Booking.comカードのメリットは最大6%のキャッシュバック!デメリットやお得な使い方も徹底解説

柚木ゆうらの画像

Booking.comカードは常に1%のキャッシュバックポイントが貯まるカードです。

さらに、Booking.comで宿泊予約してカード決済した場合は5%の還元が受けられますよ。

外出先でクレジットカードを使うことが多く、宿泊費や旅行費を少しでも抑えたいという場合は、検討する価値のあるカードですね。

そんなBooking.comカードですが、実際に持つことでどんなメリットがあるのか気になるところ。

使ってみようか悩んだときは、どんな特典や特徴があるカードなのか知った上で検討するのが一番です。

このページでは、Booking.comカードのメリットやデメリットについて詳しく紹介していきますね。

Booking.comカードのメリット・デメリット

【入会キャンペーン】Booking.Genius会員にアップグレード、マイ・ペイすリボで1,000円分がもらえる

Booking.comカードでは、お得な新規入会&利用キャンペーンを開催しています。

今なら、入会特典としてBooking.Genius会員にアップグレードできる申し込みコードがもらえますよ。
Booking.comカードが届くときに同封されているシリアルコードから手続きできます。

ただBooking.comカードに入会するだけで、初回利用時からBooking.Genius特典が受けられるのでお得ですね。

また、マイ・ペイすリボの登録・利用でキャッシュバックポイントとして1,000円分がもらえます。

詳しい条件は以下の通り。

マイ・ペイすリボを3万円以上で登録し、税込6万円以上の買い物利用をする

マイ・ペイすリボは、毎月の支払額をカードの限度額にすることで手数料が発生しなくなります。
リボ払いの手数料を払うことなく、お得なキャッシュバックが受けられますよ。

詳しいやり方は以下を参考にしてみてくださいね。

【忙しい人向け】Booking.comカードの特徴まとめ

このページではBooking.comカードについて紹介していきますが、詳しく説明すると長くなってしまいます。

そこで、まずは要点のみまとめてみました。

カードの特徴だけでも知りたいときの参考にしてみてくださいね。

  • 選べる国際ブランドはVISAのみ
  • 年会費は無料
  • キャッシュバックポイントは常に1%
  • ETCカードは初年度無料・翌年度以降も前年度に1回以上ETC利用の請求があれば無料
  • 家族カードは作れない
  • Booking.comの宿泊予約で5%還元が受けられる
  • Booking.comの上級ステータス会員「Genius会員」になれる
  • 三井住友カードiDが作れる
  • Rentalcars.comでのレンタカー予約が8%オフになる
  • Apple Pay・Google Payに登録できる
  • 国内・海外旅行傷害保険が付帯
  • 年間100万円までのお買物安心保険が付帯している

選べる国際ブランドはVISAのみ

クレジットカードによっては国際ブランドが選べるものもありますが、Booking.comカードで選べるブランドはVISAのみです。

JCBブランドやMasterCardブランドのBooking.comカードを作ることはできません。

とはいえ、VISAブランドは国内だけでなく海外でも使いやすいので、そこまで不便に感じることもありませんね。

むしろ、新しくカードを作るときにブランド選びで悩まずに済むので楽です。

Booking.comカードの年会費は無料です

Booking.comカードを作ろうと思ったときに、一番気になるのが年会費についてですよね。

実は、Booking.comカードは年会費無料で使えるカードです。
カードを作った年はもちろん、翌年度以降もお金がかかりません。

年会費無料で使えるので、余計なお金の心配をしなくていいのがうれしいですね。
気兼ねなく普段使いできるカードです。

ETCカードは初年度無料

Booking.comカードは、ETCカードも発行できますよ。

ETCカードは初年度無料で、翌年度以降は税込550円かかります。

ただし、前年度に1回以上ETC利用の請求があれば年会費無料です。
年に1回でもETCカードを使えば、年会費の心配はしなくていいので助かりますね。

ETCカードで使った分は、Booking.comカードの利用代金とまとめて支払えます。

家族カードは作れません

Booking.comカードでは家族カードが作れません。

ただ、キャンペーンやお金の管理について考えると、ひとりひとりが個別にカードを持ったほうがいいです。

家族カードが作れないからといって、そこまでデメリットはないので気にしなくて大丈夫ですよ。

Booking.comカードを保有する8つのメリット

Booking.comカードを持つことで、実際にどんなメリットがあるのか気になりますよね。

そこで、カードを保有するメリットについてまとめてみました。

  • キャッシュバックポイントの還元率が常に1%
  • Booking.comの宿泊予約で5%還元が受けられる
  • Booking.comの上級ステータス会員「Genius会員」になれる
  • Rentalcars.comのレンタカー予約が8%オフになる
  • 三井住友カードiDが作れる
  • Apple Pay・Google Payに登録できる
  • 国内・海外旅行傷害保険が付帯している
  • 年間100万円までのお買物安心保険が付帯している

