましょう。

モバイルSuicaの登録

数秒待っていると、初期化が完了しますので、また次へ進みます。

モバイルSuicaの登録

処理中の画面が開きますので、20〜60秒ほど待ちましょう。

モバイルSuicaの登録

続いて、モバイルSuicaの初期設定画面が開きます。
もちろん初めての利用なので、「会員登録へ」を押して次へ進んでください。

モバイルSuicaの登録

会員登録にも2種類あって、全くの新規登録か、My JR-EAST会員になっているかどうかで流れが異なります。

私は既にMy JR-EAST会員になっているので、下から次へ進むことに。

モバイルSuicaの登録

会員規約が出てきますので、読み進めましょう。

モバイルSuicaの登録

納得できれば、同意するにチェックを入れて、「モバイルSuica会員」を押してください。

モバイルSuicaの登録

続いてMy JR-EAST IDとパスワードを入力します。

モバイルSuicaの登録

ログインできると、登録情報が出てきますので、間違いがなければ次へ進みます。

モバイルSuicaの登録

次はモバイルSuicaでチャージしたお金を引き落とすクレジットカード情報を入力してください。

ここで選ぶカードはビューカードにしましょう。ビューカード系のカードならモバイルSuicaの年会費が無料になりますよ。

私は東京出張で使いまくってるビックカメラSuicaカードにしました。

モバイルSuicaの登録

セキュリティコードはクレジットカード裏面の3桁の番号です。

モバイルSuicaの登録

次は携帯電話の情報を入力します。

電話番号、メールアドレス、Suicaのパスワードを入力してください。

電話番号はIP電話の番号でも大丈夫でした。
あと、メールアドレスはGmailもあるので、キャリアと契約してなくても問題ありません。

モバイルSuicaの登録

次に進むと登録情報の確認画面になります。

ひと通りチェックして問題なければ、次へ進みましょう。

モバイルSuicaの登録

この時点で、仮会員登録が完了しました。

次は「初期設定を完了させる」を押して進みました。私はSuica定期券を持っていないので・・・。

モバイルSuicaの登録

続いて、モバイルSuicaのセットアップを行います。
次へを押して進んでください。

モバイルSuicaの登録

Suica設定処理中の画面が出てきます。
1〜3分程度かかると出てきましたが、私の場合は1分も掛からずに終わりましたよ。

モバイルSuicaの登録

これで初期設定が完了です。
次にオートチャージ設定を行います。

モバイルSuicaの登録

オートチャージについての説明が出てきますので、読み進めて「オートチャージ 申込/変更」を押しましょう。

モバイルSuicaの登録

規約を確認して、同意して次に進んでください。

モバイルSuicaの登録

オートチャージする金額を設定します。
最初は1,000円以下になると3,000円チャージする設定になっていますね。

私はそのままの状態で次に進みました。

モバイルSuicaの登録

確認画面が出てきますので、チェックして申込手続きをしましょう。

モバイルSuicaの登録

オートチャージの処理中画面が開きます。
しばらく待ちましょう。

モバイルSuicaの登録

これでオートチャージの設定も終わりました。
モバイルSuicaを使うための初期設定は全部終わりです。

お疲れ様でした!

モバイルSuicaの登録

メニュー画面を開くと、モバイルSuicaのページが出てきましたね。

また出張の時や特急に乗る時にモバイルSuicaを活用しようと思います。

モバイルSuicaの画面

携帯をタッチするだけでSuicaが使えるのが便利

モバイルSuicaの何がいいかというと、携帯を改札にタッチするだけでSuicaが使えるようになります。

いつも携帯をさわる感覚で取り出して、改札にタッチするだけで大丈夫ですからね。

Suicaのカードを取り出すよりも手間が省けるし、余計なカードを持たなくていいので、便利になります。

モバイルSuicaの登録が最初必要ですが、あとあと時間短縮や快適になるので、ぜひ活用してください!

モバイルSuicaは通常年会費が掛かりますが、ビューカード系なら年会費が不要です。

私はビックカメラSuicaカードを使ってますけど、自分に合ったビューカードを1枚持っておくのがおすすめ。ビックカメラSuicaカードなら、年1回以上使えば年会費無料なのがいいですよ。

ビュー・エクスプレス特約で東海道新幹線・山陽新幹線を安く

モバイルSuicaを使っている方で、東海道新幹線や山陽新幹線を使うのであれば、ビュー・エクスプレス特約を利用することができます。

年会費が1,080円かかりますが、割引額が大きく、すぐに元が取れますので、出張が多い方にはかなりおすすめです!

申込手順は以下の通り。

1からの手順を順番に見ていきたい方は、以下のページがおすすめです!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る