JR東海の株主優待の使い方を徹底解説!東海道新幹線グリーン車の運賃を2割引きにしてみた

スポンサーリンク

JR東海の株主優待券を使って、新幹線の高すぎる運賃を安くしたいと思いました。

いつも東京に出張する時は新幹線を使ってるので、少しでも安くできればと思ってるんですよね・・・。

JR東海の株主優待の使い方

JR東海の株主優待は1枚で10%引き、2枚で20%安くできる

JR東海の株主優待券は1枚持っていると、JR東海の運賃を10%安くできます。

1回で2枚まで使えて、2枚使うと20%も安くできますね。
仮に10,000円の運賃だとしたら8,000円になります。

JR東海の株主優待券2枚

使える区間に注意

JR東海の株主優待は、どこでも使える訳ではありません。
JR東海が管轄している駅間でしか使えないんですよね。

新幹線であれば、新大阪から東京までの区間がJR東海の管轄なので、その区間を利用できます。

新幹線といえば、メインの区間がこれになると思うので、最大で2割引きにできるのはありがたいですよね。

在来線だと南は和歌山県の新宮から北は富山県の猪谷、長野県の塩尻まで使えます。

JR西日本やJR東日本の区間はJR東海の株主優待券で割引するのはできませんので、ご注意ください。

JR東海の区間

グリーン車も割引対象になるので、グリーン車がおすすめ

JR東海の株主優待券は、自由席・指定席だけでなく、グリーン車に乗った場合も同じように割引対象になります。

これがうれしいところ。

グリーン車って本当に快適で、少し奮発するだけで快適な時間を買うことができるので、個人的にはおすすめです。

私のようにどこでも仕事ができるスタイルだと、グリーン車を使って快適な時間を買うのは投資につながりますよ。

そんなグリーン車の運賃も株主優待で割引できるので、普通の指定席ぐらいの運賃で快適な時間を買えます。

JR東海株主優待券の使い方

JR東海の株主優待券を使って切符を買おうと思って、新大阪駅に来ました。

JR西日本の駅では切符が買えないんですよね・・・。

新大阪駅の新幹線きっぷうりば

カウンターで株主優待券を提示して、切符を買いたいことを伝えます。

株主優待券を提示すると、利用したい区間を聞かれますので、その区間を株主優待券に記入しましょう。

私は新大阪駅から東京駅に行きたかったので、そのように書きました。

車両の種類も丸で選ぶことができるので、私はグリーン車にしましたよ。

新大阪駅の新幹線きっぷうりば

ということで、あとは普通に切符を買いました。

切符を買う時は2割引きになった値段で請求が来ますので、あとは自由な支払い方法にしましょう。

クレジットカードの一括払いで買うのがポイントが貯まる分だけお得ですよ。

優待券で新幹線の切符を買うと「海優2割76」と表示されます。これがJR東海の株主優待を使った証拠なんでしょうね。

JR東海の株主優待を使って買った新幹線のきっぷ

合計で15,380円でした。通常の運賃は19,230円なので、3,850円も安くできましたね。

株主優待を使うだけでこんなに差が出るとは・・・これは助かります。

JR東海の株主優待を使って買った新幹線のきっぷの明細

JR東海の株主優待を入手する方法

そもそも、JR東海の株主優待をどうやって手に入れたらいいのか、まずはそこが問題ですよね。

結論からいうと、今回私が使った優待券はヤフオク!で仕入れました。
ヤフオク!でなくても、チケットショップでも売ってると思いますので、手軽に入手するならオークションかチケットショップを使ってください。

あとは、普通に株を買って入手するしかありません。
JR東海(東海旅客鉄道)の株を3月末の時点で持っていれば、株主優待がもらえますので、それを狙うのがいいかな。

株価は以下の通り。100株以上持っていると優待の権利が発生します。

資金がたくさんあるのなら、クロス取引を利用すると証券会社の手数料だけでJR東海の株主優待を手に入れられますよ。

新幹線に乗りました

ということで、実際に新幹線に乗りました。
株主優待で安くしてるのにグリーン車で優雅に過ごしている・・・。

なんとなく優越感に浸ることができますね。

新幹線が無事に動いていることと、株主優待の仕組みがあることに感謝しながら、新幹線の中で仕事に励みました。

N700Aの新幹線

おまけ:他の新幹線を安くする方法

東海道新幹線以外にもいろいろな新幹線があります。

それぞれの新幹線で乗り方を工夫すれば、運賃を安くできますよ。

新幹線の運賃はどうしても高くなるので、ここで紹介している方法を活用して、少しでも安くしてくださいね。

また、モバイルSuicaのビュー・エクスプレス特約を使って予約すると、通常運賃よりも安くできます。

これもかなりおすすめですよ!

おまけ:新幹線を割引する方法

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る