太字のところは、Booking.comカードならではの特徴や特典です。
ほかのカードと比べるときの参考にしてみてくださいね。

ここからは、それぞれのメリットについて詳しく紹介していきます。

キャッシュバックポイントの還元率が常に1%

Booking.comカードを使うと、利用額に応じてキャッシュバックポイントが貯まります。

税込100円につき1ポイントが貯まるので、還元率は1%ですね。
たとえば、10,000円分をBooking.comカードで支払うと、100ポイント(100円分)つく計算になります。

口座からカード利用代金が引き落とされるときに、自動的にポイント分がキャッシュバックされるのでお得ですよ。

仮に1,000円分のキャッシュバックポイントが貯まっていて、5,000円分の利用代金が引き落とされるとしたら1,000円差し引かれた4,000円分が実際に引き落とされます。

キャッシュバックポイントの有効期限は、ポイントを獲得した月から1年間です。

自動的にキャッシュバックされるので、使い道に困ることもありませんね。

このサービスがあるからこそ、Booking.comカードをおすすめできます!

Booking.comカードのポイント還元・キャッシュバックの仕組み

Booking.comの宿泊予約で5%還元が受けられる

Booking.comカード専用サイトで予約してBooking.comカードで支払うと、宿泊額100円につき5ポイントがもらえます。
還元率にすると5%ですね。

仮に宿泊料金が10,000円だった場合、500ポイントが貯まる計算です。

しかも、カード利用分の1%も貯まるのであわせて最大6%の還元率にできますよ。

宿泊する機会があるのなら、Booking.comカード専用サイトを経由することで効率よくポイントが貯まります。

Booking.comの上級ステータス会員「Genius会員」になれる

Booking.comカードに入会すると、Booking.comの上級ステータス会員であるGenius会員になれる特典があります。

Genius会員ならではの特典は以下の通り。

  • ホテル宿泊料金が10%オフになる
  • レイトチェックアウトが利用できる
  • ウエルカムドリンクあり
  • 空港無料送迎あり

通常5回以上の宿泊利用が条件になりますが、Booking.comカードに入会すると初回から特典を受けられます。

Genius会員になるにあたって、年会費などもかかりません。

ホテルなどに泊まる機会が多ければ、Genius会員になるためだけにBooking.comカードを持ってもいいぐらいですね。

Rentalcars.comのレンタカー予約が8%オフになる

Booking.comカードを持ってると、Rentalcars.comのレンタカー予約金額が8%オフで利用できます。

Rentalcars.comからオンライン予約ができる上、レンタカー代金も安くできるのが魅力的ですね。

旅行などでレンタカーを利用したいときに便利です。

三井住友カードiDが作れる

Booking.comカードでは、三井住友カードiDも作れます。
年会費・発行手数料は無料ですよ。

三井住友カードiDは、チャージ不要で使える電子マネーのこと。
カードをタッチするだけで簡単に支払えます。

コンビニなどで少額決済をするときに便利ですね。

ただし、三井住友カードiD単独では持てません。

Apple Pay・Google Payに登録できる

Booking.comカードは、Apple Pay・Google Payに登録できます。

Apple Pay・Google Payに登録すると、iDとしてタッチ決済できますよ。
iDマークのあるお店で支払いに使えます。

わざわざカードを持ち歩かなくても、スマホさえあれば支払えるので便利ですね。

もちろん、iD決済をしてもキャッシュバックポイントが貯まります。

Suicaアプリを経由すると、Booking.comカードを使ってチャージすることもできます。

ただし、Suicaチャージ分はポイント付与の対象外になるので注意してくださいね。

国内・海外旅行傷害保険が付帯している

Booking.comカードには、国内・海外旅行傷害保険が付帯しています。

保険内容は以下の通り。

Booking.comカードの国内旅行傷害保険
担保項目保険金額
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円(自動付帯分:300万円、利用条件分:1,700万円)
Booking.comカードの海外旅行傷害保険
担保項目保険金額
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円(自動付帯分:300万円、利用条件分:1,700万円)
傷害治療費用(1事故の限度額)100万円
疾病治療費用(1疾病の限度額)100万円
賠償責任(1事故の限度額)2,500万円
携行品損害20万円(自己負担:1事故3,000円)
救援者費用150万円

