わずか10分!ソフトバンクカードの申し込み手順詳細と発行してみた感想

山見 ミツハルの画像

Tポイントカードはお持ちですか?

最近、いろんなお店のレジで精算をする度に、聞かれることが多くなってきたこのフレーズ。

「いえ、持っていません…」

なんだか、持っていないことに負い目を感じてしまうほどです。かれこれ、週に3〜4回は聞かれているような気がします。

ここまで頻繁に聞かれるのに持っていないとなると、「これってもしかして、かなりのTポイントを損しているんじゃないか?」と、さすがに考えるようになってきます。なので、「いつかはTポイントカードを作っておきたいなぁ。」と思っていたんですよね。

そんな折に、「ソフトバンクカード」というものが新しくできたということを知りました。

2015年3月6日にスタートしたこのカードは、ソフトバンク携帯を契約していれば無料で入会できて、Tポイントを貯めることができる。なおかつ、プリペイドカードのような使い方もできるというじゃありませんか。

ちょうどわたしはソフトバンクユーザーなので、これはTポイントカードを作るいい機会だと思い、早速カードを作ってきちゃいました。

このページでは、ソフトバンクカードを作成するまでの手順を詳しくご紹介したいと思います。

ソフトバンクカードの申込手順

ソフトバンクカードを作成する手順

ソフトバンクショップに行く

ソフトバンクカードは、全国のソフトバンクショップで申し込みを受け付けています。ということで、最寄りのソフトバンクショップへ向かいましょう。平日の午前中が比較的空いているので、狙い目ですよ。

ショップに着いたら、店員さんに「ソフトバンクカードを作りたい」と言えば、快く応対してくれるでしょう。
softbankcard-entry-02

携帯電話番号と本人確認書類を提出する

まず最初に、利用しているソフトバンク携帯の電話番号を尋ねられます。あと、「ご本人と確認できる書類はありますか?」と聞かれるので、「運転免許証」や「健康保険証」などの本人確認書類を持参しておきましょう。

カードのデザインを選択する

つぎに、ソフトバンクカードのデザインを選択します。デザインには、以下の2種類があります。
softbankcard-entry-01

ちなみにわたしは、白い犬の「お父さんカード」を選択しました。店員さんに聞いてみたのですが、いまのところ圧倒的に「お父さんカード」が人気なんだそうですよ。

チャージ方式を選択する

つぎに、ソフトバンクカードのチャージ方式を選択します。チャージ方式には「事前チャージ」と「自動チャージ」の2種類があります。

「事前チャージ」とは文字通り、事前にお金をチャージしておく方式で、いわゆるプリペイド方式とも呼ばれるものですね。

そして「自動チャージ」は、指定した銀行口座から自動的に利用した金額が引き落とされるというものです。「おまかせチャージ」と呼ばれるこの方式は、事前に審査が必要になります。

わたしは今回、Tポイントを貯めるためのカードとして作りたかったので、このチャージ方式についてはどちらでも良かったのですが、「事前チャージ」はちょっと面倒だし不便かもしれないと感じたので、「自動チャージ」を選択しました。

仕事状況や家族構成を入力する

つぎに、会社名や電話番号などの勤務先情報や、個人の年収、世帯年収、そして家族構成などの質問事項に答えていきます。

個人的にちょっと驚いたのが、これら全て用紙に記入していくのではなく、iPadを使って専用のフォーム画面に入力していく方法でした。こんなところでも、どんどんとペーパーレス化が進んでいるんですね。

ただもし、iPadのようなタブレット端末を使い慣れていない方だったら、ちょっと入力に困るんじゃないかなぁ?と思います。そういった場合は遠慮せずに、店員さんに入力を頼めばいいでしょう。

カードが即時発行される

ひと通りの入力が終わって、待つこと数分。「はい、審査が通りましたのでお作りできます!」ということで、ソフトバンクカードが即時発行されました。内心、「審査に通らなかったら気まずいよなぁ」とドキドキしていたので、ホッと一安心でした(笑)。

そして発行されたカードがこちら。
softbankcard-entry-03

がまぐち財布の中にお父さん犬が入っている写真です。カワイイですねぇ。こちらのデザインのほうが人気があるのもうなずけます。

ただ、カード番号の印刷がクレジットカードのような凹凸のエンボス加工になっていないのと、カード名義のところも「SOFTBANK CUSTOMER」と印刷されているだけなので、ちょっぴり安っぽい感じもします。

でも即時発行されるカードですから、これはしょうがないですね。

おまかせチャージの銀行情報を記入して返送する

そして最後に、おまかせチャージの引き落しで利用する銀行情報を記入する、申込用紙が渡されます。こちらは必要な情報を記入して、忘れずに返送するようにしましょう。
softbankcard-entry-04

以上で、ソフトバンクカードの作成は完了です。わたしがショップに行った時はたまたま待ち時間なく、すぐに受け付けをしてもらえたので、トータルで10分も掛からずにカードを発行してもらうことができました!

入会特典として500円分のチャージがもらえる!

審査も通って無事にカードを作ることができたので、「あ〜良かった良かった」と、安心していたところ、ソフトバンクカードから以下のようなメッセージが届きました。
softbankcard-entry-05

おお!ソフトバンクカードに入会するだけで500円分のチャージがもらえました!これは事前に知らなかった特典なので、ちょっと嬉しいサプライズでしたね。

さいごに

今回、手続き中に店員さんといろいろお話をさせてもらったのですが、今回のわたしのように、ソフトバンクカードだけを作るために来店する人って、結構多いんだそうです。

わたしの勝手な想像で、新規契約や機種変更のついでにソフトバンクカードを作る、というパターンが大半なのかなぁ?と思っていたので、これはちょっと意外な情報でした。

携帯電話の料金支払いに使えば、Tポイントが多めに貯まるという点に一番、魅力を感じている人が多いみたいですね。

あとは「お父さんカード」のデザインがカワイイからという理由だけで、ソフトバンクカードを作りに来た人もいたそうですよ!確かに、ちょっと持ってみたくなるくらいにカワイイですからね。

ソフトバンクユーザーであれば、無料で作ることができる「ソフトバンクカード」。1枚持っていても損はないと思いますし、わたしのようにTポイントカードを持っていない人には特に、なにかと便利に使えそうなカードになりそうですよ。

ソフトバンクカードの詳細は、以下のページでまとめています。

Tポイントをもっと多く貯めたいと思うのであれば、クレジットカードになりますが、Yahoo! JAPANカードが年会費無料で還元率1%でおすすめです!