子供の見守り用スマートフォンにも使える!TONEは月額1,000円でTポイントも貯まる格安スマホ

スポンサーリンク

最近はスマートフォンを安く運用する方法が続々と出てきています。

それ自体はとてもいいことで、歓迎すべきことですが、子供向けとなるとなかなかしっくり来るものが見つかりませんでした。

そんな悩みをぼんやりと抱えていましたけど、TONEのスマートフォンなら、子供向けに持たせても安心できるし、かつ最低月1,000円から使えるので、かなり安くできます。

これはなんだ、すごいのでは?
と思ったので、TONEについていろいろ調べてみました。安く使う方法も紹介していますよ。

TONE

月額1,000円で使える

TONEの魅力はなんといってもその安さ。
月額基本料はわずか税込1,080円。

しかもパケット使い放題なんですよね。

TONEって何だ?という感じだと思いますけど、電話回線はドコモ回線を使っているので、エリアに関しては何の問題もありません。

他にも、IP電話・SMS・Wi-Fi・テザリング・留守番電話サービスにも対応しています。

端末代は24,000円・おサイフケータイには対応していない

TONEを使うときは、スマートフォンも新しいものになります。

スマートフォンは自社で企画した製品で、使いやすさにこだわりを持っていますよ。

年齢層を問わないスマートフォンなので、シンプルな操作画面です。

TONEの画面イメージ

シンプルなスマートフォンではあるためか、おサイフケータイには対応していません。

初期費用・ユニバーサルサービス料は別途かかる

月額1,080円から使えるTONEですが、使い始める時の初期費用として税込3,240円掛かります。

また、小さな金額ではありますが、ユニバーサルサービス料が毎月掛かってきますよ。今は確か2円だったかな。

気にするほどの金額でもないと思いますが、頭の片隅にでも置いておくといいかもです。

パケット無制限だけど基本は600kbpsと早くない

パケット使い放題というサービスが含まれてるのに、税込1,080円で使えるのは信じられないほどお得に思われたかもしれません。

ですが、そんなに甘くはなくて、速度は600kbpsなんですよね。

TONEのホームページを見てもよく分かりませんでしたが、オペレーターさんに確認したら600kbpsとのことでした。

また、直近3日間や1日でのデータ利用量が300MBを超えると通信制限がかかります。

動画を見たり、アプリをダウンロードする場合はすぐにオーバーしてしまう可能性があるので、気をつけましょう。

有料の高速チケット・フラットパックオプションなら3Mbps

600kbpsは遅すぎるよ・・・という方は、別途有料のオプションにはなりますが、高速チケットオプション(税込324円)またはフラットパックオプション(税込540円)を申し込むことで、高速化することができます。

高速化すると3Mbpsに。通常の5倍ですね。

めちゃくちゃ速いというわけではないですけど、それでも公称ではぷららモバイルLTEと同じ速度になります。

これらのオプションが優れているのは高速化されるだけではなくて、通信制限が掛からなくなるところです。

めちゃくちゃ速くはないけど、通信制限が掛かることもないので、TONEを使うなら、このオプションは使いたいところですね。

通話はIP電話で通話料も比較的安い

TONEのスマートフォンを持つと、新しい電話番号を持つことになります。

050で始まるIP電話の番号が付与されますよ。

気になる通話料金ですが、これまたホームページを読んでもよく分からなかったので、聞いてみました。

TONEのIP電話の通話料はいくら掛かりますか?

固定電話にかけると3分13円(税抜)。
携帯電話の場合は1分21円(税抜)となります。

そうなんですね。ご回答ありがとうございました!