傷害死亡・後遺障害の金額は、事前に旅行費などをBooking.comカードで決済しているかどうかで最高補償額が異なります。

どちらにしても、国内・海外旅行傷害保険が両方とも付帯しているのは大きいですね。

さらに海外旅行保険を強化したい場合は、エポスカードレックスカードを持っておくと特典が充実しますよ。

年間100万円までのお買物安心保険が付帯している

Booking.comカードには、お買物安心保険というショッピング補償がついています。

カードで購入した商品の損害を年間100万円まで補償してくれますよ。

補償期間は以下の通り。

購入日から200日間

ショッピング補償が適用される条件は以下の通り。

  • 国内でカードを使ってリボ払い・分割払い(3回以上)の支払いをしたとき
  • 海外でカードを利用したとき

年会費無料で使えるカードなのに、100万円までのショッピング補償がついているのも魅力のひとつ。

いざというときも安心して使えますね。

Booking.comカードのデメリットについて

Booking.comカードについて紹介してきましたが、場合によってはデメリットに感じる部分もあるかもしれません。

デメリットになりそうなところは以下の通り。

  • Booking.comを使わないと最大限の恩恵が受けられない
  • お店でのポイント払いはできない

Booking.comカードの特典を最大限に生かしたい場合は、Booking.comの利用頻度が高いかどうかが重要です。

最大6%の還元率にするためには、Booking.comの利用は必須ですからね。

逆にいえば、Booking.comを利用して宿泊する機会が多いのであれば、カードの特典を最大限に発揮できます。

ただし、Booking.comカードで貯まるのはあくまでキャッシュバックポイント。
楽天ポイントTポイントのように、お店で直接ポイント払いすることはできません。

ただ、自動的にキャッシュバックされるのでポイントの使い道で悩まなくていいというメリットはありますよ。

カードを切り替えたい場合は?

すでにほかの三井住友カードを持っていて、Booking.comカードに切り替えたい場合もあるかもしれませんね。

Booking.comカードに切り替える場合は、新しく申し込む必要があります。

現在持っている三井住友カードとの2枚持ちも可能ですよ。
今あるカードをわざわざ解約しなくても大丈夫です。

ただし、複数枚持つ場合はカード利用枠や総利用枠を超えない範囲で使うことが条件になります。

ちなみに、Booking.comカードにゴールドカードはありません。

三井住友カードでゴールドカードを持ちたい場合は、三井住友VISAゴールドカードがありますよ。

カード審査は最短3営業日で発行

Booking.comカードを使ってみたいなと思った場合、審査に通るかどうかが気になるところですね。

まず、Booking.comカードの申し込み条件は以下の通り。

  • 満18歳以上(高校生は不可)

18歳以上であれば、大学・短期大学・専門学校生も申し込み可能です。
ただし、未成年の場合は親権者の同意が必要ですよ。

審査に通るためにも、まず条件を満たしているか確認してから申し込みましょう。

また、カード審査に通りやすくするためにも、以下の点を意識してみてくださいね。

  • ほかのクレジットカードと同時に申し込みをしないこと
  • 携帯電話の料金をちゃんと払っていること
  • 申し込みするときに入力項目を埋めること

インターネットから申し込めば、入会審査・カード発行まで最短3営業日で完了します。

申し込みから約1週間でカードが手元に届きますよ。

手続きがすべてネットで完結するのも、オンライン申込ならではの魅力ですね。

締め日・引き落とし日について

Booking.comカードを使ってみようかなと思ったときに、カードの締め日や引き落とし日も気になるところですね。

カードの締め日・引き落とし日は以下の通り。

  • 締め日:毎月末日
  • 引き落とし日:翌月26日

土・日・祝日にあたる場合は、翌営業日の引き落としになります。

カードの利用明細は、三井住友カード会員向けインターネットサービスのVpassにログインすると確認できますよ。
WEB明細書なら次回の支払額もすぐ把握できる上、過去15ヶ月分の明細も確認できるので便利です。

残高不足で引き落とせなかったということがないように、毎月25日までには口座の残高を確認しておきたいですね。

さいごに

Booking.comカードについてまとめてみました。

  • 年会費は無料
  • キャッシュバックポイントの還元率は常に1%
  • Booking.com宿泊で5%還元
  • Rentalcars.com利用でレンタカーが8%オフになる
  • Booking.comの上級ステータス会員「Genius会員」になれる

なんといっても、Booking.com宿泊を利用すれば、最大6%の還元率にできるのが魅力的なカードです。
キャッシュバックポイントの還元率が常に1%なので、普段使いもしやすいですよ。

自動的にキャッシュバックされるため、ポイントの使い道に悩まなくていいのもうれしいところ。

ホテルなどに宿泊する機会が多い・使い勝手のいいVISAカードを探しているという場合は、Booking.comカードを検討してみるのもいいですね。

おまけ:カード選びで悩んでいるときに

クレジットカードの種類はとても多いので、どれがいいのか迷ってしまいますよね。
長く使うものになるので、なるべくいいカードを選びたいものです。

以下のページでは、収入ゼロから生き延びた節約家の視点でおすすめしているクレジットカードを紹介しています。