ヤフオクの落札代を安く!Yahoo! JAPANカードでかんたん決済を使うとTポイントとクレカ払いができて便利すぎた話

スポンサーリンク

ヤフオクで買いたいものがあって、久しぶりに商品を落札してみました。

久しぶりに個人間での取引になるので、支払いに時間がかかって面倒だなぁ・・・と思いながら。

でも、最近作ったYahoo! JAPANカードなら、Yahoo!かんたん決済の手数料が月1回無料になるのを思い出しました。せっかくの機会なので、使ってみることに。

実際使ってみたら銀行振込の手間もなくてめちゃ便利でしたよ!

このページでは、Yahoo!かんたん決済の使い方と、手数料をいかに使わず安く払うかを紹介していきます。

Yahoo! JAPANカードでヤフオクのかんたん決済を無料に!

Yahoo!かんたん決済で支払う流れ

今まで何百回とヤフオクで買い物してきましたが、一度もYahoo!かんたん決済を使ったことはありませんでした。

なぜなら、手数料がかかるから。1円でも安く買いたいと思ってるので、手数料を払うなんてありえないと思ってたんですよね。

でも、Yahoo! JAPANカードなら月1回はYahoo!かんたん決済の手数料が無料になります。

落札後の商品ページから、Yahoo!かんたん決済で支払いするボタンがありますので、それを押してください。

ヤフオク かんたん決済

出品者への送金金額、送料、ポイント数を入力します。送料はあらかじめ、出品者さんとのやり取りで確認しておきましょう。

今回は着払いになったので、ここでの送料は0円になりました。

お支払い方法で、Yahoo! JAPANカードを選びます。決済手数料0円って書いてますね。素晴らしい!しかもカード決済になるので、落札額に対して1%のTポイントが貯まります。

ヤフオク かんたん決済

確認画面で、合計支払い金額が表示されます。問題なければ、右にある「支払う」ボタンを押してください。

ヤフオク かんたん決済

これでヤフオクの落札代金を支払えました。文字通り、簡単でしたね。今までの銀行振込の手間を考えると時間も節約できましたよ!

ヤフオク かんたん決済

Tポイントが使えるし、クレカ払いでポイントも貯まる

今回、ヤフオクの落札代金をYahoo!かんたん決済にして思ったのは、想像以上に便利だということ。

こんなに手間を省けるなら、今後もヤフオクで買い物する時は使いたいと本気で思いました。

しかもYahoo! JAPANカードで支払うと、月1回決済手数料が無料になります。ヤフオクの落札代金をクレジットカードで払う考え方は今までになかったので、これを使うと相当節約できますね。

今回は13,461円の支払いになったので、銀行振込だともらえなかった134円分のTポイントがあとで付与されます。

しかも、Yahoo!かんたん決済では手持ちのTポイントを使うことができるので、ポイント消化にもピッタリですよ!

今回のヤフオクでの買い物は、Tポイントを消化できた上に、Yahoo! JAPANカードでの支払いでさらに1%のTポイントが貯めれました。

こんなお得なことがヤフオクで実現できるとは夢にも思わなかったです!うれしいー!

もともと、LOHACOでの買い物目当てに作ったYahoo! JAPANカードでしたが、思わぬところで役立ってテンションがあがりましたよ。

▼ヤフオクでもTポイントが貯まるYahoo! JAPANカードの詳細はこちら▼

Yahoo! JAPANカードって何だ?という方は、いくつかYahoo! JAPANカードについて語った記事があるので、合わせてチェックしていただければと思います。

参考:Yahoo! JAPANカードに関するブログ記事一覧

おまけ:銀行振込で支払う時に振込手数料を払わないようにする方法

Yahoo! JAPANカードを使うのは便利ですが、月に1回しかYahoo!かんたん決済の決済手数料を無料にできません。

月に2回、3回とヤフオクで買い物するなら、別の方法を使わないと手数料をムダ使いしてしまいます。

月に何度もヤフオクで買い物する場合は、銀行振込で支払って、振込手数料無料のところから支払うようにすれば節約できますよ!


銀行ごとの振込手数料も比較しています。
参考:銀行振込手数料の徹底比較

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る