普通の携帯電話よりは安い通話料になっていますね。

ですが、通話料をもっと安くする方法があるので、それを使う方がいいかな。

同じIP電話のSMARTalkを使うと携帯電話は30秒8円だったので、もっと安くなりますね。

ただし、SMARTalkを使う場合は携帯電話にかける時だけにしましょう。固定電話の場合はTONEから掛けるほうが安いですので。

3G音声オプションを選ぶとMNPができる

今までと同じ電話番号を使いたい場合は、別途有料オプション(税込月額1,029円)である、3G音声オプションを使うことで、TONEにMNPすることもできますよ。

一応はMNPできますが、毎月1,029円を払わないといけないのは不便なところですね。

新しくスマートフォンを使う場合はこのオプションも不要ですが、MNPでの乗り換えを検討されている場合は、注意が必要です。

スマホ代でTポイントが貯まる

TONEのスマートフォンを使うと、端末料金と月額料金に対してTポイントが貯まります

200円ごとに1ポイントという還元率ではありますが、何もないよりはありがたいですよね。

仮に毎月基本料の1,000円だけで済んだ場合は、毎月5ポイントが貯まる計算です。

年間で60ポイントですが、0ポイントよりはいいですよ。

2015年秋からはTポイントでの支払いにも対応する

Tポイントが貯まるだけではなくて、2015年秋以降からはTポイントでの支払いにも対応します。

毎月のスマートフォン料金をTポイントで支払うことができちゃうので、うまくポイントを貯めることで、スマートフォンの料金を相当節約することもできますよね。

対応しているのは、TSUTAYAミュージコ♪のコンテンツ代です。
月額基本料金には対応していません。

今は、Tポイントが1%貯まるクレジットカードのYahoo! JAPANカードもありますし、併用することでTポイントをムダにすることなく、値引きで使えますよ。

Yahoo! JAPANカードを使うことで、毎月のようにスマホ代を安くできることもできちゃいます。

貯めたTポイントがムダにならないし、しかも値引きに使えるので言うことないですね。

もし、Tポイントを普段から貯めているなら、以下のページを合わせて読んでみてくださいね。

今後TONEを使う時に節約できる可能性が高くなります。

子供に持たせるスマートフォンにおすすめ

TONEがいいと思うのは、小学生ぐらいの子供に持たせるスマートフォンにちょうどいい点です。

TONEファミリーオプション」というのがあって、子供の位置情報がいつでも確認できます。子供を持つ親としてはこれが一番うれしいですね。

他にも歩きスマホをしていると警告が来たり、子供の安全に配慮されている設計になっているのがTONEの特徴です。

TONEファミリーオプションは、TONEに対応した店頭での申込が必要となりますので、その点は注意してくださいね。

また、親がTONEを使っていない場合は、月200円の料金が掛かります。

2年以内に解約すると手数料9,800円がかかる

TONEを使い始めたはいいけど、いずれは違うサービスに乗り換えたりしますよね。

その時に気になるのが解約時の手数料です。

TONEは、基本プランを2年(24ヶ月)以内に解約すると、違約金9,800円がかかります。

2年を過ぎれば違約金は不要になるのはいいところですが、2年は使い続けないといけない縛りは必ず意識しておきましょう。

要点のまとめ

これまでTONEについていろいろと説明してきましたが、さいごに要点をまとめておきますね。

  • 基本料金が月1,000円
  • 高速チケットオプションで通信制限がなくなる
  • Tポイントが貯まる・使える
  • 子供の安全のためにも使える
  • 最初の2年以内で解約すると違約金9,800円がかかる

TONEをそれなりに快適に使う場合の月額料金は以下のようになります。

  • 基本料金:1,000円
  • 高速チケットオプション:300円
  • ユニバーサルサービス料:2円
  • 消費税:104円

これを合計すると月1,406円でスマートフォンが持てますね。2年持つ前提で考えて、端末代も計算すると月2,406円です。

あとは別途通話料が掛かりますが、毎月の料金は2,400円程度でかなり安いのではないでしょうか。

2年縛りには注意しつつになりますが、Tポイントも使えますし、やり方次第ではかなり安くスマートフォンを持ち続けることができますよ。

▼TONEスマートフォンの詳細・申込はこちら▼
TONE

もっと簡易的な携帯電話の方がいいなら、ソフトバンクのみまもりケータイもおすすめですよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る